1. X-PLAY(エックスプレイ)
  2. スノーボードとは
  3. スノーボード記事一覧
  4. 新雪パウダーを上手く滑る、パウダーライディングのポイントとギア選び

新雪パウダーを上手く滑る、パウダーライディングのポイントとギア選び

新雪パウダーを上手く滑る、パウダーライディングのポイントとギア選び

パウダーライディングの上達をサポートするギア選び

パウダーを上手く滑る上で大事なのが、板選び。おすすめは「接雪長が長いボード(ロングボード)」もしくは「ショートファットボード」です。ここではそれぞれどんなメリットがあるのか解説します。

接雪長が長めで浮力のある板をチョイス

接雪長が長めのボードのメリットは、なんといっても浮力があること。また、こういったボードはパウダーを滑ることを前提に設計されており、板の後ろ部分(テール)の形が特徴的なことも多いです。たとえば、テールが二股に別れたスワローテール型やノーズがピンになっていてテールが四角に近い形になっているものなどがあります。特徴的なテール部分は、ターン後半に独特な感覚を生み、それがパウダーをより楽しいものにしてくれます。もう一つメリットを挙げるなら、やはり長さゆえのダイナミックなスピード感と安定感があることです。広大なバーンになればなるほど力を発揮してくれる長めのボードは、ゲレンデの非圧雪コースでは爽快に楽しめますが、ツリーランなどでは小回りの部分で少しテクニックが必要になります。

ショートファットボードならラクに楽しめる

ショートファットとは、いわゆる接雪長が短めで通常のボードよりも幅があるボードのこと。幅があることでパウダーでの浮遊感と安定感があり、短いことで操作性にも優れているので、ツリーランコースやタイトなパウダーでは抜群の力を発揮してくれます。近年数多くのゲレンデで手軽にパウダーを楽しめる非圧雪コースやツリーランコースなどがあります。そういった場所で楽しむにはもってこいのボードなので、セカンドボードとしてもおすすめです。

>>まとめ

RANKING人気アイテムランキング

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>