1. BMXを中古で買う際の注意点やポイントをご紹介!!

BMXを中古で買う際の注意点やポイントをご紹介!!

BMXを中古で買う際の注意点やポイントをご紹介!!

目次

最近ではロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツ自転車に強い中古自転車店がたくさんあるので、良質なスポーツ自転車が安く手に入りやすくなりました。

BMXもロードバイクやMTBなどに比べると少ないですが、中古の車体も出回っています。

また、友人や知人から、もしくはオークションなどといった個人売買でも中古のBMXを買うことができますが、壊れていないか心配になることもあると思います。

BMXは他のスポーツ自転車に比べると安価な価格帯ですが、それでもママチャリなどの軽快車に比べると高いので、お試しに、または街乗りにと使いたいときには、最初から新品のBMXを買うのは躊躇してしまうところでもあります。

そこで、今回はBMXの中古を購入する際の注意するポイントを紹介します。

BMXを中古で買うメリットは?

中古と聞くといいイメージがない人も少なくないかと思いますが、BMXの場合、中古ならではのメリットもあります。

中古じゃないと買えないなんていう車体もあるので、絶対に新品じゃないと嫌だという人以外は、中古のBMXも視野に入れて考えてもいいと思います。

価格が安い

中古というとまず最初に浮かぶのは、新品のものより価格が安いということです。

基本的にBMXも中古の方が価格は安くなりますがが、ごく一部の車体はプレミアがついている場合があります。

一度、人に使われているので、車体の状態は一つ一つ違い、一概に安いのがお得というわけではないので見極めがある程度必要になってきたり、信頼できるショップや人から購入したりするのがおすすめです。

型落ちのモデルが買える

BMXは年が変わるごとにモデルチェンジするので、古いモデルを新品で買うのが難しいことがあります。また、大量生産しているBMXは少なく、一つのモデルでも限られた台数しかないこともあります。

古いモデルがどうしても欲しい場合は、中古のBMXならあるかもしれません。

カスタムされているBMXが買える

BMXには自転車の状態になって売られている完成車と呼ばれるものと、好きなパーツで組み立てるバラ完があります。

中古のBMXには、完成車のパーツを交換した車体やバラ完の車体なども出回っているので、最初から少しスペックが高いBMXからプロが使うようなBMXまでさまざまあります。

新品のパーツを交換したりするとパーツ代と工賃がかかりますが、ある程度のカスタムされているBMXの方がお得な場合もあります。

>>BMXを中古で買う際に注意する5つのポイント

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>