1. パルクール 初心者向け!始め方を徹底解説!

パルクール 初心者向け!始め方を徹底解説!

パルクール 初心者向け!始め方を徹底解説!

目次

パルクールとは

元々はアフリカの民族の移動方法をフランス軍がトレーニングに取り入れたことから始まりました。別名フリーランニングとも呼ばれます。

現在では公式のスポーツ競技として世界大会も開催され、世界で活躍する日本人アスリートも誕生しています。映画や企業のCMにも起用され、体一つで縦横無尽に街を駆け抜ける姿はまさに現代の忍者といえます。

非常に人の目をひくスポーツですが、日本ではまだ始め方が確立されておらず、パルクールをやってみたい!と思い立っても近くに教えてくれる人やジムは中々ありません。

今回は、パルクールに興味があるけど「具体的に何から始めたらいいのか分からない」といった方々に、この記事を読むだけでパルクールを始めれるように一から解説していきます。

パルクールができる場所探し

パルクールは人工物または自然の障害物によって動きが途切れることなく、効率的に移動する手段です。今は魅せるプレイでアクロバティックな要素を含む動きが人気のようです。

街中を縦横無尽に走り抜ける映像に憧れるのは分かりますが、人が多い公共の場で練習する訳にはいきませんよね。パルクールを初めに練習する場のおすすめは公園です。砂場は地面が柔らかいので、コンクリートよりも比較的安全に受け身を取れますし、遊具を使えば高低差のあるトリックの練習も可能です。

パルクールをが出来そうな場所を「スポット」と言い、パルクールをする人たちを「トレーサー」と呼びます。パルクールは決められた場所でおこなうスポーツではありませんので、ベテランのトレーサーは自分でスポットを探します。

段差、レール、が複雑に入り組んでいる場所を見つけては、障害物に合わせた魅せる動きをします。パルクールに最適な練習場は下記でより詳しくご紹介しています

パルクールの練習場所をご紹介!

パルクールで使うシューズ

パルクールは自分の鍛え上げた肉体一つでおこなうスポーツですが、唯一専用道具として必要な道具がシューズです。パルクール専用で販売されているシューズもありますが、数が少なく、あまり流通していないので入手が困難です。

パルクール専用品でなく、市販されているスニーカーで十分に練習出来ますので、安心ください。パルクールに適しているシューズの特徴は「グリップ力」「クッション性」「耐久度」この3つが揃っているとベストです。

グリップ力は不安定な場所に立っても滑らないようにする為です。クッション性は高所から飛び降りた時に足を保護する役割があります。耐久度はシューズに常に負担がかかるスポーツなので、脆いシューズだとすぐに壊れてしまいます。

パルクールに最適なシューズについては下記でより詳しく解説しています。

パルクール 靴を買うならこれ!初心者におススメのシューズ5選

パルクールの遊び方

パルクールには決められた練習場も無ければ、決められた遊び方もありません。自分の思うように障害物を使ってダイナミックに魅せるアクションをして下さい。

公式大会ではコース内に多数の障害物を設置して、いかに早く目的地まで辿り着けるか競争形式の「スピードラン」と、障害物を使って自由に魅せるパフォーマンスをして点数形式で競う自由演技形式の「フリースタイル」があります。

自分1人で練習する場合は「pkロール」や「ランディング」と呼ばれる着地方法、「ヴォルト」と呼ばれる障害物の乗り越え方法を個別に練習したり、コースを設定しスタートからゴールまでのスピードを早めていくやり方があります。

パルクールで初めに練習するテクニック

パルクール初心者が一番初めに練習するテクニックは着地に関する技術です。正確な着地術は衝撃を逃がして体を保護する役割と、次の動作にスムーズにつなげる役割があります。

パルクールは1つ1つの動作を連続して繋げ、障害物を利用して高速で移動するスポーツなのです。これを実現するには正確な着地術が必要不可欠とされています。

具体的には「ランディング」と「pkロール」が重要です。ランディングは着地時に足だけではなく、両手も地面につけて4点で衝撃を吸収するテクニックです。このランディングが一番初めに練習して習得する技術ですね。

「pkロール」は着地の際に体を回転させることで衝撃を分散させるテクニックです。ランディングで衝撃を吸収しきれない場合に使用します。

まずは「ランディング」と「pkロール」を習得しましょう。この2つが出来るようになるとパルクールの安全性がグッと向上します。着地系の技術を習得した後は、障害物を乗り越える「ヴォルト」系の技術にステップアップします。パルクールで最も大切な着地に関して、下記で詳しく解説しています。

パルクール pkロール(着地)とは
次へ >> パルクールに慣れてきたら

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事