1. 【新潟県 スキー場】スノーパークが楽しい新潟県のスキー場をご紹介(中越編1)

【新潟県 スキー場】スノーパークが楽しい新潟県のスキー場をご紹介(中越編1)

【新潟県 スキー場】スノーパークが楽しい新潟県のスキー場をご紹介(中越編1)

目次

スノーパークが楽しい新潟県中越方面のスキー場を紹介!

新潟県のスキー場はスノーパークがとても多く、固まりやすい雪質と相まって非常に良質なものになっています。用意されているアイテムも多くセクション数もあるので練習にはもってこいです。

スノーパークのアイテムレベルも、スキー場にも寄りますが基本的には初心者から上級者まで楽しめるよう幅広く用意してあるのが特徴です。またスロープスタイル形式のスノーパークが多いのもポイント。1回でたくさんのアイテムを楽しむことができます。

今回は新潟県湯沢の中越付近のスキー場に絞ってスノーパークが楽しいスキー場を紹介します!

【新潟県 スキー場】スノーパークが楽しい新潟県のスキー場をご紹介(中越・下越編2)

石打丸山スキー場

【石打丸山スキー場】は新潟県南魚沼市にあるスキー場です。縦に長い作りのスキー場なので山頂から麓まで最長4000m以上の滑走を楽しむことができます。コースのレベルは初級・中級・上級をバランスよく取り揃えており、訪れるお客さんもスキー・スノーボードともに半々と言ったところです。

山頂付近にある非圧雪ゾーンは雪質の良さも相まって降雪直後の朝はものすごいスプレーを上げることもでき、北国に匹敵する気持ちよさを感じることができます。また圧雪されたコースはとても綺麗に仕上げられ、シーズン初めの雪が少ないときから最終日まで均一に揃えられたバーンはカービング好きの人からもかなりの高評価を得られています。

スキー場は後述する【GALA湯沢】と、そのさらに奥に当たる【湯沢高原スキー場】の三山と提携しており、共通券を購入することで全てのスキー場を楽しむことができるのも注目すべきところ。

18-19シーズンから稼動を始めたリフトとゴンドラを共通の索道で使用できる《コンビリフト》のおかげでリフト乗車中もかなり快適になり、また昨シーズンから運用され始めた《ガンホーモンスターパイプ》という競技でも使用できるハーフパイプのおかげで湯沢・中越方面で今最も注目を集めるスキー場です。

スノーパークの特徴

石打丸山スキー場はもともと良質なスノーパークの評価が高く、県内外問わずパーク目的で来場するお客さんが多いことで知られています。スノーパーク自体は大きく分けて3箇所にあり、それぞれ《メインパーク》《ビギナーパーク》、そして前述したハーフパイプ《ガンホーモンスターパイプ》に分けられます。

メインパークは観光第2エクスプレス前に用意され、中・上級者用のキッカーやジブアイテムが並びます。アイテムはキッカーゾーンとジブゾーンに綺麗に分けられているので、自分が挑戦したいものによってアイテムを選びましょう。キッカーのサイズは10m~15m程まででシェイプは素晴らしく、大量の雪を贅沢に使ってランディングも長く取ってあるので安全な設計になっています。

ジブアイテムは時期により随時変更されるので正確なものはわかりませんが、初級向けのものは通常のストレートレールとボックスが用意され、中・上級者向けには3段キンクレールなどが設置されます。

《ビギナーパーク》はその名の通り初心者向けに作られたスノーパークです。パークに挑戦したことが無い人から挑めるように難易度の低いものを集めてあります。用意してあるアイテムは時期により変わりますがキッカーやジブのワイドボックスなどで構成され、キッカーの大きさはとても小さいためお子様でも気軽にトライできます。

《ガンホーモンスターパイプ》は前述したとおり競技にも使用できるスーパーパイプで、専用のリフトやディガーさんをそろえてあるので関東甲信越の中でもトップクラスの質を誇ります。シェイプも素晴らしくまさにパイプを半分に切った形をしており、整備も随時行われるため常に一定の形を保ち続けます。ただし使用するためには通常のリフト券の他に別途で使用料がかかりますので注意。詳しくは下記【石打丸山スキー場の基本情報】を参照してください。

石打丸山スキー場の基本情報

石打丸山スキー場

  • 住所:〒949-6372 新潟県南魚沼市石打1699
  • 電話番号:025-783-2222
  • 営業時間:営業予定時間:
    8:30〜20:30(ナイター営業:16:00〜20:30)
    *ハツカ石エリア・観光エリアのナイター営業は、土曜日および特定日(年末年始、1月13日、2月10日)のみの営業となります。
  • URL:http://ishiuchi.or.jp/

神立高原スキー場 

【神立高原スキー場 】は新潟県湯沢町にあるスキー場です。扇状に広がるスキー場はコースがいくつも入り組んで作られており、さまざまなコースへのアクセスの良さがあります。最長滑走距離も3500m以上もあり、こういう形状のスキー場の中では非常に長時間滑走を楽しむことができます。

コースは初級・中級・上級ともバランスよく揃っているのでどんなレベルの人が来ても大丈夫。また非圧雪ゾーンも多いためパウダーラン好きな人も満足すること間違いありません。コース幅は全体的に広めに取ってあり、衝突が起き難いことから初心者でも安心してスノーボードに集中することができるのも注目すべきところです。

ナイターコースはメインゲレンデである《ポルックス》全体を使用しているので非常に長く、約1100mもあるため人気が高いです。また斜度もゆるいのでグラトリの練習にはかなり向いています。積雪量も多く、長い期間安定して運営できることも人気の理由になっています。

スノーパークの特徴

神立高原スキー場のメインパークは《Sclover Park(スクローバーパーク)》と言い、有名スノーボードチームのScloverが監修していますのでアイテムの質はとても高く面白いです。パークは綺麗に2列に分けられており、片方は初・中級者、もう片方は中・上級者のようなレベル分けになっています。並んでいるアイテムも両方ともに最初はキッカーゾーンでそのあとにジブが並んでおり、どちらの列で滑ってもキッカー・ジブともに楽しむことができるようになっています。

キッカーは時期や積雪量の関係で変わってきますが、ハイシーズンになれば3m~10mまで5つは揃えられているので自分のレベルに合ったものを選んでチャレンジしましょう。ジブアイテムは一部のキンクアイテムを除き基本的にストレートのもので構成されているので挑戦しやすくなっています。

神立高原スキー場にはハイクアップで楽しめるその名も《Hike up Park(ハイクアップパーク)》というのも用意されており、難易度が低めの安全なアイテムが用意されています。しかもHike up Parkは《ポルックス》コース内にあるのでナイターでも楽しめます。

その他にも遠心力を感じられるバンクを用意した《Banked slalm(バンクスラローム)》やバンクやウェーブが集められた《banked(バンクス)》、さらにソリやラフティングを楽しめるパークも用意される予定なので丸1日じゃとても遊びきれません!

神立高原スキー場基本情報

神立高原スキー場

  • 住所:〒949-6102 新潟県南魚沼市湯沢町神立4121−1
  • 電話番号:025-788-0111
  • 営業時間:平日:8:00~16:30
    土日祝日:7:00~16:30
  • URL:http://www.kandatsu.com/
次を見る >> 上越国際スキー場

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事