1. 【福島県 スキー場】スノーパークが楽しい福島県のスキー場をご紹介(会津高原方面編)

【福島県 スキー場】スノーパークが楽しい福島県のスキー場をご紹介(会津高原方面編)

【福島県 スキー場】スノーパークが楽しい福島県のスキー場をご紹介(会津高原方面編)

目次

スノーパークが楽しい福島県会津高原方面のスキー場を紹介!

スノーボードシーズンの半分を終え、スノーパークが盛り上がる時期がやってきました!スノーパークは各スキー場でかなり違い、同じようなアイテムを揃えていても形や整備状況、雪質などで差が出ます。とはいえ昨今のスノーパークはどれもレベルが高く、専属のディガーを雇うスキー場も多くなってきたので安全な設計のアイテムが多いです。

今回は距離的に都心からとても近い福島県会津高原周辺のスノーパークが楽しいスキー場を紹介します!

会津高原たかつえスキー場

【会津高原たかつえスキー場】は福島県会津高原にあるスキー場です。スキー場は縦に長い作りで、最長5000mに及ぶロングコースが魅力です。コースは山頂付近がスキーヤーが好む斜度のきついコースが集まり、それ以外はスキー・スノーボード問わず楽しめるコースになっています。

地形を上手く利用したコースが多く、フリーライディング好きのスノーボーダーはとても楽しいスキー場です。また滑走距離が長いので山頂から景色を堪能しながらゆったりクルージングする気持ちの良いライディングもとても楽しいので、そういったかた達からの人気も高いのも特徴の一つ。スノーパークは本格的でかなり高レベルのフリースタイルスキーヤーやスノーボーダーが集まりやすいです。

スノーパークの特徴

スノーパークはコース1本全部スノーパークにした《イージーライド×エンジョイパーク》とビギナーパーク、さらにハーフパイプも用意されています。

《イージーライド×エンジョイパーク》はスロープスタイル形式のスノーパークで、最長810mのコースの中にさまざまなアイテムが用意されています。アイテムのレベルは中級者から上級者向けに作られており、ある程度のレベルが無ければ怪我の恐れがあるので注意が必要。アイテムは全て非常にきれいに作られており、キッカーはランディングの長さ・斜度ともに素晴らしく、ちゃんと飛べるレベルであればとても安全なアイテムになっています。またジブに関してもアプローチがやりやすく作られているので安心。レベルを上げるにはもってこいのスノーパークです。

ビギナーパークも手を抜いておらず、しっかり整備されているので初心者でもチャレンジしやすく怪我をしにくいのもポイント。スノーパークデビューをここでしても良いでしょう。

ハーフパイプは幅12m、高さ4mで長さは100mもあるとても大きいパイプですがこちらの整備もかなり良く、シェイプもきれいなので大きさのわりにハーフパイプ初心者から挑戦することができます。ここでハーフパイプデビューした人もとても多く、ボトムも広いので練習にはかなり良いです。

会津高原たかつえスキー場の基本情報

会津高原たかつえスキー場

  • 住所:〒967-0315 福島県南会津町南会津町高杖原535
  • 電話番号:0241-78-2220
  • 営業時間:通常営業:8:30~16:30
    ナイター営業:16:30~20:30
  • URL:http://takatsue.jp/

会津高原だいくらスキー場

【会津高原だいくらスキー場】は南会津町が運営する町営スキー場です。スキー場は扇状に広がるタイプで、コース数は少ないながらもさまざまなレベル、種類を揃えています。

初心者のスキーヤーから上級者のスノーボーダーまでどんな人でも楽しめるように工夫しており、中でも山頂コースでもある《台鞍ゲレンデ》は非常に珍しい土日限定オープンの無圧雪コースで、平日に溜め込んだパウダースノーを楽しむことができます。台鞍ゲレンデはあまり陽が当たらない位置にあるので数日経ったとしても雪質は素晴らしく、ターンによって舞い上がるパウダーは北海道の無圧雪地域並です!

そのほかのコースも上手く地形を利用したものが多く、スキー場自体は小さめですがフリーライド好きな人はとても楽しめます。また比較的人が少ないというのも注目すべきところで、リフト待ちがほとんど無く練習するのにここまで適した場所はそうそう無いと言えます。

スノーパークの特徴

スノーパークは《フリーライドパーク》という名前で1箇所にまとめられており、1回で2つから3つのアイテムをこなす感じです。レベル的には初級者から中級者レベルのもので、アイテムはキッカーとジブのみになります。

キッカーは時期により大きさやアイテム数が変わりますが、ハイシーズンで3m~8m位のものが3つ程度です。ジブアイテムも時期により変わりますが、ワイドボックスなど難易度が低めのもの中心になっています。

フリーライドパーク自体が短めなのでハイクアップで回す人も多く、1日中ここで過ごす人も少なくありません。整備は行き届いており、またアイテムの形も本当にきれいでちゃんと飛ぶことさえできれば怪我をする確立も非常に低いと言えます。ディガー専用のハウスが目の前にあるので、そういった意味でも安心できます。

会津高原だいくらスキー場の基本情報

会津高原だいくらスキー場

  • 住所:〒967-0026 福島県南会津町南会津町針生昼滝山857−150
  • 電話番号:0241-64-2121
  • 営業時間:平日: 8:30~16:00
    休日 :8:00~16:30
  • URL:http://daikura.net/
次へ >> 会津高原南郷スキー場

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事