1. 人とは違うことをしたい!少し変わったグラブトリックおすすめ9選を紹介!

人とは違うことをしたい!少し変わったグラブトリックおすすめ9選を紹介!

人とは違うことをしたい!少し変わったグラブトリックおすすめ9選を紹介!

目次

注目されること間違いなし!少し変わったグラブって?

グラブとはグラブトリックとも言われるスノーボードのキッカーで、主に中にいる間に板の一部を掴むことを差します。グラブは使用者のスタイルを出す意味でももちろん、空中での安定感を保つ意味や競技でのポイントの加点などさまざまなところで役に立ちます。

今回はそんなグラブの中でも普段あまり見ない少し変わった凄く目立ちやすいグラブトリックの一部を解説いたします!

変わったグラブの特徴

少し変わったグラブは、ゲレンデでもあまり見ることがないため、凄く目立ちます。他のグラブと似ている場所で行う場合は、さらにオーバーリアクションを加えるとなお効果的です。また、少し変わったグラブは基本的に掴みづらい場所のグラブが多いです。通常のグラブの感覚では届かない場所や掴めない場所が共通しており、人が苦手としているグラブが多いのかもしれません。

少し変わったグラブは膝の引き付け・足を伸ばす・腰のひねりの度合いが大きいものが多く、通常よりもオーバーリアクションをしなければメイクできないという点も特徴の一つと言えるでしょう。空中に居るときの姿勢がギャラリーから見ると珍しい形になりやすいです。

変わったグラブの注意点

空中での体勢を崩しやすい

どうしても慣れるまでは無理やりグラブしにいく感じになるので空中での体勢を崩しやすいです。空中で体勢が崩れてしまうと同時にランディングも上手くできず、怪我に繋がる可能性が高くなります。また下でも記述しますがどうしても滞空時間が必要になる=高さが必要になるので転倒時に起こる怪我が大きくなりがちです。

ある程度の滞空時間が必須

少し変わったグラブは掴みづらい場所が多いため、ある程度滞空時間が必要になる場合が多いです。特にひねりが多いグラブにその傾向が強く、ひねりが強ければ強いほど長い滞空時間が必要なのです。

次へ>>少し変わったグラブ9選!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事