1. 今シーズンでインディグラブを極めよう!

今シーズンでインディグラブを極めよう!

今シーズンでインディグラブを極めよう!

インディグラブの練習方法

インディグラブをやったことが無い人に向けて練習方法を下から書いていきます。

最初はインディグラブのイメージを掴む

空中でインディグラブをおこなうまえに、まず雪面で止まった状態で板を掴みインディグラブのイメージを体に染みこませます。イメージは『膝はどれくらい曲げるのか?』『手の位置は何処なのか?』などをしっかり確認しながらおこない、目線を板に向けなくても掴めるようになるまで何度も繰り返しましょう。

板を触ってみる

イメージが出来あがったら今度は実践です。実践する場所は怪我する確立を低くするためにも初心者用の小さいキッカーやコース上に用意されているウェーブなどでやるのがおすすめ。ビッグキッカーや自然の地形、コース上にあるギャップなどは、最初は恐怖心だけではなくタイミングも取りづらいので注意が必要です。

慣れてきたら板を掴む

安定して空中で板を触れるようになったら今度はしっかり掴み(グラブ)ます。最初は一瞬で良いのでしっかり掴むことを意識し、手がすっぽり抜けたりしないように注意しましょう。ここまでできればインディグラブがメイクできたと言えるでしょう。

インディグラブを上達させるために

インディグラブは安全性が高いとはいえ一歩間違えれば怪我をする可能性があるので注意が必要です。怪我の原因になる要因をしっかりと把握して、安全に楽しみましょう。

板を掴みにいかない

インディグラブで一番危険な行為が、板を掴みにいくことです。具体的に言うと膝をひきつけて板を掴むのではなく、板のある場所に掴みにいくことを指します。この行為は空中での体勢を崩し、顔から着地する可能性が高くなり非常に危険です。必ず膝を引き付け、手を出した場所に板が状態にするように心がけておきましょう。

掴むことだけに集中しない

板を掴むことに集中してしまうとそれ以外のことが疎かになるので危険です。

【掴む】ということに意識を持ちすぎることで、空中での安定や着地の時のこと、その後のことを意識しないため怪我をする可能性が高くなります。すべての工程をナチュラルな状態でおこなえるように、イメージをしっかり作り上げておくことが大切です。

目線は常に先に向ける

インディグラブをやり始めたころはどうしても目線が掴む位置にいきがちです。しかし、これは板を掴みにいく行為と同じように体勢を崩し、顔面から着地する可能性があります。最初は目線を飛ぶきっかけの場所に置き、飛んだ後はランディングに目線を置く。このように常に目線を先に向けるように心がけておきましょう。

インディグラブの種類って?

インディグラブは人によりさまざまな形が出来上がるのが特徴です。大きく分けると下の4種類に分けられます。

インディグラブ

【インディグラブ】はここまで解説してきたグラブです。

インディグラブ ノーズボーン

【インディグラブ ノーズボーン】とはインディグラブをしながらノーズ側(前)に足を伸ばすグラブです。この時ただ足を伸ばすだけでは体勢を崩すので、ノーズ側の手を足とは逆方向に伸ばします。この逆方向に伸ばす手のことを【カウンター】と言います。

クレイルインディ

【クレイルインディ】とはインディグラブしながらテール側の足を板を横に(シフティ)するグラブです。【クレイル】とも呼ばれ、難易度はかなり高いですが非常に格好良いのでスノーボード上級者は好んで使います。

ティンディ

【ティンディ】とは両足の間を掴むのではなく、テール側の足とテールの間の板を掴むグラブです。【テール+インディ】で【ティンディ】と呼ばれています。これ自体はインディの失敗とされますが、ここを掴むトリックは格好良いものが多いので覚えておくと便利です。

まとめ

インディグラブは基礎とはいえ、決めれば数多くあるグラブの中でもかなり格好良いグラブです。特にクレイルにいたってはスキー場で注目を集めること間違いなし。完璧に決めると歓声が上がるなんてこともあるかもしれません。インディはさまざまなトリックに利用されますが、特にフロントサイドスピン系統のトリックと相性が良く、キッカーでの技術が上がった際に必ず役に立つので、是非チャレンジしてみてくださいね!

関連記事はこちら

最新ボードを試すならシェアリングサービスがおすすめ!
スノーボード ふかふかのパウダースノーが楽しめる!星野リゾート 猫魔スキー場!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事