1. スノーボードで長く使えるバインディングのブランド7選!

スノーボードで長く使えるバインディングのブランド7選!

スノーボードで長く使えるバインディングのブランド7選!

バインディングおすすめブランド7選!

特におすすめできるブランド!

下からは特におすすめできるバインディングを販売する11ブランドを紹介するとともに、同ブランドの代表的なバインディングも書き出しています。興味が出ましたら是非詳しく調べてみてください。

BENT METAL

BENT METAL(ベントメタル)はLib Technologies(リブテクノロジーズ/リブテック)やGNU Snowboards(グヌースノーボード/グヌー)などと同じMervin Manufacturing(マーヴィンマニファクチャリング)を親会社に持つバインディング専門ブランドです。

リブテックやグヌーの板向けのバインディングを販売するブランドですが、その他のブランドの板で使用しても問題はありません。ストラップタイプのバインディングで、特徴的なのでベースプレートを何枚も重ねて自分好みのバインディングに仕上げることができるシステム【FLEX CONTROL DRIVE PLATES(フレックス・コントロール・ドライブ・システム)】です。これはベースプレートに3種類の硬さのものが別で販売されており、それらを交換することで自分に合ったバインディングに仕上げることができるというユニークなシステムです。

バインディング自体は単純な造りなので高い耐久性を持ち、信頼性も抜群です。

おすすめのバインディング《TRANSFER》

BENT METALの代表的なバインディングはTRANSFER(トランスファー)です。

フレックスはミディアムでフリースタイルボードにはうってつけです。特にパークや地形で遊ぶ人におすすめで、自由にスノーボードを遊ぶ人にはもってこいのバインディングに仕上がっています。トゥイークで有名なJAMIE LYNN(ジェイミーリン)が現在使用しています。

17-18 BENTMETAL TRANSFER S BLACK
amazonで詳細を見る

BURTON

BURTON(バートン)はスノーボードを世に広めたブランドで、バインディングのみならず板・ウェア・ブーツとスノーボード関連のものすべて最上位の質を持つ世界一のブランドです。

取り扱っているバインディングはストラップタイプとステップオンタイプで、強固で信頼性の高いバインディングは今なお人気が高いです。18-19シーズンから販売開始したステップオンは今シーズンの目玉商品。今後このステップオンがどのようにスノーボード業界に影響を与えるか注目されています。

おすすめのバインディング《Malavita》

Malavita(マラヴィータ)はBURTONのバインディングの中で最も信頼性の高いバインディングです。

その証拠に多くのプロスノーボーダーが愛用し、確かな実績を残しています。相性の良いブーツとのフィット感は素晴らしく、まるでバインディングと一体となったような感覚を覚えます。柔らかいながらユーザーの意思をすぐに板へ伝え、機敏に反応してくれるので思い通りに板を操作することができます。

バートン(バートン) MALAVITA EST BLK/GRY (ブラック×グレー/M)
amazonで詳細を見る

DRAKE

DRAKE(ドレイク)もともとはイタリアのシューズメーカーであるNORTHWAVEが1997年に「力を正確に板に伝えるバインディング」というシンプルな目的のために始めたブランドです。

登場初期から信頼性が非常に高いと評判になり、その後も安定して高品質バインディングをスノーボードの世界に毎年送り出しています。2008年からは板の生産も始め、バインディング同様高く評価されています。

おすすめのバインディング《RELOAD》

RELOAD(リロード)はフリースタイル用に開発された超軽量バインディングです。3D形状で作られたアンクルストラップのおかげで板にユーザーの意思を素早く反映させられるようになっています。シンプルな作りは頑丈で耐久度が高く、長期間の使用でもガタが来にくくなっています。

Drake Reloadスノーボードバインディングメンズ
amazonで詳細を見る

FLAX

FLAX(フラックス)は1992年に設立されたバインディング専門のブランドです。「日本人に合う最高のバインディングを作る!」をコンセプトにして最高のフィット感のバインディングを作り続けています。

高い耐久性・動きの快適性・数々のブーツとのフィッティング性能などバインディングにとって重要な項目が総じて高く、現在もバインディングブランドの評価では世界的に見ても5本の指に入ります。

おすすめのバインディング《XF》

XF(エックスエフ)は素材、質など高い次元でバランスよく整えられたバインディングです。

ブーツを包み込むようなワッフルストラップはしっかりしたホールド感と反応の良さを両立し、トゥストラップはつま先側と中足趾節関節側のどちらかユーザーが好きなほうで固定できるように造られています。他にも可動式ベースプレートクッションや耐久性の高いラチェットなどユーザーに不快感を与えないように作られているのがポイントです。

FLOW

FLOW(フロー)は初めてリアエントリータイプのバインディングを開発・販売したブランドです。

当初【FLOWシステム】と呼ばれたこの独特な機構も、現在では【リアエントリー】として他社でも同じような機構で製造されています。バインディングは販売当初こそさまざまなデメリットが報告されていましたが、丁寧な対応と改善を怠らなかった結果、信頼性の高いバインディングブランドの一つとして世界で認められ、現在では人気バインディングブランドの一つに挙げられています。

おすすめのバインディング《FIVE》

FIVE(ファイブ)は確かなサポート力と装着時の快適性を持ったFLOWの人気オールマウンテンモデルバインディングです。一度ストラップの締め付けさえ決め付けてしまえば短時間でブーツを固定することができ、慣れればリフトを降りて一度も止まらずバインディングを固定し滑り出すことも簡単です。

17-18 FLOW/フロー FIVE FUSION メンズ レディース ビンディング バインディング スノーボード 2018 L(25.5~29.5cm) BLACK
amazonで詳細を見る

SP-Bindings

SP-Bindings(エスピー バインディングス)はリアエントリーシステム【FASTEC】の機構を持つバインディングを販売するブランドです。もともとは車のアルミパーツを製造・販売する会社のスノーボード好きがバインディングを作ったのが始まりと言われています。

リアエントリータイプとストラップタイプの良いとこ取りのようなバインディングで、簡単にブーツを固定でき、しっかり締め付けることができます。ワンプッシュでアンクルストラップを緩めることができるところもポイント。さまざまな環境に耐えられるように設計されており、軽量で見た目もおしゃれなため最近注目を集めているブランドです。因みに『SP』は『SNOW PRO』の略です。

おすすめのバインディング《BROTHERHOOD》

BROTHERHOOD(ブラザーフッド)はスノーパークを楽しむ人向けに作られたバインディングです。

反応は早く、しっかりブーツに馴染むので違和感も感じません。素材でアルミニウムを一部使用しているので軽量に仕上がっているところもポイント。ジブやキッカーなど衝撃が強い滑り方でもそのホールド感を失うことは無いでしょう。

UNION

UNION(ユニオン)は「ライダーとボードを一体化させるパーフェクトなバインディング」をコンセプトに2004年にアメリカで設立されたバインディングブランドです。

ストラップタイプのバインディングをメインに取り扱っており、世界中のプロライダーからその高い耐久力と信頼性が支持されています。特に耐久力に至ってはライダーの「耐久目安100日」という無茶な要望に答えたパフォーマンスを持っています。さまざまな面で前述したFLUXと比較されるブランドですが性能的にはほぼ同等と言われており、あとは好みで最終的な判断をユーザーに委ねることになります。

おすすめのバインディング《FORCE》

FORCE(フォース)はUNIONの不動の人気No,1フラッグシップモデルと宣伝されているバインディングです。UNIONバインディングの特徴的なハイバックやブーツを包み込むようなストラップ、高い耐久性や板をコントロールしやすいフレックスなどをもったユーザーが欲しい機能に手が届くバインディングです。18-19シーズンもそれらは変わらず進化し、「UNIONが欲しい!」と思ったらまず最初に手にとって見てもらいたいバインディングです。

18-19 UNION ユニオン BINDING ビンディング FORCE フォース バインディング スノーボード 日本正規品 (M(25.0~28.0cm), BLACK)
amazonで詳細を見る

まとめ

バインディングは信頼性の高いブランドで購入しよう!

人と板を繋ぐために使用するバインディングは信頼性が大事です。特に初心者などであれば大きいブランドや昔からバインディングを製造し続けてきているブランドのバインディングを購入することをおすすめします。昔と違い今のバインディングにはそれほどハズレは無く、大抵のものはフィット感もしっかりしていて反応も良く、高い耐久性を持っています。しかし、板の使い方やブーツとの相性などもじっくり確認しながら慎重に選んでくださいね。

関連記事はこちら

会津高原だいくらスキー場で土日専用パウダーコースを楽しもう!
スノーボード グローブの重要性とは?18-19シーズンおすすめグローブもご紹介!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事