1. スノーボードで 信頼できる板ブランド14選!

スノーボードで 信頼できる板ブランド14選!

スノーボードで 信頼できる板ブランド14選!

目次

スノーボードの板のブランド!

ひと言で板のブランドと言ってもさまざま

今回は、購入しても後悔しないスノーボードの板のブランドをご紹介します。しかし、ひと言で『板のブランド』といってもさまざまです。フリースタイルやパークに向いている板を販売しているブランドやグラトリ向きの板を中心に扱っているブランド、カービング向きの板に力を入れているブランドなど。

今回は、種類別でおすすめできる板のブランドを厳選して14ブランドを挙げました。

板の種類と特徴

板の種類と特徴

スノーボードの板は大きく分けると4種類に分けられます。それはフリースタイル、グラトリ向き、パウダー、カービングです。それ以外でもごく一部に特殊な板がありますが、大体がこの4種類でまとめることができます。

1、フリースタイル

フリースタイルボードは現在のスノーボードの大多数を占める板です。

特徴としては少しでもキャンバーが入っており、板のノーズ(進行方向前)とテール(進行方向後ろ)が丸くなっている板を指します。またスノーパークなどを攻める板もこのフリースタイルに含まれます。

2、グラトリ向き

グラトリ”向き”というのはグラトリ専用の板は存在せず、基本的にフリースタイルの派生の中の1種類なのでこう呼ばれます。

現在人気のある滑り方であるグラトリに向いている板の製造・販売に力を入れているブランドは意外と多く、大きく種類分けできるほどになってきています。特徴としてはツインチップモデルで柔らかめ、そしてキャンバーが無いか弱めに入っている程度の板が当たります。

3、パウダー

パウダーボードはパウダースノーの上に浮きやすいような作りをした板のことを指します。

板の形で言うと最も有名なものでスワローテイルというテールがツバメの尻尾のように分かれているモデルがあります。特徴としてはノーズとテールの形が違い、ディレクショナルの板がそれらに当たります。

4、カービング

カービングボードはより切れ味のあるカービングが出来るように設計された板のことを指します。

代表的な板の形で言うとアルペンボードという細く長いモデルの板があります。特徴としてはエッジングのための有効エッジが非常に長い板がそれらに当たります。

板の種類別おすすめブランド14選!

おすすめできるブランドを紹介!

板のブランドを種類別に14選しましたが、同じブランドの別の種類に当たる板を購入しても十分です。今回は《各社が特に力が入れている板の種類別》で分けたほうがより強くイメージができると考えて、あえて分けてご紹介します。

フリースタイルスノーボードの板おすすめブランド

BURTON

BURTON(バートン)は言わずと知れたスノーボードを世界に広めたブランドです。

板を長きに渡り開発してきた技術力は伊達ではなく、毎年毎年出される板はシリーズものであっても必ずバージョンアップが施されており、常に最先端の能力を持っています。特にフリースタイルボードの信頼性は高く、数多い板は初心者からプロまで必ず自分に合った一枚が見つけられるでしょう。

おすすめのフリースタイルボード《CUSTOM》

BURTONのCUSTOM(カスタム)は昔からあるシリーズで、現在でも最も優れたフリースタイルボートと聞かれれば必ず上位に入る板です。適度な硬さに強めの反発力を持ち、ディレクショナルだから初心者からでも扱えるという人も滑り方も”フリー”スタイルな1枚です。迷ったらCUSTOMを購入すれば間違い無しです。

バートン スノーボード 板 18-19 BURTON CUSTOM 150
amazonで詳細を見る

ALLIAN

ALLIAN(アライアン)はフリースタイルボードの質に定評のあり「スノーボーダーによるスノボードカンパニー」として1999年に設立されたブランドです。

18-19からは板のソール素材に高分子、高密度カーボンの【NANO CARBON 999】や【IS7610/7200】という素材を使用することにより、今まで以上の滑走能力を実現しました。柔らかい板から硬い板まで、子供や女性用の板も販売しているのでどんな人でも自分の板を見つけられるブランドです。

おすすめのフリースタイルボード《PRISMシリーズ》

ALLIANの板でおすすめはPRISM(プリズム)シリーズです。

PRISMシリーズはPRISM、PRISM LTD、PRISM GIRLなどの種類があり、フレックスはミディアムからソフト寄りに作られています。初心者から大会に出るようなライダーまでどんなレベルの人でも扱いやすく、おしゃれな外見をもつこれらの板はスキー場へ行けば必ず1枚は見る人気の板です。

18-19 ALLIAN PRISM アライアン プリズム [ 150cm 152cm 155cm ] スノーボード 板 (150)

LIB TECHNOLOGIES

LIB TECHNOLOGIES(リブテクノロジーズ)はLIB TECH(リブテック)とも呼ばれるスノーボード黎明期から存在する老舗ブランドです。1977年からスノーボード製作を始め、何度か買収されながらもさまざまな独自技術を発展させ常にスノーボードの最先端を進み続けています。

販売している板はフリースタイルボードがメインですが、変わった・・・というか特徴のある板も取り扱っています。波打ったエッジ【MAGNE-TRACTION】や今では当たり前になった【ツインキャンバー(ダブルキャンバー)】などを開発したことでも有名です。

おすすめのフリースタイルボード《TRAVIS RICE PRO MODEL HP》

TRAVIS RICE PRO MODEL HPは”人類最強”という凄い異名を持つトラビス・ライスのツインキャンバーを持つシグネチャーモデルです。

板はパーク・ジブに特化した【BLUNT】とトラビスが大好きなパウダーに特化した【POINTY】の2種類があります。板のフレックスはミディアムからハード(ファーム)寄りなので脚力がある人におすすめです。ちなみに板の名前の最後に付いている”HP”はハーフパイプと読むのではなく《ホースパワー》と読みます。

Lib Technologies Darkerシリーズc3-btxスノーボードAssorted、158 cm
amazonで詳細を見る

NOVEMBER SNOWMATERIAL

NOVEMBER SNOWMATERIAL(ノベンバースノーマテリアルズ/ノベンバー)は日本の誇るスキー板製造工場【小賀坂スキー製作所】の自社ブランドです。

非常に質の高い板の評判は素晴らしく、スノーボードが上手い人達に『おすすめの板ブランドは?』と聞けば必ず上位に挙げられます。基本的にはフリースタイルボードをメインに扱い、その他にはパウダーボードを少し取り扱っています。パークアイテムを攻める板が多くあり、スノーパークに力を入れているスキー場へ行けば必ず見るブランドの一つです。

おすすめのフリースタイルボード《ARTISTEシリーズ》

NOVEMBER SNOWMATERIALのARTISTEシリーズはブランドの顔とも言える板です。

非常に人気があり、『NOVEMBERと言えばARTISTE』というイメージが出来上がっているほどです。ARTISTEシリーズは18-19シーズン現在4種類あり、どれもパークでの使用を考えて作られています。「自分の思ったとおりに動く板が欲しい!」と考える人は機会があれば一度試乗してみることを強くおすすめします!

次へ>>グラトリ向きの板おすすめブランド

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事