1. スノボ女子の藤森由香選手ってどんな人?

スノボ女子の藤森由香選手ってどんな人?

スノボ女子の藤森由香選手ってどんな人?

目次

2018年も残りわずかとなりましたが、今年はオリンピックイヤーで平昌オリンピックがありました。スノーボードでは、前回大会に続き平野歩夢選手が銀メダルを獲得し話題となりましたが、女子も現役女子高生の岩渕麗楽選手がビックエアの種目で4位と初出場ながら入賞を果たしました。そんな盛り上がりを見せたスノーボードですが、女子スロープスタイルとビッグエアに出場した「藤森由香」選手をご存知ですか? 美人なのも注目なのですが、とにかくかっこいい、まさに自分のスタイルを貫いている「藤森由香」選手をご紹介したいと思います。

藤森由香選手ってどんな人?

プロフィール

まずは簡単なプロフィールから見ていきます。

生年月日:1986年6月11日

出身地:長野県小県郡長和町

所属チーム:チームアルビレックス新潟

スポンサー:BARTON、OAKLEY、GALLIUM WAX、スマイルフィールド無農薬野菜、スノーボードショップSCHIHEIL

スノーボードの経歴

実家がスノーボード店で、そこで働くスタッフに教えてもらったのをきっかけに小学1年生からスノーボードを始めています。長和町スキークラブ、チームJWSCを経て、チームアルビレックス新潟に所属しオリンピック強化指定選手として活躍しています。

小学4年生頃からスノーボードクロスの国内大会、2004年からは国際レースへの出場を開始。2004年3月に行われたFISレースで優勝を飾ると、2005年4月のジュニア世界選手権で5位入賞、10月に行われたワールドカップで6位となりワールドカップ初入賞を果たします。

2006年のトリノオリンピックから正式種目となったスノーボードクロスで日本代表としてオリンピック出場を果たし、7位入賞を飾りました。彼女は、このトリノオリンピックから4大会連続でオリンピック出場を果たした国内トップ選手であり、スノーボードクロスのパイオニア的存在で日本のスノーボード界を引っ張ってきたのです!

4度出場したオリンピック

世界を飛び回り海外で転戦しながら実績を積んできた彼女。数多くの大会で結果を残してきたからこそ、日本代表としてオリンピックに出場しています。19歳で初出場したトリノオリンピックから4大会連続でオリンピックに出場した彼女の“オリンピックでの歴史”を見ていきます。

2006年:トリノオリンピック(19歳)

初出場のトリノオリンピック。平昌オリンピックではスロープスタイルとビッグエアに出場した彼女ですが、この頃の彼女は「スノーボードクロス」という種目を専門とした選手でした。オリンピック史上初の種目で、オリンピック初出場ながら7位入賞を果たします。

スノーボードクロス

複数人が同時にスタートし障害物のあるコースを滑走するレース競技。最高時速が80㎞にもなると言われています。コースの途中では10mほどの距離をジャンプするなどして速さを競う、危険を伴う競技でもあります。

2010年:バンクーバーオリンピック(23歳)

前回大会で初出場ながら入賞を果たしたこともあり、メダルを期待されていましたが、大会公式練習で突風に煽られ転倒し頭部の打撲傷を負い棄権。予選日ギリギリまで出場を考えていた彼女にとっては、悔しさが残る大会となってしまいました。

大会後の彼女は「納得いかない結果。周囲の期待を含めて、今まで頑張ってきたクロスで何とか結果を出したいと意地になっていた部分があって焦っていた」と涙ながらに語っています。

2014年:ソチオリンピック(27歳)

前回大会のリベンジに燃えたソチオリンピックでは、スノーボードクロス人生の集大成として挑み、予選を6位で通過し勝ち進みました。しかし結果は、他の選手との接触も響き準々決勝で敗退し22位という結果で終えました。

後に彼女は、「結果的には出場しただけになってしまった。でもそれまでのシーズンを振り返っても、やりたいことをやり切って終えたことは清々しい気持ちだった」と語っています。

次へ>>ソチオリンピックを終えて・・・《転機》

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事