1. スノーボード グラトリの基礎からコツまで徹底解説!最速で憧れのトリックをゲットしよう!

スノーボード グラトリの基礎からコツまで徹底解説!最速で憧れのトリックをゲットしよう!

スノーボード グラトリの基礎からコツまで徹底解説!最速で憧れのトリックをゲットしよう!

覚えておくと役に立つグラトリベスト3

グラトリをするときに多用し、覚えておくと技の幅が広がるトリックを3つを選出。これらはグラトリの初級から上級まで全てで使用され、また繋ぎとしても非常に役に立つトリックですので覚えておきましょう!

ピボット180

ピボット180はノーズを軸にしておこなう180で、「ひっかけ」とも呼ばれたりもします。プレスで滑っている最中にスイッチする場合などで使用されたり、トリックの一部に混ぜて使用したりと応用の幅が特に多いグラトリです。使用例を挙げると《アンディ》などのグラトリが代表的です。アンディはピボット180から始まるグラトリで、現在最も格好いいグラトリの一つでもあります。他にも使用するグラトリは多いのでどんな斜面でも出来るように体に染みこませましょう。

バックサイドノーズスライド

バックサイドボードスライドは、ノーズプレスしたままテール側をトゥサイド側に90度シフトさせるグラトリです。とても単純で難易度の低いグラトリですが様々なところで使用され、グラトリのみならずジブでも重宝されるトリックですので必ず覚えておきたい技です。

バックサイドノーズコンパス

バックサイドノーズコンパスとはノーズを軸にして背中方向へスピンするグラトリです。こちらもとても応用の幅が広く様々な場面で使用されます!

>>まとめ

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>