1. スノーボード ブーツの種類って?ブーツの機能や選び方、18-19おすすめブーツを紹介します!

スノーボード ブーツの種類って?ブーツの機能や選び方、18-19おすすめブーツを紹介します!

スノーボード ブーツの種類って?ブーツの機能や選び方、18-19おすすめブーツを紹介します!

目次

スノーボードのブーツは板と体を繋ぐ大事なギア

スノーボードのブーツはギアの中で一番重要なギアといっても過言ではありません。もちろん板がなければ滑れませんし、バインディングがなければ板と繋がることもできません。ではなにが重要化というと 板と体を繋ぐギアで唯一体に触れている という点です。それ故ブーツ選びというのは神経を使って自分に合うブーツを選ばなければなりません。

今回はそんな大事なギアであるブーツの選び方の基礎と注意したほうがいいポイント、18-19シーズンでおすすめブーツの紹介をしていきます!

ブーツの種類

スノーボードで使うブーツは2種類

スノーボードで使用されるブーツは2種類です。アルペンボードで使用する《ハードブーツ》と、フリースタイルボードやパウダーボードなどで使用する《ソフトブーツ》です。ハードブーツに関しては種類や締め方に関してはほぼ統一されていますので言及せず、今回はソフトブーツの締め付け方の種類を下から解説します。

ソフトブーツの締め方の種類

ソフトブーツの締め方は3種類

ソフトブーツを締め方は紐で締めるタイプとクイックレースタイプと呼ばれるもの、BOA(ボア)タイプと呼ばれるものの3種類あります。下からそれぞれの特徴を解説します。

紐で締めるタイプ

18-19 THIRTY TWO サーティーツー LASHED 熱成型対応 メンズ 32 スノーボードブーツ ブーツ 正規品 (GOLD_BLACK, US10.0_(28.0cm))
18-19 THIRTY TWO サーティーツー LASHED 熱成型対応 メンズ 32 スノーボードブーツ ブーツ 正規品 
amazonで詳細を見る

紐で締めるタイプはスノーボード用ソフトブーツ最初期からあるタイプで、その名の通り靴紐と同じ要領でブーツを締め付けます。特徴としては足を締め付ける位置を自分で選ぶことができ、どんな足型の人でもブーツをフィットさせることができる点が挙げられます。デメリットは締めるのに時間がかかる点です。

下の2つのタイプが出たあと販売数が減少した時期もありましたが、現在は安定して数が出ています。

クイックレースタイプ

クイックレースタイプとは足の甲側と脛側に特殊な細い紐を通し、ふくらはぎの横に付けられた紐の端を引っ張り、甲と脛の両方を一気に締めるタイプのことを指します。非常に短時間でブーツを締めることができ、たとえ解けたとしてもすぐ締め直せるところがメリットです。

デメリットは紐で締めるタイプと違い締め付ける部分は足の甲と脛の2箇所のみという点です。

Boa(ボア)タイプ

Boaタイプとは2001年にBoa社がスノーボード用のブーツに開発したシステムで、ダイヤルを回すことによってブーツの中に張り巡らしてあるワイヤーを締めるタイプのことを指します。

クイックレースタイプよりも前から存在し、出た当時は画期的なシステムとして大変話題になりましたが、板のエッジでワイヤーが切れることや締め付け方が均等にならないなどのデメリットがあったため一時期人気が落ちました。

現在はそれらのデメリットを改善し、より利用者が快適になるようにいくつもの工夫がなされ、現在は定番の締め付けタイプになりつつあります。

ブーツの選び方

ブーツは必ず一度履くべし!

ブーツの選び方で一番大事なのは一度履くことです。今はネット通販が発展し、なんでもすぐ購入できるのですがよほど同じシリーズのブーツを使い込んだ人でない限りブーツはネットで購入することはしないほうがいいです。

最初にも述べましたがブーツは板と体を繋ぐ際に唯一体に触れているギアですので、じっくり自分の足に合ったものを選びましょう。

親指は付かないほうがいい

よく言われる『親指の先が付くか付かないかがベスト』という話ですが、ギリギリ付かないのを選びましょう。

スキー場へ移動しているとき長時間同じ姿勢で長時間移動します、この時足がむくんでしまいブーツを履いた際買ったときは少ししか付かなかった親指がブーツのインナーに食い込むくらい付いてしまう場合があります。それでも最初はそこまで違和感は感じないのですが、これが何度も続くと親指が痛くなったり付いている部分がえぐれたりしてきます。

こうならないためにも親指が付くブーツより一つ大きめのブーツを選ぶようにしましょう。

圧迫感を感じる場合は違うブーツに

人の足の形はみんな違うので、ブーツのブランドが想定していない形の人も当然います。偏平足の人や足幅・足囲が平均と違う人がそれに当たり、そういった人は傷みや違和感を感じる場合はブーツ、またはブーツのインナーが想定外の人かもしれません。

そういう場合はブーツを変更するか、熱成型で自分の足型を取る【サーモインナー】を使用しているDEELUXEを選択してみましょう。

少し固いと感じるブーツを選ぼう

ブーツは購入前に履き、前後左右さまざまな動かし方を試して少し固いと感じるブーツを選びましょう。

スノーボードのソフトブーツは使用日数によってどんなものでも劣化し柔らかくなります。このとき硬さが安定する時期があり、この安定したときが本当の硬さになるので少し硬いと感じるブーツを選びます。その安定した固さからさらに劣化しはじめたあたりがブーツの寿命と呼ばれており、使用日数で言うと60日位と言う人も居ます。

次へ >> 18-19シーズンでおすすめできるブーツ4選

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事