1. 会津高原だいくらスキー場で土日専用パウダーコースを楽しもう!

会津高原だいくらスキー場で土日専用パウダーコースを楽しもう!

会津高原だいくらスキー場で土日専用パウダーコースを楽しもう!

会津高原だいくらスキー場のここが良い!

リフト待ち時間がほとんど無い

僕はここ10年ほど何度もだいくらスキー場に通ってますが、いまだに20分以上リフト待ちしたことがありません。それは正月明けだろうが連休だろうが関係なく、混んでも待ち時間10分程度です。たくさん滑りたい人にとっては嬉しいですよね。

シェイプのきれいなキッカーに注目!

だいくらスキー場のフリーライドパークのキッカーは、シェイプがきれいなのが特徴です。パーク開放の午前10時から終了する午後3時までいつ行っても形があまり変わりません。トランジション(アール)やリップなどキッカー自体に恐怖を感じたことはありません。

土日祝日限定で開放するパウダーコース

だいくらスキー場で一番上部に位置するコース《台鞍ゲレンデ》は土日祝日のみオープンする無圧雪コースで、本州のスキー場とは思えない深さのパウダースノーを楽しむことができます。平日の降雪はすべてそのままにしてあるので、コースがオープンしたときのパウダースノーの深さは最上級。斜度もキツイので直滑降からのターンで吹き飛ぶスプレーの高さは、北海道やカナダのバックカントリー並み!

会津高原だいくらスキー場まとめ

コソ練には絶好の場所!

会津高原だいくらスキー場は、基本的にはファミリーゲレンデですが、地形遊びやパーク、パウダーまで様々な遊びができるスノーボードにハマってしまった人には絶好のコソ練(隠れて練習する)の場所です。何度もコースを回るには丁度いい大きさで、特にパークで遊ぶ人にはこれ以上練習に向いているスキー場は無いと言っても過言ではありません!またパウダーの質もかなり良く、一日中パウダーランが楽しめるかもしれません。リフト待ちに疲れてしまった人は、是非一度だいくらスキー場に足を運んでみてください!

関連記事はこちら

群馬・草津へスノーボードトリップ!観光名所やゲレンデをご紹介
新潟でスノーボード!日本酒やご当地グルメも楽しめるスポットは?

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事