1. オススメしたい有名ドメスティックブランド9社をまとめました!

オススメしたい有名ドメスティックブランド9社をまとめました!

オススメしたい有名ドメスティックブランド9社をまとめました!

有名ドメスティックブランド9社の特徴

OGASAKA

OGASAMA(オガサカ)とは長野県にある《株式会社小賀坂スキー製作所》の自社ブランドです。メインで取り扱っている板はパウダーボードやアルペンボードなどが中心で、フリースタイルボードも作っていますが主にテクニカル系で使用されることが多いです。

板の品質は非常に高く、仕上げも素晴らしいことから多くのファンを持つスノーボードブランドです。

人気の板

18-19 OGASAKA CT オガサカ スノーボード シーティー メンズサイズ Comfort Turn フリースタイル Free Style 板 (158)
amazonで詳細を見る

OGASAKAで人気といったらCTシリーズです。その中でもCTは人気があり、毎年かなりの枚数が出ていると言います。板のサイズも139cmから161cmまでと幅広いのでほとんどの人は自分に合うサイズが見つかると思います。特徴はトーションが強いのでターンがとても安定します。

NOVEMBER snowmaterial

NOVEMBER snowmaterial(ノベンバー)は上のOGASAKAと同じ小賀坂スキー製作所の自社ブランドで、通常は”ノベンバー”と呼ばれています。メインで取り扱っている板はフリーライディング用のツインチップモデルでどんな滑り方でも楽しめるようになっています。

汎用性が高くとても乗りやすい板が多いので、フリーライド・パーク・グラトリなどNOVENBERの板なら一本持っていれば何でもできると思っていいでしょう。

人気の板

18-19 NOVEMBER ノベンバー スノーボード ARTISTEPLUS アーティストプラス ノーベンバー パーク 板 (ARTISTE_PLUS, 150cm)
amazonで詳細を見る

NOVEMBERで不動の人気を誇る板であるARTISTEはオールラウンドツインの傑作です。これ一枚あれば上で書いたフリーライド・パーク・グラトリ全部いけます。セットバックを強めに入れれば一面バーンのパウダーでも余裕でライディングできる、まさに”オールラウンドスノーボード”です。またその人気故に様々なバリエーションが出ているのもポイントです。

SCOOTER Snowboard

SCOOTER Snowboard(スクーター)も上の2ブランドと同じ小賀坂スキー製作所の自社ブランドです。オガサカとノベンバーが取り扱っている板を”テクニカル & パウダー”と”フリーライディング”に分けられるとしたらスクーターはこの両方の板を扱っている合いの子という感じのブランドです。

ノベンバーのように「一枚で何でもできる」というわけではなく、それぞれの板が強い長所を持っている板のラインナップです。もちろん品質は最上級なので少しワックス塗るだけで、最高のライディングを楽しめます。

人気の板

18-19 SCOOTER SNOWBOARD SCT スクーター スノーボード エスシーティー メンズ サイズ 板 (SCT_Mens, 151cm)
amazonで詳細を見る

スクーターのフリースタイルモデルで、強い反発力と取り回しやすさがポイントのツインチップモデルです。フリースタイルと謳ってはいますが、どちらかと言えばパーク向きでジブ・キッカーともに自分のポテンシャルを最大限引き出してくれる板です。

011ARTISTIC

011 ARTISTIC(ゼロワンワンアーティスティック)は当時ジブやグラウンドトリック(グラトリ)をメインに活動していたチーム《手摺狂会(てすりきょうかい)》が2004年に作り上げたブランドです。この頃はグラトリやジブ向きの板というのは無く、011 ARTISTICが元祖と言われています。残念ながら手摺狂会は解散してしまいましたが011 ARTISTIC自体は残り、現在も人気のある板のブランドです。

板の特徴は何といってもフラットキャンバーです。フラットキャンバーとはその名の通り反りが無いフラットな板のことを指します。これにより反発力やターン時の安定感は低下しますが逆エッジなどの転倒はしにくくなり、特にグラトリをおこなう際にその恩恵を得られます。

人気の板

FLAT KING

011 ARTISTICの定番中の定番の板であるFLAT KINGはグラトリやジブのために作られた板です。フラットキャンバーに船底のような形状のソールが逆エッジの恐怖からライダーを解放してくれます。適度な柔らかさに強めの反発とグラトリ好きには特に欲しいと思う特徴を持った板に仕上がっています。

YONEX

YONEX(ヨネックス)はテニスラケットなどが有名なブランドですが1995年からスノーボードに参入している老舗ブランドです。板だけではなくバインディングやブーツなどのギアのみならずウェア等幅広く展開しており、それらの評価は総じて高い有名ブランドです。

板はラケットなどで利用されている技術のカーボンテクノロジーを使用し、反発力がありながら適度なフレックスの粘り強さを持ちます。その独特の乗り心地は使ってみなければわからないでしょう。

人気の板

17-18 YONEX(ヨネックス) SMOOTH 154cm マホガニー ヨネックス スノーボード 板 フリースタイル

SMOOTHはその名前のとおりに雪面をスムースに滑るために作られたオールラウンドボードです。カーボンの粘り強さが顕著に出ている板で、多少体制を崩してもこの板がリカバリーを大きく手助けしてくれます。

RICE28

RICE28(ライス)は1995年からスノーボード業界に参入した老舗ブランドです。主に扱っている商品はスノーボードの板で毎年かなりの種類を出しています。板の製造自体を小賀坂スキー製作所に委託している(OEM)ので品質はかなり高いです。

板はフリースタイルボードのみを扱っており、ジブ、グラトリを中心に一枚持っていればどんな雪面にも対応できるように作られています。

人気の板

WRX
「WRXはキレのあるライディングとグラトリを両方楽しみたい人のために作られた板です。フリースタイルとハンマーヘッドの中間ともいえるシェイプ、長い有効エッジ、比較的柔らかなフレックスを合わせた結果ライディングもグラトリも楽しい板に仕上がりました。1枚でなんでもやりたい人には最高の相棒になってくれるでしょう!」

GRAY SNOWBOARDS

GRAY SNOWBOARDS(グレイスノーボード)は1998年よりスノーボードの板を専門に扱うブランドです。取り扱っている板は種類が豊富で、フリースタイル・パウダー・アルペンと様々な分野の特化型スノーボードの販売をしています。グレイスノーボードも小賀坂スキー製作所とOEM契約しているブランドなので品質の高さがポイント。

板の特徴は上で書いたとおり特化型の板の種類の豊富さで、特にアルペンボードに至ってはファイバー素材やグラス素材、メタルにウッドとかなりの種類を製造しています。

人気の板

18-19 GRAY SNOWBOARD グレイ スノーボード DESPERADO Ti Type-R [ 155 156 159 160 ] デスペラード タイプアール フリースタイル ハンマーヘッド 板 (Ti_Type-R, IIlw_Ti_R(156cm))

グレイスノーボードのアルペンボードで人気のDESPERADOシリーズ。その中で最上級に位置するのがこのDESPERADO Ti TYPE R(デスペラード ティーアイ タイプアール)です。コース上に多少段差があろうが雪面が固まっていようが関係なく雪をえぐっていくその姿はまさに【DESPERADO(無法者)】という言葉が似合います。

眞空雪板等

眞空雪板等(まくうせっぱんとう)とは独特なグラフィックが目を引くブランドです。『空へ舞い上がり、真実を見極め、あくまでも飛びを追求する為に創られてきた雪板』と公式が語るようにパーク寄りに作られたオールラウンドボード中心に取り扱っています。

板の特徴は3つのキャンバー形状と上でも書いた一発で眞空雪板等の板とわかるグラフィックです。キャンバーは通常のキャンバーとダブルキャンバー、ロッカーとキャンバーの良いとこ取りのハイブリットキャンバーがあり、滑り方に合わせて板を選べます。また価格がリーズナブルな点もポイントです。

人気の板

18-19 眞空雪板等 マクウ スノーボード 侍 THE SAMURAI サムライ キャンバーボード マクウセッパントウ 板 (侍_赤, 155cm)

THE SAMURAI(侍)はパーク・ジブ・グラトリとスノーボードの中でもアクティブに動く遊び方に使うためにデザインされたハイブリットキャンバーを持つ板です。フレックスは柔らかめに作られているのでジブ・グラトリで使用すると調子が良いです。

MOSS SNOWBOARDS

MOSS SNOWBOARDS(モススノーボード)は1971年創業の日本製スノーボードの先駆者。BURTONがスノーボードをはじめて作ったのが1976年ですから5年も早くスノーボードを製作していたということです。ある意味日本のみならずスノーボードの元祖と言えるブランドがこのMOSS SNOWBOARDSかもしれません。

初心者からプロまで、子供から大人までどんな人にも合うように板の種類が非常に豊富なブランドです。また MOSS SNOWSTICK というパウダーボードを中心に作るブランドの板を合わせるとその数は膨大になります。

人気の板

TOTO BLACK

MOSS SNOUBOARDSで人気のTOTOシリーズでも特に人気のある板です。グラトリからパーク、カービングまでこれ1枚で楽しむことができ、粘り気の強い板はリカバリーにもすぐ対応してくれます。

まとめ

国内で生産されている板は安心して買える!

ドメスティックブランドの多くは国内で生産されており、非常に質の良い板が多いです。国外で生産された板は国内生産のものに比べれば、品質自体は落ちるかもしれませんが、日本人の体型に合わせてデザインされた板は使い心地が良く、急速な技術のレベルアップに貢献してくれることも間違いありません。ここで紹介したブランドはごく一部でまだまだ多くのブランドがありますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

スノーボード グラトリ板のおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!
スノーボード 板の種類や選び方とは?初心者おすすめのブランドもご紹介!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事