1. 軽井沢でスノーボード!日帰りで楽しむスノボ旅行へ行こう

軽井沢でスノーボード!日帰りで楽しむスノボ旅行へ行こう

軽井沢でスノーボード!日帰りで楽しむスノボ旅行へ行こう

目次

夏の避暑地として、また別荘地として知られる長野県・軽井沢。観光地として、多くの観光客でオールシーズン賑わう街でもあります。冬には長野県ならではの寒冷地となり、ウィンタースポーツを楽しむこともできます。そんな軽井沢は、都心からのアクセスも良好で日帰りのスノボ旅行にもぴったり。

今回は、日帰りにもおすすめの軽井沢についてご紹介していきます。日帰りのスノボ旅行に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

軽井沢ってどんなところ?

長野県東信地方の佐久地域に位置する街で、標高900m~1000mにあるリゾートタウン。都心からのアクセスが良いこともあり、オールシーズン観光客で賑わい、買い物から散策まで楽しみ方がたくさんあるスポットです。

日本最大級のアウトレットがあり現代的な一面もある一方、江戸時代に栄えた宿場町や明治時代に根付いた外国人向けの避暑地、また宣教師によって作られた教会、文化人に愛されたホテルなどその時代の面影を残したスポットも点在。フォトジェニックでレトロな情景が魅力的な街です。観光だけでなく、グルメやアウトドアが楽しめるところも特徴です。

東京~軽井沢のアクセス

【電車】

 経路 :東京駅・上野駅(高崎線) → 高崎(北陸新幹線長野経由) → 軽井沢

所要時間:約70分

【バス】

 経路 :練馬駅・下落合・池袋東口・池袋サンシャインシティ・立川駅

     → 軽井沢72ゴルフ・軽井沢駅・軽井沢プリンスホテル・中軽井沢国道18号線沿い

所要時間:約3時間

【自動車】

 経路 :練馬I.C(関越自動車道) → 藤岡JCT → 富岡I.C(上信越自動車道)

     → 碓氷軽井沢I.C → 軽井沢

所要時間:約2時間

軽井沢周辺 おすすめのゲレンデ

軽井沢プリンスホテルスキー場

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

軽井沢駅南口から徒歩10分、無料シャトルバスで1分、自動車の場合でも碓氷軽井沢I.Cより約15分のアクセス抜群で、軽井沢といったら外せないスキー場です。日本最大の人口雪スキー場で、天候に左右されることが少ないのも特徴。初心者~上級者まで、また家族でも楽しめるコースが揃います。

プレジデントリゾート軽井沢 軽井沢スノーパーク

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16

長野県と群馬県の県境近くにある群馬県のスキー場になりますが、軽井沢駅からシャトルバスが運行しており40分程で行くことができます。国内初の「ウェルカムファミリーのスキー場」の認定を受けており、キッズスクールやキッズ専用のコースも充実しており、家族でスノーボードを楽しむことができます。

アサマ2000パークスキー場

住所:長野県小諸市高峰高原

上信越高原国立公園の高峰高原にあるスキー場で、軽井沢町の近くに位置する小諸市にあります。東京からは2時間半程、軽井沢駅からは1時間程で到着する、アクセスの良さがあります。さらに標高2000mにあるゲレンデの雪質は抜群で、他ではなかなか味わえません。初めての方も子供も存分に楽しめる、多彩なコースも魅力です。

湯の丸スキー場

住所:長野県東御市湯の丸高原

長野県東御市と群馬県嬬恋村を跨るスキー場で、都心から最も近いスキー場として知られています。さらにウィンタースポーツ愛好家の間では、最高の雪質との呼び声も高いパウダースノーが人気を集めています。スノーボードのレベルに関係なく、最高の雪質がスノーボードをより楽しくしてくれます。

佐久スキーガーデン パラダ

住所:長野県佐久市下平尾 2681

軽井沢の近隣、佐久市にあるスキー場です。スキーやスノーボードのスクールが充実しており、子供だけでなく家族で一緒に受講することもできます。コースも豊富なので、自分のレベルに合ったコースで楽しみましょう。また自動車の場合は、高速道路を降りることなく駐車でき移動も楽にできます。

次へ >> スノボと一緒に楽しめる、軽井沢の観光スポット

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事