1. スノーボード 初心者から中級者におすすめ!おしゃれで目立つワンメイクトリック8選!

スノーボード 初心者から中級者におすすめ!おしゃれで目立つワンメイクトリック8選!

スノーボード 初心者から中級者におすすめ!おしゃれで目立つワンメイクトリック8選!

目次

おしゃれなトリックを決めてスキー場で目立とう!

上手くなってくると考える”どうすれば目立てるか”

スノーボードが楽しくて少し上手くなってくるとみんな思うこと・・・”目立ちたい”!スノーボードの経験をある程度積むと自分がやっていて楽しいこと、かっこいいと思うスタイルが見つかります。そしてそれらを練習していくといつの間にか「どうやって滑れば目立てるか?」「魅せられるトリックをしたい!」と考えるようになってきます。これはスノーボードにハマってしまった人ほぼ全員が思い、そして通る道です!今回はそう考えるようになってきてしまった初心者、中級者向けにおしゃれで目立つワンメイクトリックを紹介します!

スキー場で目立つ方法

スキー場で目立つ方法はその滑りかたによって違います。自分が好む滑りかたを続けていけば確実にその分野で上手くなっていきますので、代表的な滑り方の中からどうすれば目立つのか?どんな滑りが目を惹くのか?書いていきます。

カービングで目立つ!

スノーボードのカービングで目立つなら雪面をえぐるようなターンが非常に目立ちます!カービングターンは奥が深いので初心者や中級者で目立つのは難しいですが、基礎を忠実に続けていけば誰でも目立つカービングが出来るようになります。代表的なターンで言えば雪面と体がほぼ同じ角度になる 《ビッテリーターン》 や最近注目されている 《リバースターン》 です。これらをスキー場のコースでやると注目の的間違い無しです!

グラトリで目立つ!

最近の流行であるグラトリは初心者や中級者であっても比較的簡単に目立つことができる滑り方です。簡単に覚えられ目立つグラトリといえば 《アンディ360》 です。最初の180部分からノーリー360に繋げるグラトリは思っているより簡単でそこまで苦労せずに覚えられ、注目されます!

ジブで目立つ!

パークのジブで目立つのは難しく、転んだときの痛みへの恐怖感やアプローチのコツなどかなり経験を積まなければトリックを決めることすらできませんので初心者や中級者は難易度が高いです。比較的安易に目立つトリックとしては 《180 in ノーズマニュアル》 あたりがしっかりロックできれば目立てます!

ハーフパイプで目立つ!

ハーフパイプで目立つのもそうとう難しいです。ハーフパイプ自体基礎スノーボードをある程度やりこみ、カービングが出来なければリップから飛び出すことすら出来ないからです。そんなハーフパイプのトリックの中でも難易度が低く目立つと言えば 《マックツイスト》 です。《マックツイスト》は軽めの先行動作と腰の動き、それと目線だけで出来ますので最初のほうに覚えるトリックとしてもおすすめです。

ワンメイクで目立つ!

キッカーのワンメイクで目立つのは初心者や中級者でも簡単にできます。もちろん目立つにはそれなりの経験と総合滑走能力やキッカーへの慣れなどがありますが、それでも他のすべり方に比べても難易度はそこまで高くありません。

初心者から中級者はグラトリとワンメイクがおすすめ

初心者や中級者のスノーボーダーで目立つならグラトリとワンメイクがおすすめ!グラトリは転んでもそこまで大きな怪我に繋がりにくく、始めたばかりの人でもチャレンジしやすいのでトリックを覚えるのに時間はかかりません。またキッカーはグラトリに比べれば怪我の危険性は高くなりますが、最近ではそこまで大きいキッカーでなくてもしっかりシェイプされており、ランディングも斜度がありある程度安全を保たれていますのでチャレンジしやすいです。もちろん目立つようなトリックが出来るようになるには時間がかかりますが、それでも他の滑り方に比べれば短時間で覚えることができます。

>>ワンメイクとは

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>