1. 横乗り系ってなに?これから始めたい3つのスポーツ

横乗り系ってなに?これから始めたい3つのスポーツ

横乗り系ってなに?これから始めたい3つのスポーツ

目次

今年2018年、2月に行われた平昌オリンピックで、日本人選手も大活躍を見せたスノーボード。平野歩夢選手が2大会連続の銀メダルに輝きましたね!さらに、2020年東京オリンピックでは、スケートボードとサーフィンが正式種目となり、ますますこれらの「横乗り」系スポーツに注目が集まる予感。ところで、この「横乗り」系という言葉に聞きなじみはありますか?今回は、これからさらに人気を加速させるであろうスノーボード、スケートボード、サーフィンに注目して、「横乗り」系スポーツについて徹底的に解説していきます。

「横乗り」・「横乗り系」とは?

スノーボードでの日本人選手の活躍や、オリンピックに向けてスケートボードやサーフィンのニュースが多くなったことで、「横乗り」や「横乗り系」という言葉を耳にするようになりました。この「横乗り」や「横乗り系」とは、どういう意味でしょうか?

これは言葉の通り、進行方向に対して体を横にして乗るという意味で、その代表がスノーボード・スケートボード・サーフィンです。さらにこの3つのスポーツは、Snow board・Skate board・Surfingと頭文字がSであることから、「3S」と呼ばれています。

この3Sをはじめとした、速さや高さなどが過激なスポーツをExtreme Sports(エクストリーム スポーツ)と総称することもあり、通称X-Sportsとしても知られています。

3Sを知ろう!

同じ横乗りスポーツで「3S」とくくられるスケートボード・スケートボード・サーフィンですが、それぞれの魅力があります。

次は、それぞれがどんなスポーツなのか、魅力はどんなところなのか見ていきます。

① スノーボード

スノーボードとは?

雪山やゲレンデで楽しむスポーツで、横向きで板に乗り、バインディングと言われる留め具で板に足を固定して、雪の斜面を滑って楽しみます。

3Sの中でも認知度の高いスポーツであり、1998年の長野オリンピックから正式種目として選ばれていますが、ルーツはサーフィンです。雪の上でもサーフィンの感覚を味わうために、「スノーサーフィン」として始まったのがスノーボードなのです。

スノーボードの魅力

1.早い上達が期待できる

足がバインディングで板に固定されるため安定感があること、そして斜面を下る時の体重や重力を上手に使うことができれば、個人差や練習時間、環境にもよりますが「滑る」ことは比較的早く習得できるとされています。

ただゲレンデを滑るだけではなく、トリックといわれるスノーボードならではの技を習得するにはさらに時間を要することになります。

2.季節に関係なく遊べるスポットも

一般的には、スキー場のゲレンデの頂上にリフトで向かい斜面を下りながら滑走する、ウィンタースポーツとして知られています。しかし今では屋内施設も普及し始め、季節に関係なく楽しむことができるスポットが増えています。

【必要な道具】

・ボード(板)

・バインディング

・ブーツ

・ウェア

・グローブ

・ゴーグル

・ビーニー/ニット帽

・ネックウォーマー

・靴下

これだけは揃えておきたい道具です。スノーボードやバインディング、ブーツはレンタル可が能な施設もあるので、事前に確認しておくと良いです。

② スケートボード

スケートボードとは?

陸上でのサーフィンのトレーニングとして、アメリカで誕生したのが始まりのスケートボード。スケートボードもサーフィンがルーツなのです。

デッキと呼ばれる板に4つの車輪が付いており、体重移動を駆使して楽しみます。スケートボードを楽しむ専用のパークはもちろん、舗装のされた地面であれば基本的にはどこでも楽しむことができます。自分が目指す滑り方に合ったデッキを選び、かっこよさを追求していきます。

スケートボードの魅力

1.いつでもどこでも楽しめる

屋内施設も増えてきており、天候や季節に関係なく楽しむことができます。また、トリックといわれるスケートボードの技を駆使してスタイルを魅せる滑りや、移動手段として滑るなど様々な楽しみ方があります。それぞれの滑り方や楽しみ方に合ったデッキやパーツを選びます。

2.誰でも挑戦しやすい

スケートボードは持ち運びやすく、基本的に場所を選ばずに楽しむことができるため挑戦しやすいことも魅力です。近年では、通常のスケートボードよりも小さくカラーバリエーションの豊富なスケートボード「ペニー」が注目を集め、スケボー女子の人気に火をつけました。性別・年齢問わず楽しめるスポーツです。

【必要な道具】

・デッキ

・ウィール

・トラック

・ベアリング

すでに組み立てられ購入したらそのまま滑ることができる「コンプリートデッキ」があります。初心者の方は、このコンプリートデッキから始めるのがおすすめです。

③ サーフィン

スノーボードやスケートボードのルーツであり、横乗りスポーツの元祖でもあるサーフィンは、3Sの中でも最も歴史が古いスポーツでもあります。サーフボードに乗って沖まで向かい、波が作り出す斜面を、ボードをコントロールしながら滑って楽しみます。

日本では第二次世界大戦後に普及し人気を高めていきました。今では、多くのサーファーがおり、芸能人でも愛好家がいますね。

サーフィンの魅力

1.季節に関係なく楽しめる

夏の海は海水浴客とサーファーで混雑しますが、サーフィンは決して夏だけのスポーツではありません。むしろ海水浴客がいなくなる秋頃がベストシーズンといわれており、冬用のウェットスーツもあるため、冬の海で楽しむサーファーも多くいます。

2.難易度が高いからこその達成感がある

「海」や「波」という自然が相手のため自分のタイミングで行うことは難しいスポーツです。タイミングを見計らって「波に乗る」ことや、ボードに立ってライディングできるまでに3年もの時間がかかるともいわれる、とても難易度の高いスポーツです。

【必要な道具】

・サーフボード

・リーシュコード

・フィン

・ウェットスーツ

・水着

他にもサーフィンの際にあると便利な道具はありますが、最低限用意しておきたい道具です。サーフボードには種類があり、自分のやりたいサーフィンに合ったボードを選びます。

次へ>>これから「横乗り」スポーツを始めるなら・・・?

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事