1. スノーボード バインディングの種類や特徴は?自分に合ったアングルの見つけ方

スノーボード バインディングの種類や特徴は?自分に合ったアングルの見つけ方

スノーボード バインディングの種類や特徴は?自分に合ったアングルの見つけ方

目次

スノーボードのバインディングとは

バインディングとは

バインディングは 【縛る】【束ねる】 という意味を持ちます。スポーツの世界でも、縛る、束ねるといった機能を持つものにこの名前が使われます。スノーボードやスキー以外のもので挙げると、自転車のロードバイクや河川で行うウェイクボードなどで足の固定をする部分をバインディングと呼びます。

スノーボードのバインディング

バインディングとはスノーボードと足を繋ぐためのギアです。スノーボードのバインディングはホールド感は強いですが、足を固定する部位は比較的柔らかく自由に足を動かすことができます。柔らかいとはいえ耐久性は高く、経年劣化など以外でプラスチック部分が割れるようなことはほとんどありません。破損しやすい箇所はバインディング自体ではなく、足をホールドするために使用する 【ラチェット】 【ベルト】 です。この2箇所の部品のプラスチック部分が削れて締め付けられなくなる場合があります。

【バインディング】と【ビンディング】

【バインディング】 【ビンディング】 とも表現されますがどちらも間違いではなく、ドイツ語ではビンディングと言われます。正確には 【ビンドゥング(ビンドゥン)】 と発音します。バインディングは英語で発音もそのまま 【バインディング】 とはっきり発音します。ここでは便宜上スノーボードでよく使われる 【バインディング】 で統一していきます。

フリースタイルとアルペンのバインディングの違い

スノーボードには 【フリースタイルスノーボード】 【アルペンスノーボード】 があります。フリースタイルスノーボードは柔らかい靴のソフトブーツをしっかりホールドする形のバインディングです。それに対してアルペンスノーボードは硬いハードブーツの一部分だけを固定する形のバインディングになります。今回はフリースタイルスノーボードのバインディングに焦点を当てて説明します。

>>フリースタイルスノーボードのバインディングの種類

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>