1. スノーボード スノーボードの遊び方は?雪山でのスノーボードの使い方を説明!

スノーボード スノーボードの遊び方は?雪山でのスノーボードの使い方を説明!

スノーボード スノーボードの遊び方は?雪山でのスノーボードの使い方を説明!

目次

スノーボードの遊び方

スノーボードには様々な遊び方がある

スノーボードはなにも滑るだけではありません。スキー場内のコースの端の盛り上がった地形で板を横にしたり、ちょっとした段差(ギャップ)で飛んで板を回してみたり、楽しみ方は人それぞれ無限大です。スノーボードはスケートボードのようにかなり自由な面があり、毎年様々な遊び方が出てきています。

最初はパウダースノーを滑るために開発されたスノーボードも、現在では手すり状のレールをソールで擦ったり雪で造ったジャンプ台(キッカー)でとんでもない高さまで飛んで技を繰り出したりなど、開発当時は想定もしていなかった使われ方で遊ばれています。今回はそんなスノーボードを使いどんな遊び方があるかをピックアップしてみました。

フリーランで遊ぶ

スキー場内で自由に滑る

フリーランはその名の通り【自由に滑る】ことです。正確には 【フリーライディング】 と呼ばれ、スキー場全体を使い楽しむことの総称でもあります。遊び方としては周りに迷惑をかけず、ルールに法っている限り自分が楽しければどんな遊び方をしてもそれはフリーランです。大きく分ければ後述のグラトリなども入ってきますが、ここではライディング(滑走)を中心に書いていきます。

ターンで遊ぶ

ターンで遊ぶといっても色々あり、例を挙げれば細かくターンしながら滑る 【ショートターン】 やゆったり滑る 【ロングターン】 も遊びの一つになるでしょう。

技の一つともとれる名前の付いたターンもあり、身体を雪面に擦るように滑る 【ビッテリーターン】 や、ここ数年おしゃれターンの代名詞になっている 【リバースターン】 などがそれに当たります。

グラトリの一つになるかもしれませんが 【レイバック】 などもこちらに入るでしょうか。他に挙げるとすればターン中にフェイキーに変える 【スイッチターン】 も遊べるターンの一つでしょう。 【カービングターン】 は後述します。

カービングで遊ぶ

スノーボードのカービングターンとは雪面に一本線を残すようなターンのことを言います。カービングターンのカービングとは 【Carving】 と書き、意味は 【彫刻する】 です。スキー場の圧雪されたコース上に 【彫刻する】 んですね。上手い人になると滑った跡がカミソリで切ったような跡ができます。

カービングターンは 【曲がること】 なのですが非常に技術の奥が深く、『完璧にカービングターンができている』と自分で思っている人はほとんど居ないでしょう。その奥深さにゆえになかなか理想の滑りに到達できないカービングターン技術の上達を楽しむのも一つの遊び方です。

スノーボード カービングとは?基本姿勢やスタンスなどのコツを解説!

地形で遊ぶ

スキー場のコースは様々な【形】があります。コースの端が山の斜面のようになっている 通称【壁】 やあまり圧雪整備がされていない簡易的?なパウダーゾーン、人が滑ったあとがコブのような形になるコースなど様々です。スキー場によってはコース上にウェーブなど簡単な遊べる地形を作るスキー場もあります。

それらの自然、人為的に関わらず形作られた地形を利用し遊ぶのもスノーボードの醍醐味の一つです。壁を利用して 【レイバック】 【180°(半回転)】 などで遊んだり、ウェーブをキッカーとみなしてグラブトリックを披露したりする遊びも 【地形遊び】 ですね。

スノーボード フリーランとは?上達のコツやおすすめの板をご紹介!

グラトリで遊ぶ

グラトリで遊ぶ

グラトリは広めで比較的緩やかなコースで板を利用したジャンプやスピントリックをする遊びです。以前は滑りながら 【180°(半回転)】 程度の遊び方でしたが、年々その技術は向上し現在では 【900°(2回転半)】 回るの人も多いです。

またちょっとしたコースの落差を利用し 【グラウンドフロントフリップ】 などする人も居ます。グラトリはスノーパークなで遊ぶより怪我のリスクが少なく手軽に楽しめる遊びなので現在はスノーボードの人気の遊び方になっています。

スノーボード グラトリとは?板の長さや硬さ、おすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーパークで遊ぶ

スノーパーク

スノーパークは 【パーク】 と呼ばれます。様々なアイテム(キッカーやジブアイテムの総称)が作ってあるスキー場内の一角に作られた 【遊び場】 です。難易度は高く、初心者の人が間違えて入ってしまうと怪我をする可能性が高いものが多く作られているので、以前は専ら中・上級者の人が多く利用していましたが、最近では初心者用のパークなども作られており、誰でも遊べるよう工夫されています。

キッカーで遊ぶ

キッカーは雪で造られたジャンプ台で、アプローチのスピードを利用して空中へ飛ぶアイテムです。飛んでいる間にグラブやスピンなどのトリックを繰り出し遊びます。非常に目立てるので高難易度のトリックや珍しいトリックを繰り出す人は憧れの的になります。スキー場を滑っているお客さんの驚きの声が聞こえると嬉しくなります。また仲間内で今日一番のトリックを決めた人を 【今日のヒーロー】 などと呼んだりもします。

スノーボード キッカーとは?名称やコツなど、おすすめの板もご紹介!

パーク内のジブアイテムで遊ぶ

ジブアイテムを利用して遊ぶのもパーク遊びの一つです。パーク内に埋設してあるアイテムでトリックを繰り出し遊びます。ジブアイテムは総じて 【硬い】 ので、アイテム上に転ぶとものすごく痛いです。ですがその痛みを乗り越えた快感、通称 【やっつけた感】 はとても気持ちが良く、最初は嫌々やっていたけど思わずハマってしまったという人は多いです。

スノーボード ジブとは?種類やコツなど、おすすめの板もご紹介!

ハーフパイプで遊ぶ

ハーフパイプはオリンピック競技にもなっているのでスノーボードを知らない人でも知っている遊びです。通称 【パイプ】 とも呼ばれるハーフパイプを上から下まで滑る間に両側の壁を利用し空中に飛び、数回トリックを出して遊びます。非常に難易度が高く、上手い人ばかりがやっているからパイプに入る敷居も高い高レベルな遊びです。ハーフパイプを最初に入るのは度胸がいりますが、ハーフパイプに対するある程度の常識・知識を知り、ルールを守れば誰からも文句は言われませんので機会があれば是非挑戦してみましょう。パイプを滑っている人達と仲良くなれればすごく面白いし上達も早いです。

スノーボード パークとは?アイテムの種類やおすすめのパーク・板などご紹介!
次へ >> パウダーランで遊ぶ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事