1. サーフィン ドローンでの撮影方法やおすすめのドローンなどご紹介!

サーフィン ドローンでの撮影方法やおすすめのドローンなどご紹介!

サーフィン ドローンでの撮影方法やおすすめのドローンなどご紹介!

目次

メディアではすっかりお馴染みとなった「ドローン」。最近では街でドローンを飛ばし撮影を楽しんでいる方も多く見かけるようになりましたよね。そんなドローンをサーフィンで使うドローンサーフィンは、通常人間が撮ることのできない動きや場所から迫力のある映像が収められるとあって人気を博しています。

自身のかっこいいライディングを仲間にドローンで撮ってもらって映像として後で見返したり保存しておけば、またもう一つサーフィンの楽しみが増えますし、トリックの改善点などが見つかりサーフィンの上達に繋がるかもしれません。逆に仲間のライディングをドローンで撮影して見せてあげれば喜んでくれること間違いなしです!

ここでは、ドローンサーフィンに興味があるけどイマイチまだ馴染みが無いという方のためにドローンの撮影方法やおすすめのドローンをご紹介いたします。

ドローンの基本知識

はじめに、ドローンの基本的な知識から解説します。ドローンとは、遠隔操作や自動操作によって飛行する無人の航空機のことをいいます。主に上空からの撮影や人が簡単に入り込めない場所の撮影、また物資の配達目的として使われています。これからどんどん普及していけばまた違った用途で使われるようになるかもしれません。その都度ドローンを扱う上での法律も変わってくるかもしれないので、ドローンを手に入れたらきちんと規則を理解しておく必要がありますね。

ドローン飛行の規則

災害発生などに応じて細かな規則の追加はありますが、はじめに基本的な規則を承知しておきましょう。

  1. 飛行機が上離陸する空港周辺では飛ばさない
  2. 地上または水上から150m以上飛ばさない
  3. 夜間・暗闇では飛ばさない
  4. 目視できなくなる距離まで飛ばさない
  5. 住宅密集地域で飛ばさない
  6. 第3者や建物から30m未満の距離で飛行させない
  7. イベント会場の上空で飛ばさない

ドローンは見た目以上に重量があります。それが落下して人や建物に損害を負わす事態にならないよう扱いには充分に注意しましょう。

まだまだ規則はありますが、ドローンの魅力と言えばダイナミックで繊細な映像が撮れることです。人間では不可能な角度やスピードで撮影できるドローンを使いこなせてしまえば楽しくて病みつきになるでしょう。

サーフィンのドローン撮影に必要なもの

規則を理解したら早速、サーフィンのドローン撮影に必要なものを揃えましょう。

ドローン

ドローンサーフィンに必要なものは改めて言うまでもないですがドローンですよね。これがなくては始まりませんが、数あるドローンの中でもおすすめのドローンをここでご紹介します。

DJI ドローン PHANTOM 4 PRO

【国内正規品】DJI ドローン PHANTOM 4 PRO+ 2000万画素1インチセンサー 5.5インチ専用ディスプレイ CP.PT.000553
amazonで詳細を見る

DJIのファントム4のドローンは高精細で高性能なのが特徴です。5方向の障害物を自動で回避してくれるので安全性もはるかに優れています。

また、高解像度レンズでライディング中の水しぶきも鮮やかに映し出すため、サーフィンにピッタリなダイナミックな映像を撮影できます。

DJI Mavic Pro 

【国内正規品】DJI Mavic Pro ドローン本体
amazonで詳細を見る

こちらもDJI社からでているドローンです。Mavic ProはPHANTOM4と比べると性能で劣る部分がありますが、一番の特徴はコンパクトで価格もお手頃なのでこちらでも充分かと思います。コンパクトとあったように折り畳み式で持ち運びや収納にとても便利ですし、その見た目とは裏腹に機能はパワフルで申し分ありません。

ワンタップで被写体を自動追尾してくれるから初心者でも操作しやすくなっています。PHANTOMもMavicもそれぞれグレードがあり値段が変わります。値段が安くても充分満足のいく撮影ができるので、自分のお財布と相談して決めても良いかもしれません。

プロペラガード

プロペラガードは安全にドローンを飛行させるためにも持っておいたほうが良いです。特に被写体の上空を撮影するドローンサーフィンでは誤ってライダーに接触するアクシデント発生の確率がは0%とは言えません。機種専用のプロペラガードがありますが、どれも一つ2000円前後で購入できます。

DJI PHANTOM 4 PROシリーズ申請用プロペラガード

DJI Phantom 4 Proシリーズ申請用プロペラガード CP.PT.00000279.01
amazonで詳細を見る

購入する際は機種に気を付けて購入しましょう。

バッテリー

Powerextra DJI ドローン用バッテリー DJI Mavic Proバッテリー Mavic Pro Platinum ドローン専用バッテリー インテリジェントフライトバッテリー Mavic Pro対応
amazonで詳細を見る

バッテリーは予備に2つ用意いておくと便利です。PHANTOM4シリーズだと最大で28分ほどのホバリング(空中で静止すること)時間があります。しかも無風という条件に限ります。サーフィンで絶好な波が得られるのに無風である条件は極めて難しいので、実質28分もバッテリーがもたないものだと考えたほうが良いです。

せっかくの絶好のタイミングで途中で撮影できなかったなんてことが起こらないようにもう一つバッテリーを常備しておきましょう。

クーラーボックス

クーラーボックスが何の役に立つの?と思いますが気温が高い時期や場所では必需品となります。スマホやパソコンと同様にドローンはバッテリー式の機器です。温度が上がれば使用不可になってしまいます。また高機能なドローンだと自己防衛のように自動で運動を停止してしまいます。そこで、バッテリーなどの温度を保つためにクーラーボックスが活躍するのです。

サングラス

太陽が出ている時間帯での撮影はサングラスを忘れずにかけるようにしましょう。眩しさが撮影の妨げに鳴る他、ドローンを見失ってしまうと事故にも繋がります。サングラスはうっかり忘れやすいものなので気を付けましょう。

次へ >> ドローンの撮影方法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事