1. スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

目次

8月も終わり秋を迎え、いよいよスノーボードシーズンに向けて本格的に準備が始まります。スノーボード初挑戦で道具を揃えるという方、板を新調するという方もいらっしゃるのではないでしょうか。スノーボードの相棒となる新しい板を購入したら、やっておきたいメンテナンス・お手入れがあることをご存知でしたか?この購入後に行うメンテナンスの一つ「ダリング」について解説してまいります。

ダリングとは?

板にある余分なエッジを削る作業のことです。

エッジが尖りすぎていたり余分な部分が尖っていると、エッジを雪面に引っ掛けて板を操作する時に、板のコントロールが難しくなり転倒しやすくなります。

メンテナンスなどの作業に慣れていない方にとっては、エッジを調整しながら削るという作業は難しいことですが、実際の滑走でほとんど使用しないノーズとテール部分のエッジの角を丸くする作業は必ず必要となります。ノーズとテール部分のエッジが尖ったままだと、転倒した時や周りの人と接触してしまった時に、けがや板の破損に繋がるなど危険なためです。

ノーズとテールは、ほぼ使用されない部分のため気軽に自分で行うことができます。

>>削る部分「エッジ」とは?

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>