1. スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

スノーボード ダリングとは?やり方や範囲、必要な道具など解説!

ダリングを行う部分とは?

エッジの不要部分となる、ノーズとテールのダリングが必要ということを始めにお伝えしました。では実際に、ノーズとテールのどこをダリングすると良いのかを見ていきます。

板の形状についてご紹介しましたが、それぞれの形によって、雪面と触れる部分である接雪点が異なり、この部分がポイントとなります。

【ダリング部分の印付け方法】

ダリング部分を把握するために、印をつけていきます。

  1. 平らな床などに板を置きます。
  2. 床に接した部分が接雪点です。床に接し板が反り上がり始める部分にテープやペンで印をつけます。2で印をつけた部分から先端に向かって1cmの場所に印をつけます。
  3. 4. ノーズ・テール、2ヶ所ずつ印をつけます。
  4. 5. 2でつけた印の間のエッジがダリングを行う部分になります。
>>ダリングのやり方

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>