1. スノーボード キャリアとは?積み方や取り付け方など、おすすめのアイテムもご紹介!

スノーボード キャリアとは?積み方や取り付け方など、おすすめのアイテムもご紹介!

スノーボード キャリアとは?積み方や取り付け方など、おすすめのアイテムもご紹介!

目次

スノーボードに普段から行っている人ならほとんどの人がつけているのではないかと思われるキャリアですが、これから「スノーボードをやってみようかな?」と考えている人はまだキャリアをつけていない人がほとんどだと思います。キャリアを取り付けていない場合、もちろんカーゴルーム(荷室)にスノーボードを積むことになると思いますが、相当幅を取りますし、何より大人数で車に乗るとまずボードを積み込むこと自体不可能だったりします。

そこで今回はこれからルーフにキャリアを取り付ける人、または、もうキャリアを取り付けてから何年も経つし、そろそろ付け替えてみようかなといった人に向けて、キャリアの積み方や取り付け方、またオススメのキャリアなどをご紹介します!キャリアがあれば、ボードを簡単に積み込めるので一気にスノーボードに行く面倒くささが解消するので、是非参考にして見てくださいね!

そもそもキャリアって何?

キャリアといっても様々な種類があるのですが、どのタイプのキャリアにも共通して取り付けなければいけないのが、ルーフキャリアです。ルーフキャリアはベースキャリアとも呼ばれており、車の上に荷物を置くための土台となるものです。ルーフキャリアの上にどんなものを乗せるのかは人それぞれですが、サーフィンをする人はサーフキャリア、自転車を載せたい人はサイクルキャリアなどその用途によって設置するキャリアは様々です。

スノーボードキャリアの構造や種類

スノーボードに関しては「ルーフボックス」、「スノーキャリア」の2タイプがあります。

では実際にこの2タイプにはどんな違いがあって、どのようなメリットがあるのか実際に見て行きましょう!

・ルーフボックス

PIAA TERZO ルーフボックス エアロクロスライダー185 ブラック EA163CBX
amazonで詳細を見る

ルーフボックスは一番よく見かけるタイプのキャリアです。

外から見ると、一見あまり容量が無さそうに思えますが、ボックスの中を見て見ると意外とその容量の大きさに驚く人も多いかと思われます。メリットとしては、スノーボード板以外も入る点です。スキー板、サーフボード、スノーボードなどほぼなんでも入れることができるので、色々なアクティビティに挑戦したい人はこれがいいかもしれません。また、ベビーカーやアウトドア用品なども入るので、よく家族や友人で旅に出る人にとっては大活躍すること間違いなしです!

ただスノーキャリアと比べて、値段が高い点がデメリットです。また、ルーフボックスを設置する場合はルーフレールを設置する必要があるため、プラスで2〜3万円ほどかかってしまいます。

・スノーキャリア

THULE スーリー スキー&スノーボードキャリア スノーパック SnowPack 7324 スキー4セット TH7324
amazonで詳細を見る

こちらはスノーボード専用のキャリアです。こちらはどのメーカーもおよそスノーボード四枚分くらいは乗せられるので、四人乗りのSUVなどで乗っていく時にはとてもいいと思います。また、ルーフボックスと違う点はしっかり固定されているので、板が傷つく可能性も少ないです。また、前述したようにルーフボックスよりも取り付けるのに値段がかかりません。ルーフレールを設置する必要もありませんし、高いものでも4万ほどで、普通の値段でも1.5〜3万円ほどなので比較的リーズナブルです。

デメリットとしては、板しか積めないという点です。しかもあくまでスノーボード用なので夏場は全く機能しません。それに加えて、しっかりと固定されているため摩擦によって傷つく心配はありませんが、むきだしの状態で運ぶので、常にホコリや排気ガスに晒されることになり、板が汚れてしまうのがデメリットです。

このように、2点ともメリット・デメリットがあるので、自分に合っている方を取り付けるのがいいと思います。高くても設置するなら色々なものを乗せられる万能なものを選びたい!という方はルーフボックスを。スノーボードを乗せる場合しか使わないし、安く抑えたい!という方はスノーキャリアを取り付けたほうがいいかもしれません。

キャリアの取り付け方

「キャリアなんて自分で取り付けられるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。実は簡単な工具さえあればすごく簡単に取り付けることができてしまうんです!手順としては、

ベースキャリアを取り付ける

ベースキャリアは主に土台となる「フット」、アタッチメントとの接合部分にもなる「バー」、これら二つを車体に固定する「フック」を組み立てます。

アタッチメント(ルーフボックスorスノーキャリア)を取り付ける

説明書に従って丁寧に取り付けます。となっていて、ほとんど説明書に書いてあるようなので、そのまま取り付ければOKです。

キャリア自体はネットで買うのもOKですし、店舗に直接行って買うこともできます。買ってきたキャリアを、説明書を読みながら取り付け作業をすればだいたい約1時間で取り付けることが可能です。ただ、自分でやるのは不安だと思っている方はしっかりとお店に行ってつけてもらいましょう。車用品店に部品を持って行けばだいたい2〜3千円でつけてくれます。(店舗によっては購入時にお願いすると無料でやってくれるところもあるようです。)

慣れてしまうと意外と簡単にできてしまうので、普段から日曜大工やDIYなどをやっていて自信がある方はぜひやってみてください。

キャリアを選ぶときの注意点は?設置後の気をつけること

キャリアを選ぶときの注意点としては、あまりに安いものを買ってしまうとキャリアの高さが高すぎたりすることがあります。キャリアの高さが高すぎると何が起こるかというと、立体駐車場の入り口に入れなかったりする場合があります。

また、設置の際や、設置後に気をつけたいこととしてはしっかりと固定されているかという問題です。キャリアはあくまでも車体の外についており、高速道路を走るときなどは、重いスノーボードを何時間も100km以上のスピードで走ることもあるので、もし、しっかりと固定されていない場合キャリアごと飛んでいってしまったらとんでもない事故につながりかねません。

防止策としては、まず設置直後にしっかり取り付けられているか、ナットが緩んでいないか確認し、定期的にそういったチェックをすることも大事になってくると思います。

キャリアを取り付けるならこれ!おすすめのキャリアブランド3選!

さて、どんなキャリアがおすすめなのかについてですが、日本では主に以下の三つのブランドがルーフキャリアを販売しています。人によって好みは異なるので、気に入ったものを選びましょう!

INNO(イノー)

カーメイト ルーフキャリア inno スキースノーボード専用キャリア デュアルアングル ルーフレール専用 ブラック/シルバー RH728
amazonで詳細を見る

INNO(イノー)は海外でも有名なブランドで、アメリカをはじめヨーロッパでも広く展開していて信頼のあるブランドです。

次へ >> THULE(スーリー)

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事