1. スノーボード カービングとは?基本姿勢やスタンスなどのコツを解説!

スノーボード カービングとは?基本姿勢やスタンスなどのコツを解説!

スノーボード カービングとは?基本姿勢やスタンスなどのコツを解説!

目次

ターンはスノーボード初心者の乗り越えなくてはいけない最初の難関ではないでしょうか。

スノーボードを初めてした人でも、一日でターンができる人もいればスノーボードを始めて数回目でやっとできるようになる人もいます。ターンができればスノーボードをやっている!という感覚が得られるのでここからさらにスノーボードを楽しく感じるはずです。

そして、初級から中級、上級のどんな場所でもターンができるようになれば次に挑戦したくなるのはカービングターンではないでしょうか。カービングターンができればもはや上級者の仲間入りで、ゲレンデであの人うまいと思われること間違いありません。

見た目もカッコいいカービングターンは、これからいろんな技術を習得するためにも大切な技なのでマスターしておきましょう。

カービングターンの基本

カービングターンはエッジに角度をつけながら操作し、雪の上を切り裂くように滑るわざです。他のターンと比べると、雪にはカービングターンによって細く切り裂かれた跡ができるのが特徴です。

この切り裂くイメージから英語で「彫る」という意味の「Carving」が付けられています。「曲がる」という意味の「Curve」だと勘違いされやすいですが、正しくは「彫る」という意味です。

カービングターンの基本姿勢

初めてターンに挑戦しようとした時、スピードがでるのが怖くて膝がガチガチになってしまいませんでしたか?膝がかたくなるとスムーズなターンができなくて逆エッジした経験がある人も少なくないはずです。普通のターンでもカービングターンでも、まずは膝を柔軟にさせましょう。

そして、上半身の姿勢も注意が必要です。スピードの恐怖は脚腰に出てしまいます。腰が反ってしまったり背中を丸めて猫背になってしまうとスムーズなターンには繋がりません。

  • 膝は柔軟にする
  • 腰は反らさず背筋をまっすぐする
  • 上半身は少し進行方向に向ける
  • 腰を落とす

足首の動かし方

スノーボードにはつま先を立てるトゥサイドと、かかとを立てるヒールサイドがあります。カービングターンでは、この2つの姿勢を最大限に使うといってもいいほど大切になります。

なぜならエッジにしっかりと角度を付けることがカービングターンには欠かせないからです。

トゥサイドのコツ

まず、トゥサイドの姿勢になる時は背中を丸めないように注意してください。体幹を意識して膝をちゃんと曲げますが、この時スネが雪面に向かって真下に向かうような姿勢を取ります。

ヒールサイド

スノーボードを始めた時に一番違和感を覚えるヒールサイドでの立ち方は、傾斜になっている雪の上では極めて基本的な姿勢になります。

カービングターンでは、エッジに角度を効かせるためにつま先をグーっと上に向けるように意識しましょう。

そして、ここでも腰を丸めてお尻が後ろに突き出してしまわないように注意してください。

カービングターンのコツ

雪面にしっかりエッジを食い込ませる

彫るという意味もあるほどなので、まず一つ目のコツはエッジを彫るように深く雪に食い込ませることです。そうするためにも足首、膝の使い方、体重の乗せ方がカービングターンでは重要になります。

体重をグッと乗せて膝をしっかりと曲げることで無駄のないキレイな線が雪面にできます。

エッジの切り替えを素早くする

カービングターンをすると雪面に細いターンの跡ができますが、エッジの切り替えを素早く行わないとこの跡は太くなってしまいます。線の跡が太いとその分加速をロスしていることになるので、キレのあるターンで加速をつけたい場合は膝をうまく使う必要があります。

膝をうまく使うと言ってもピンとこないかもしれません。では、体重の加え方に注目してみましょう。カービングターンでは思いっきり加重をしてエッジを食い込ませることが大切だと先述しましたが、切り替えの時は一瞬だけ加重を開放してあげてみてください。グーっと体重をかけていたのを、まるでバネが跳ね返るかのようにフッと放します。そしてまた体重をすぐに加えてください。

このように、体重のかけ方を意識すれば切り替え時に無駄な動きをすることが少なくなるはずです。

次へ >> 加重と脱力を交互に行う

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事