1. サーフィン 立ち方とは?正しい立ち方とそのコツを徹底解説!

サーフィン 立ち方とは?正しい立ち方とそのコツを徹底解説!

サーフィン 立ち方とは?正しい立ち方とそのコツを徹底解説!

目次

サーフィンをするにあたり、ボードの上に安定して立てるようになることは、今後いろんな技を挑戦するにあたってすごく重要な要素です。サーフィンを初めてパドリングがしっかりできるようになったら、次の段階正しい姿勢で重心のバランス整えながらサーフボードに立てるようになっておくことが望ましいです。

今回は、サーフィン に置いての正しい立ち方、波に乗ってからサーフボードの上に立ちあがり、安定して立ったままの状態をキープする方法とそのコツをご紹介。なかなか上手く立ち上がることが上手くいかず悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

サーフィンの立ち方

ここからは、サーフボードへの立ち方から安定して立つ基本の姿勢の解説をしていきます。

  1. パドリングから立つ直前まで
  2. 重心をキープして立ち上がる動作に入る
  3. 正しい立ち方で、姿勢をキープ

1. パドリングから立つ直前まで

まず、パドリングで波にボードを走らせます。勢いに乗ったら、胸両端あたりに手をあてます。その後、手を上に伸ばし腕立て伏せのような体制に。この時目線は前を向くようにしましょう。

この体勢ができたら腰を横向きに変えながら、足を前に持っていきます。胸に膝がくっついていて、腰は横、上半身は前に向いてしゃがんでいるような状態です。また、この時ボードの中心に体を置いているように注意しましょう。

サーフィン パドリング上達のコツとは?!姿勢や乗る位置など解説!

2. 重心をキープして立ち上がる動作に入る

この後にボードの上に立つ動きに入っていきます。膝を曲げて、腰を落としながら前足に力を入れて立ち上がります。前足はボードの中心の少し前に置き、低い姿勢をキープ。

この時前足に体重を加えないと進んでいかないので注意。立ち上がりはじめててからここまでの一連の動きの中で重心は一定のままにしていくと素早くスムーズに立ち上がれます。

3. 正しい立ち方で、姿勢をキープ

立ち上がりから、体がバランスを崩さないように姿勢をキープするところまでをここでは説明しますt。まずは下半身の立ち方を説明します。後ろ足全体に力を入れ、後ろ足の足首と膝を内側に入れていきましょう。その後前足も内側に入れ、足の向きが八の字のようになります。この状態の時足でしっかりボードを踏ん張って抑えているような感覚が伝わってきますでしょうか。下半身はこの状態になっていることを意識してしてください。

次に上半身ですが、下半身は八の字の形で横を向いている状態で、上半身を正面に向けていきます。腰で上半身をひねっているような姿勢になるイメージです。この時に後ろ足と同じ向きにある手を前に持っていくと腰を上手くひねる体勢にできます。このあとは、後ろ足を軸にボードのコントロールを行なっていきましょう。この状態にまでできるようになればしっかりとボードの上に立って、バランスをよく進んでいけます。

立ち方のコツ

あらかじめ波の勢いにしっかりと乗ること

安定して立てるようになるには、そもそもでパドリングで波に乗っておくことが重要です。波にボードを走らせることができていないと、勢いに乗れず波に置いていかれてしまいます。波と同じくらいの勢いで乗ることを意識してみましょう。

立ち上がる際の手の位置に気をつける

立ち上がるにあたって、はじめに一度腕立て伏せのような体勢になります。この時の手の位置の置き方に注意しましょう。手を胸の両端あたりに置きましょう。手の位置が上すぎると前に上手くたてないですし、胸より後ろの位置におくと力がはいりません。また、左右の手の位置がバラバラだと立ち上がる時にバランスを崩してしまうので、左右対称の位置に手を置くことを意識してください。そのほか、ボードの端、レールなどを持ってしまうと滑りやすくなるので頭に入れておきましょう。

視線は上に向けておく

初めのうちは慣れていないと、下を見てしまいがちになります。ただ、下を向いているとパーリング(ノーズ部分が波に刺さってしまう状態)になり転んでしまいます。上手に立ち上がる為にも目線は常に進行方向を見るようにしましょう。だいたい進む先の5mから10m先あたりを見て置くのがベターです。いきなり前を見ようとすると、足がぶらついてバランスを崩してしまいそうにはなります。ですが、少しずつ前を見ることを意識して乗っていくうちにだんだんと視線を向けるのにも慣れていきますよ。まずは、恐れずに視線を上に向けましょう。

膝は曲げた状態をキープする

上手にボードに乗るには、膝を使っ体勢を安定させることが大切です。膝を曲げて置くことで波の変化にも対応できるようになります。また、膝を曲げるとバランスを崩しやすくなるので、その際は両手をあげたり、上半身が前のめりにならないようにしたりして安定させましょう。プロのサーファーなどボードに立つのが上手い方は膝の使い方が上手なので、注目して見てみましょう。

次へ  >> 腰をしっかりひねる(横に向ける)

おすすめ記事