1. パルクール ヴォルトとは?コツややり方、練習方法などを解説!

パルクール ヴォルトとは?コツややり方、練習方法などを解説!

パルクール ヴォルトとは?コツややり方、練習方法などを解説!

ヴォルトのやり方

ここでは、いろいろな種類の「ヴォルト」を解説します。

ステップヴォルト

「ステップヴォルト」は片足で障害物に登り、もう一方の足で障害物越える「ヴォルト」の基本的な技です。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 片足を障害物にのせる
  4. のせた逆側の手も障害物にのせる
  5. 障害物のった足と手の間から別の足(踏み込みに使った足を)通して着地

助走とって右足で踏み込む場合で説明をすると、右足で大きく踏み込み左足をあげて、障害物に向かって飛びます。障害物の上にまずは左足を着地。その後右手を障害物にのせます。左足と右手の間から右足を前にだし、障害物の前に左足から着地したら成功です。

セーフティーヴォルト

「セーフティヴォルト」は、「ステップヴォルト」と一連の流れは似ており、異なる点としては、障害物にまずは「手」から乗せていくところです。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 片手を障害物にのせる
  4. のせた逆側の足も障害物にのせる
  5. 障害物のった足と手の間から別の足(踏み込みに使った足を)通して着地

右足で踏み込みを行う場合には、踏み込んだ後に、まずを右手障害物にのせます。その後左足をのせ、右手と左足の間に右足を通して右足から着地します。

モンキーヴォルト

「モンキーヴォルト」は手を先に乗せてからその後に足を乗せて飛び越える技です。技の流れとしては体育の跳び箱をする時の動きと似ています。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 両手を障害物にのせる
  4. 両手の間に足を通す
  5. 両足で着地

跳び箱の踏み込みとは異なり、片足で踏み込みをしましょう。両足で踏み込みをしてしまうと、助走の時につけた勢いを殺してしまいます。また、両足は障害物を乗り越える際にできるだけコンパクトに、膝を胸につけるような形で乗り越えます。飛び越える際の視線は下を見ないようにしましょう。

コングヴォルト

「コングヴォルト」は、動きとしては「モンキーヴォルト」とほとんど同じです。違う点は、「コングヴォルト」は、障害物の遠いところに手をつき飛び越えていきます。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 手を伸ばし、両手を障害物にのせる
  4. 両手の間に足を通す
  5. 両足で着地

飛び越える時に、両手を伸ばして障害物のできるだけ遠いところに手をつきます。飛んでいる時は、体が伸びているので手をつく際にバランスを崩さないように注意しましょう。

ダブルコングヴォルト

「コングヴォルト」の応用技なのが「ダブルコングヴォルト」です。「コングヴォルト」で手をついた時に手でもう一度前に押し出し、合計2回障害物の上で手をつきます。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 手を伸ばし、両手を障害物にのせる
  4. のせた手を押し出しもう一度手をつく
  5. 両手の間に足を通す
  6. 両足で着地

1回目に手を障害物についたあとに体を少し斜めに(上半身を少し下)にすると、2回目も障害物の上につきやすいです。1回目で障害物に手をつく際に思いっきり前に力を押しましょう。

ダッシュヴォルト

「ダッシュヴォルト」は足から先へ飛び越えていく技です。障害物の手の着く位置がわからなかったりした時に行う技です。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 片足をあげて先に障害物を越える
  4. 空中で両足を揃える
  5. 障害物を両手でついてプッシュ
  6. 両足で着地

空中で足を揃えようとすると、体が斜めになるので、最後に両手で障害物をプッシュして嫡子してください。

カッシュヴォルト

「カッシュヴォルト」は「モンキーヴォルト」の動きで障害物に入り、「ダッシュヴォルト」の動きで着地する技です。少し障害物の幅が広い時にこの技を行うのがオススメです。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 両手をつく
  4. 両手の間に足を通して障害物を越える
  5. 再度両手を障害物をついてプッシュ
  6. 片手or両足で着地

踏み込んだ後に、手から入り両足を通して飛びます。障害物を足が越えたあとに再度手をつき体全体を前に押して着地します。手でしっかりと体の重心を支えることを意識してください。

スピードヴォルト

「スピードヴォルト」は「ヴォルト」の中でも早く移動ができる技です。非常にシンプルな技ですが難易度は高いです。

  1. 助走をとる
  2. 片足で踏み込む
  3. 足と同じ方の手を障害物にのせる
  4. 踏み込んだ足から障害物へ着地

例えば左足で踏み込む場合は、左を障害物に乗せて、左足から着地します。障害物を飛び越えている時は体は横に倒すことを意識してください。そうすることで、スピードを殺さずに滑らかに技を決められますよ。

レイジーヴォルト

「レイジーヴォルト」は障害物に対して横向き、腰から飛び越えて行くイメージで行う「ヴォルト」です。若干難易度が高い技となっています。

  1. 助走をとる
  2. 障害物から遠い足を前につけると同時に障害物に近い手を障害物にのせる
  3. 手を軸に、障害物に近い足を振り上げる
  4. 振り上げた足から前で着地

障害物に対して左足が内側にある場合、助走から右足を前におき、それと同時で左手を障害物に乗せます。左手に体重が乗ったら左足を振り上げるイメージで障害物を越えます。その勢いで右足も乗り越え、左足から着地します。両足が障害物を越えたら左手を離し、右手を障害物にのせることで、バランスよく着地することもできます。

シーフヴォルト

「シーフヴォルト」は「レイジーヴォルト」と同様に横から障害物を越えて行く技です。「レイジーヴォルト」は障害物から内側の足を先にあげて飛んでいましたが、「シーフヴォルト」は障害物から遠い外の足から巻き上げるように飛び越えていきます。

  1. 助走をとる
  2. 障害物から近い足を前につける
  3. 手を軸に、障害物に遠い足を振り上げると同時に障害物に近い手を障害物にのせる
  4. 振り上げた足から前で着地

障害物に対して左足が内側にある場合、まず左足を前にだし踏み込みます。右足を振り上げその時に左手を障害物にのせます。右足から障害物を越えて、後から左足も上げます。「レイジーヴォルト」の時と同じく、両足が障害物を越えた後、左手を離し、右手を障害物にのせると、うまく着地ができます。

>>パルクール ヴォルトのコツ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>