1. パルクールで鬼ごっこをする「Chase Tag(チェイスタグ) 」って? ルールや歴史をご紹介

パルクールで鬼ごっこをする「Chase Tag(チェイスタグ) 」って? ルールや歴史をご紹介

パルクールで鬼ごっこをする「Chase Tag(チェイスタグ) 」って? ルールや歴史をご紹介

目次

街中で障害物をアクロバティックに飛び越えたり、手だけを使って建物によじ登ったりするパルクール。近年非常に話題になっていますよね。そんなパルクールの仲間で、パルクールをしながら鬼ごっこをする競技が存在するのをご存知ですか?

この競技は「Chase Tag(チェイスタグ)」と呼ばれるもので、パルクールとともに世間の認知度も上がってきています。その人気から、世界大会まで開催されているんです!今回はそんな「Chase Tag(チェイスタグ)」について、その歴史やルールなどについて詳しくご紹介していきます。

そもそもチェイスタグってどんな競技?

ではそもそもチェイスタグとはどんな競技なのでしょうか。日本でその存在が広く知られるようになったのは、今年(2018年)の元旦に放送されたテレビ番組がきっかけのようです。日本のパルクールチームが世界のチェイスタグチームと対決する様子が放映され、その人間離れした動きが話題になりました。

チェイスタグはパルクールから派生した競技で、簡単にいうと大人版鬼ごっこのようなものです。みなさんも一度は鬼ごっこで遊んだ経験があると思いますが、鬼ごっこって、何も障害物がないまっさらな平地でやるよりも障害物を利用したほうが逃げる側としては逃げやすいですよね。それと同様に、チェイスタグでは、人工的に作られた障害物を駆使して限られたスペースの中で逃げる人と、それを追いかけて捕まえる鬼役の人に分かれてプレイします。

チェイスタグを見たことのない人は「それって面白いの?」と思うかもしれませんが、実際に見てみると、ハイレベルな身のこなしに見入ってしまいますよ。

チェイスタグの歴史は?

では、チェイスタグは一体いつから始まった競技なのでしょうか。多くのスポーツは意外と誰が最初に始めたかなどの出自が明らかにされていないものが多いのですが、チェイスタグは誰が最初に作ったのかがはっきりとしています。最初にチェイスタグを考案したのは、イギリスのクリスチャン&ダミアン兄弟であるといわれています。

彼らは数年前に自宅のベンチやブロック、ゴミ箱などの身近なものを障害物として置き、限られたスペースで行う鬼ごっこをして遊んでいました。考案してからしばらくはただの遊びとして楽しんでいるだけだったのですが、彼らはある時「これを本格的なスポーツとして行ったら面白いのではないか?」と考え、競技として広めるための普及活動を行い始めたのです。

彼らは本土のイギリスから活動を始めて、ヨーロッパやアジア、日本にも足を運びました。その結果、2017年にはついにワールドチェイスタグとして世界大会をロンドンで開催するまで競技者を増やすことに成功したのです。単なる障害物を用いた鬼ごっこして遊んでいただけだったものが、クリスチャン&ダミアン兄弟の地道な普及活動の結果、しっかりとスポーツとして人々に認知され、競技として世界大会が行われるまでに成長したのです。

次へ>>チェイスタグの専門用語や詳しいルール

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事