1. ボルダリング マットは何がいい?選び方とおすすめのマットをご紹介!

ボルダリング マットは何がいい?選び方とおすすめのマットをご紹介!

ボルダリング マットは何がいい?選び方とおすすめのマットをご紹介!

おすすめのマット

機能、価格、購入のしやすさを元にX‐PLAY編集部がおすすめするボルダリングマットをご紹介します。

BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド)ドロップゾーン

BLACKDIAMOND ドロップゾーン
BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド) ドロップゾーン BD18012 ウルトラブルー
amazonで詳細を見る

ブラックダイヤモンドは信頼性の高い登山用品を製造するアメリカを代表するブランドです。当然ボルダリング用品も販売しており、クライミングシューズも取り扱っています。

そんなブラックダイヤモンドから販売されているボルダリングマットがコチラのドロップゾーンです。折り目の無いタコスタイルのマットでクッション性も高く、持ち運びに丁度いいサイズに収められています。

BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド)インパクト

BLACKDIAMOND インパクト
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)インパクト サルファー
amazonで詳細を見る

1つ上で解説したブラックダイヤモンドのドロップゾーンをヒンジタイプにして持ち運びしやすくしたのがこちらのインパクトです。

両者ともにリーズナブルなのに信頼性のあるブランドということで大人気です。

どちらも日本国内でも簡単に購入できる点もポイントが高いですね。

タコスタイルが欲しければドロップゾーン、ヒンジタイプがよければインパクト。初めはこのどちらかを購入すれば間違いありません。

マウンテンダックス(mountain dax) ゴレイロトリプル2

マウンテンダックス
マウンテンダックス(mountain dax) ゴレイロトリプル2(オレンジ×グレー) オレンジ×グレー 01 CG43313
amazonで詳細を見る

こちらはヒンジタイプで収納性を高めつつ、3つに展開し幅広く着地地点をカバーしてくれるボルダリングマットです。横にムーヴがするコースを上るならこちらのタイプがおすすめです。

>>ボルダリングマットまとめ

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>