1. ボルダリングの服装って?初心者にもおすすめな服装をご紹介!

ボルダリングの服装って?初心者にもおすすめな服装をご紹介!

ボルダリングの服装って?初心者にもおすすめな服装をご紹介!

目次

2020年の東京オリンピックの追加種目にも採用され、テレビでも見かける機会が増えたボルダリング。その影響もあってか、ボルダリングを始める人が増えています。そして、これから始めてみたいという方もいらっしゃるかと思います。でもそもそも、ボルダリングは何を着ればいいのか、クライミングウェアを持っていないけど買うべきなのか・・・ボルダリングの服装に悩んでいるそんな方に、ボルダリングに最適な服装をご紹介していきます。

ボルダリングに必要なものとは?

ボルダリングは自分の体を駆使して、壁にあるホールドと呼ばれる石を登っていく競技です。そのため、揃えなければならないアイテムは多くありません。

【ウェア・パンツ】【靴下】【シューズ】【チョーク】この5つが揃えば、ボルタリングをいつでも始めることができます。シューズとチョークはジムで借りることができ、マイシューズを用意していなくても楽しむことができます。

一番困るのはやはり服装です。

どんな服装がボルタリングに適しているのか、みていきます。

どんな服装を用意する?

ウェアもパンツも靴下も、スポーツができるものであれば、基本的には何でも大丈夫だとされています。そのため、家にあるもので間に合わせやすいかと思いますが、その時は汚れても良いものを選びます。

ですが、やはりボルダリングに向いているもの・向いていないものがあるので、服装で気を付けておきたいことを詳しく見ていきます。

ウェア・パンツ

① 柔らかくて伸縮性のある素材

ウェアとパンツ共に、腕や足が動きやすく上げやすいことが大切です。そのため、柔らかく伸縮性のある素材であることが好ましいです。クライミングウェアは、ポリエステルやコットンと言った柔らかな素材を使っていることがほとんどなので、新たに購入するという方はクライミングウェアで揃えると良いです。

② 破れにくいしっかりとした素材【パンツ】

服装の中でも大事なのがパンツです。足を広げたり伸ばす動作が多いので伸縮性も大事なポイントですが、しっかりとした生地で破れにくいものがおすすめです。今では、クライミング用のパンツには、股下にマチが付いたようなデザインもあるので、慣れてきたら専用のパンツに変えてみても良いですね。

また伸縮性のあるデニムもありデニムで楽しんでいる方もいますが、厚めのデニムやスキニーなど足の動きの範囲が狭くなってしまうものはおすすめできません。

③ 速乾性のあるもの

クライミングウェアであれば高い速乾性に期待できますが、普段着るようなTシャツの場合には、素材の確認が必要です。特に綿100%の生地などは、速乾性に乏しく汗をかいても乾かず肌に張り付いてしまうなど、快適な状態とは言えません。家にあるTシャツを使用する場合には、素材を確認して選ぶと良いです。

④ サイズ感

特に慣れない間は、ホールドでぶつけて擦りむいたりとけがをしやすいです。そのため、あまり丈の短いウェアやパンツはおすすめできません。特に短い丈のパンツを履く場合には、レギンスやスポーツタイツを着用することがおすすめです。

またボルタリングは、高い場所に向かって登っていきます。そのため、ゆるくて大き目のサイズや丈の短いウェアやパンツを着用していると、下着などが見えてしまいます。ゆったりとしたサイズのウェアを着用する場合には、その下にフィットしたタックトップを着用するなど見えないようにする工夫も必要です。タイトなサイズでも体にフィットし過ぎて動きにくいので、自分に合ったサイズ感と着方で楽しみます。

靴下

裸足でシューズを履くことは蒸れて衛生的には良くありません。特にレンタルの場合には、その後に使用する方のことも考えて靴下を持参することは必須です。ボルダリングで使用するシューズは、普段履くシューズよりも小さいサイズを履くことが基本です。そのため、薄い素材の靴下を用意し履くことをおすすめします。

おすすめのウェア・パンツブランドをご紹介!

ウェア

【選び方ポイント】

体をホールドにぶつけて擦りむいたり、打撲をするなどけがをすることがあるので、特に女性はあまり肌を露出した服装でないことがおすすめです。そのため半袖だけでなく、長袖や7分袖など袖のあるものも用意しても良いですね。

MAMMUT(マムート)

MAMMUT
(マムート) MAMMUT アウトドア 長袖シャツ COMFORT 4S Zip Longsleeve 1041-09170 [レディース] 1041-09170 5977 athlantic-light pacific M
amazonで詳細を見る

150年以上の歴史があるブランドで、スイスで誕生したアルパイン・クライミング用品メーカーです。コットンとポリエステルの混紡素材で肌触りが良く、吸水性、速乾性に優れた生地には多くのファンがいます。程よいフィット感で、ボルタリングやクライミングなどのアクティビティだけでなく、普段着としても活躍できます。

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)

THE NORTH FACE
[ザ・ノース・フェイス]フェイドカモフラージュロゴティー Fade Camouflage Logo Tee メンズ ホワイト 日本 M (日本サイズM相当)
amazonで詳細を見る

今や誰もが知る、アメリカのアウトドアブランドです。シンプルなロゴデザインでデイリーファッションとしても人気の高いブランドですが、アウトドアブランドならではの機能性の高さから世界中から支持を受けています。デザインはもちろんですが、Tシャツの形も豊富なので、シーンに合わせて揃えても良いですね。

パンツ

【選び方ポイント】

伸縮性がありつつ丈夫な生地のものがおすすめです。ハーフパンツやショートパンツも着用して問題はありませんが、けがをすることを考えると長めのパンツが良いです。ハーフパンツやショートパンツの場合には、レギンスやタイツを合わせるのがおすすめです。

GRAMICCI(グラミチ)

GRAMICCI
[グラミチ]G-SHORTS  メンズ COYOTE 日本 L-(日本サイズL相当)
amazonで詳細を見る

カルフォルニアで誕生したブランドで、クライミングパンツ発祥のブランドとされています。デイリーアパレルも充実したラインナップで、ファッション性の高いブランドでもあります。クライミングパンツは、機能性や動きやすさはもちろんですが、カラーバリエーションも豊富で、フェスなど様々なシーンでも活躍します。

MOON(ムーン)

イギリスのクライマー、ベン・ムーンによって生まれたクライミングウェアブランドです。クライマーによって生まれたブランドであることもあり、世界中のクライマーから支持されているブランドでもあります。軽くて動きやすいパンツには定評があり、長い間世界中で愛されています。

タイツ

【選び方ポイント】

タイツやレギンスは、クライミング用やスポーツ用であれば問題はありません。普段のファッションで取り入れるようなタイツやレギンスでは、けがの予防としては効果がないので、スポーツ店やクライミング用品店などで購入します。

Mont-bell(モンベル)

Mont-bell
(モンベル)mont-bell ジオラインEXP.タイツ Men’s 1107522 BK ブラック S
amazonで詳細を見る

アウトドア総合ブランドとして知られるモンベルのタイツは、見かけたことのある方もいるのではないでしょうか。デザイン性とファッション性がともに高いので、男女問わず人気のブランドです。ボルダリングでも、おしゃれでいたいという方は、モンベルのタイツを合わせておしゃれを楽しんでも良いですね。

次へ >> Marmot(マーモット)

おすすめ記事