1. サーフィン 耳栓が必要?!その理由とおすすめの耳栓をご紹介!

サーフィン 耳栓が必要?!その理由とおすすめの耳栓をご紹介!

サーフィン 耳栓が必要?!その理由とおすすめの耳栓をご紹介!

目次

これからの時期に向けてサーフィンを始めるという方は、馴染みがなくまた不思議に思うかもしれませんが、サーフィンには耳栓が必要な時があります。知っている方は、もう一度耳栓の大切さを再認識して、知らないという方はぜひこの機会に知っていただけたらと思います。冬のサーフィンには欠かせない耳栓について、解説していきます。

サーフィンに耳栓が必要な理由とは?

Maneuverline
YES EAR 耳栓 シリコン製 ケース付き ブラック
amazonで詳細を見る

サーファーに起こりやすい病気がある

サーフィン歴が長く、冬でもサーフィンをして楽しむ方によく起こる「サーファーズイヤー」という病気があります。これは、耳が水温の低い海水や冷えた風による刺激を長期的に受けることで起きる病気とされています。

「サーファーズイヤー」とはどんな病気?

冷たい水や風が耳に入ることで、耳の中で軟骨が防御する働きかけを始めます。その結果、軟骨が隆起して骨腫となり痛みを伴うようになります。悪化すると骨腫が大きくなり、外耳道が塞がれ耳垢の堆積が起こり、音が聞き取れなくなったり、その他の耳の病気を併発させてしまいます。この病気は、手術を行い治療することがほとんどで、とても大変な病気でもあります。

水泳やダイバーなど、マリンスポーツや水に入る仕事をしている方に見られる病気とされていますが、特にサーファーが多いことから、「サーファーズイヤー」と名付けられたとされています。

「サーファーズイヤー」の予防法とは?

①寒いシーズンにはサーフィンをしない

冷たい水や風によって刺激を受けることで、耳は温度の寒暖差を感じることになります。この寒暖差が原因となってサーファーズイヤーになります。そのため海水が冷える冬には、海に入らない・サーフィンをしないことが1番の予防法になるのです。

②耳栓を使う

冬にサーフィンをやらないというのは、サーファーにとっては苦渋の決断です。寒いシーズンだからこその楽しみがあります。そこで役に立つのが耳栓なのです。耳栓で耳の中を保護することができるため、予防することができるのです。

耳栓の選び方のポイント

①素材

サーフィンのための耳栓としては、エラストマーやシリコンを素材に使用している耳栓が最適です。特に、着け心地やフィット感を重視するとシリコン素材がおすすめとされています。シリコン素材の耳栓の中には粘土タイプがありますが、耳穴の外側を塞ぐので、水が浸入しやすいとされており装着に注意が必要です。

また、ウレタン素材の耳栓も適しているとは言えず、耐水性がないため水を吸いやすく耳栓そのものが劣化しやすい素材です。

自分の肌に合う合わないもあるので、購入前に素材の確認をすることは大切です。

②サイズ感

サーフィンでは、波に飲まれて海に入ることもあるため、落としやすく海水の侵入も防ぎづらい小さいサイズは向いていません。もちろん大きすぎても、落としやすく海水の侵入も防ぎきることができないため、向いていません。しっかり装着時の感覚を確かめて自分に合ったサイズを選びます。

また海に落としてしまっても、水に浮く仕様のものや脱落防止のストラップが付いているものもあり、紛失を防ぐことができます。

装着時の感覚を確認し自分に合ったタイプやサイズを、しっかり確かめて購入します。

③音の聞こえ方

好みもあるかと思いますが、耳栓をしても音が聞こえるかということは重要なポイントになります。本来の耳栓の役割は外からの音を遮断して無音状態にすることではありますが、サーフィンの場合は異なります。

サーフィンは自分だけでなく他のサーファーもいます。安全のためにも音が聞こえる状態にあることは大切です。また何より、無音状態になることでバランス感覚に影響が出やすくサーフィンそのものに影響が出てしまい、危険なこともあるのです。

そのため、水の侵入を防ぎつつ音も聞こえる耳栓を選ぶことも大切です。

おすすめの耳栓

今では100円ショップでも手に入りますが、やはり機能性などを考えるとブランドから発売されているしっかりとしたものを購入することが安心・安全です。

Maneuverline(マニューバーライン)/YES EAR

Maneuverline
YES EAR 耳栓 シリコン製 ケース付き ブラック
amazonで詳細を見る

耳栓で最も人気のあるシリーズです。フランジの厚さを調整でき、自分のサイズに合わせて使用することができます。世界初のナノシルバー加工を施し、サーファーズイヤーの防止に加え、安全に長時間使用することができます。音が聞こえ、水に浮く仕様、そしてストラップが付いているため、サーファーには嬉しい優れものです。

CREATURES(クリエーターズ)/SURF EARS

creatures
クリエイチャー 耳栓 SURF EARS 2.0 コード付き
amazonで詳細を見る

オーストラリアで誕生したブランドで、サーフアクセサリーブランドではトップを誇るブランドです。この耳栓は世界中から評価を受けており、水や冷気、バクテリアから耳を守り、聴覚とバランスも保ちやすいデザインになっています。購入しやすい価格というわけではありませんが、安心な機能性から人気のあるアイテムです。

DOC’S PROPLUG(ドックス プロプラグ)/リーシュ付き耳栓

ドックス プロプラグ
DocsプロプラグSmall with Leash
amazonで詳細を見る

この耳栓の開発者は、サーファーズイヤーを研究し原因を明らかにした博士です。そのため、機能性や安全面など、あらゆる面で信頼され世界中のマリンスポーツをする方が愛用しているアイテムです。耳に掛けるリーシュ付きで落ちにくいのも特徴です。耐水性があり音も聞こえ、耳の炎症を防ぐ効果に期待できます。

PUTTY BUDDIES(パティ バディーズ)/Silicon Plug

PUTTY BUDDIES
Putty Buddies 水泳用耳栓(3ペア)ソフト シリコンイヤープラグ 携帯ケース付き 耳栓 3組入り FREE ケース:YELLOW(イエロー)
amazonで詳細を見る

アメリカでサーファーズイヤーの予防のために開発された、高品質シリコンの粘土タイプの耳栓です。アメリカで人気を博し、柔らかな素材で着け心地が良いと支持を得ています。柔らかな素材によって、誰でもフィットし装着時に摩擦が起きにくいため、傷や痛みも起きません。子供から大人まで使用できる人気のアイテムです。

HAPPY EARS(ハッピー イヤーズ)/ Quali-Ne

HAPPY EARS

騒音をカットしながらもクリアな音をキャッチすることができる耳栓です。水の侵入もしっかりと防いでくれるため、サーファーズイヤーの防止にも繋がります。また、パッケージも含め、ケースがハート型になっていたり、カラーバリエーションもあるので、他の耳栓と比べ可愛らしさがあり女性には持ち歩きしやすいデザインです。

次へ >> MIZUNO(ミズノ)/EAR PLUGS

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事