1. スラックライン ラインの貼り方や外し方とは?その設置をご紹介!

スラックライン ラインの貼り方や外し方とは?その設置をご紹介!

スラックライン ラインの貼り方や外し方とは?その設置をご紹介!

目次

ベルト上のラインを使って綱渡りするスポーツ「スラックライン」は、スラックラインキットを買えば初心者でも比較的すぐに始められます。しかし、子どもから大人まで始めやすいスポーツですが、正しい知識がなければやはり怪我に繋がってしまいます。

これから始めようとしている方や興味がある方は、安全にスラックラインをする上でのルールを確認しながら、正しいスラックラインの貼り方と外し方を学びましょう。

ラインを設置する前に

公園や私有地の木を使ってスラックラインを始めようとする場合、まず管理者に使用の許可を得ましょう。

スラックラインを禁止する公園は少ないと思いますが、マナーを守らずに他の利用者の迷惑となったりすると、今後スラックスラインが禁止されてしまう事態にもなりかねません。

みんなが楽しく安全に公園を利用できるように、周囲の安全が確保された場所でスラックスラインを行うようにしましょう。

スラックラインに必要な道具

スラックラインをする上で必要な道具は下記の2点です。

スラックラインキット

GIBBON(ギボン) CLASSIC LINE X13 TREE PRO SET 15m 【日本正規品】 B-CL15-X13TP
amazonで詳細を見る

ツリーウェア(木とラインの保護材)

GIBBON(ギボン) ツリーウェア(2枚1セット) GTW 【日本正規品】
amazonで詳細を見る

保護材は家にあるマットや布でも充分です。木の太さによっては、マットや布をつなぎ合わせて使用すると良いです。どこにどんな木があるか把握していない場合は、あらかじめ多めの保護材を持って行っておくと間違いないです。

ラインを設置する樹木の選び方

木に設置して行う場合は、木の状態や太さを充分に確認しましょう。

樹木選びの注意点

  • 直径25センチ以上の樹木
  • 若木・老木は避ける
  • 他の人の邪魔にならないような場所に立っている樹木を選ぶ

樹木以外の設置物で行う場合、強度が充分であることを確認してから設置しましょう。また、それが誰かの所有物でないかも忘れずに確認してください。

破損してしまうと大きなトラブルになりかねません。

次へ >> スラックラインの貼り方

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事