1. サーフィン 沖縄の海の特徴から、人気スポットまでご紹介!

サーフィン 沖縄の海の特徴から、人気スポットまでご紹介!

サーフィン 沖縄の海の特徴から、人気スポットまでご紹介!

目次

夏がすぐそこまで来ていますが、夏休みを使ってサーフトリップを考えている方も多いのではないでしょうか?そんな時、候補にも挙がる沖縄の海。透き通った美しいエメラルドグリーン、コバルトブルーの海でサーフィンを楽しみたいと、想像が膨らんでしまいます。サーファーの移住者も増加中の沖縄の海で、人気で有名なサーフスポットをご紹介していきます。

沖縄の海の特徴

まず知っておくべきことが、他の海とは少し異なる沖縄の海の特徴です。そんな沖縄の海を存分に楽しむために知識として知っておく必要があるのです。

① 季節でうねりのスポットが変わる

夏は太平洋側の東海岸、冬は東シナ海側の西海岸で良質な波が期待できるとされています。また南部地方のスポットは、1年を通してコンスタントに良い波があるとされています。

夏場は至る場所でうねりが発生しますが、気候により東側の海が最も良いとされているのです。12月~3月の冬は西高東低の気圧配置により、東側に低気圧が停滞してしまい、北うねりを拾う東シナ海側の西海岸で良い波が生まれるのです。

② 沖縄独特の地形は危険もある

沖縄の島自体、基本的にリーフで囲まれているため、サーフィンのできる時間帯は満潮時の前後4時間と限られています。干潮時にはリーフがむき出し状態となりできないのです。

また、サンゴ礁の表面はギザギザしていて鋭利な先端になっています。足を怪我することもあるので、地元の方ではない方はリーフブーツが必須です。また、リーシュコードが切れる原因ともなるリーフカレントにも注意が必要です。

③ 沖縄ならではの波の性質

全国的には「ビーチブレイク」と言われる波質が大半を占めていますが、沖縄の海は「リーフブレイク」という波質です。

リーフとはサンゴ礁のことで、このサンゴ礁の地形に沿って波が立つため、ポイントは限られます。アウトリーフの場合には大きな波が起きやすいですが、基本的には沖に出ないと波がなくパドリングが重要です。場合によっては船などでポイントに向かうこともあります。

沖縄の海の楽しみ方

沖縄でのサーフィンは、満潮時間や潮位の確認が最も重要です。しかし、この満潮時感も潮位も毎日変化するので、こまめに確認することが大事です。コンビニで購入できる携帯用潮位表や気象庁のサイトなど、今では手軽に確認することができるのでチェックしてみましょう。

こういった沖縄ならではの海の特徴をしっかり把握し、ルールとマナーを守って安全なサーフィンができれば、楽しい時間にすることができます。

沖縄の人気サーフスポット

沖縄の海の特徴も分かったところで、サーフトリップの参考になる人気のサーフスポットを沖縄本島の北部から紹介していきます。

① コーチャン

沖縄本島最北端にあるポイントで、辺戸岬の東側に位置します。やんばる(山原)の自然あふれる中でサーフィンを楽しむことができます。

コーチャンポイントの特徴

冬場にもコンスタントな波がありますが、9月~4月がベストシーズンとされています。水深がとても浅くリーフとの距離が短いため、テイクオフで失敗するとリーフでけがをすることもあるので初心者の方は注意が必要です。

北東のうねりによるアウターブレイクが特徴的なので、大潮時のチェックも欠かせません。

コーチャンポイントへのアクセス

那覇空港から車で2時間ほどになります。最北端に位置する辺戸岬から200mほど南西に向かった先にあります。

② ロッキー

コーチャンポイントの近くにはロッキーポイントと言われるスポットがあり、ここも人気スポットとして知られています。

ロッキーポイントの特徴

リーフブレイクでコンスタントに多くの波が立つことが特徴ですが、リーフカレントによって沖に流されやすいスポットでもあるので注意が必要です。また、ベストシーズンは6月~9月と比較的短い期間なので、コーチャンポイントと合わせて予定を組んで楽しんでも良いかもしれません。

ロッキーポイントへのアクセス

コーチャンポイントから20分ほど南下した場所に位置するポイントです。

③ 真栄田

沖縄本島中部の西海岸に位置する恩納村にあります。恩納村は有名な観光地でもあるので聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。観光しながらサーフィンを楽しめます。

真栄田ポイントの特徴

低気圧の通過後に力強い大きな波に乗ることができるため、10月~4月がベストシーズンとされます。波が急に掘れることもあり、初心者の方では難しいポイントになるかと思います。水深が浅いため干潮時の波には注意が必要ですが、岬側のポイントではレフトの掘れる良質な波を楽しむことができます。

真栄田ポイントへのアクセス

那覇空港から車で1時間の恩納村・真栄田岬。この真栄田岬近くの「青の洞窟」から徒歩5分ほどに位置します。

④ 天願

沖縄本島の中部に位置するうるま市の東海岸に位置します。別名「昆布ビーチ」と呼ばれ、沖縄では珍しい砂地のビーチブレイクです。

天願の特徴

湾内にあるため、水深が深く干潮時に限らずサーフィンをすることができます。また穏やかな波が多くリーフもないので、怪我の心配もなく初心者の方におすすめのスポットです。穏やかな波が多いですが、台風などで大きなうねりができるため台風の時期がベストシーズンともされています。

メロウな波が立つこともあり、ロングボーダーにもおすすめです。

天願へのアクセス

那覇空港から50分ほどのうるま市東海岸の湾内にあります。中部衛生施設組合より徒歩5分ほどになります。

次へ >> 砂辺(宮城海岸)

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事