1. シーズン終了後にやっておきたい正しいスノーボードギアの保管とメンテナンス

シーズン終了後にやっておきたい正しいスノーボードギアの保管とメンテナンス

シーズン終了後にやっておきたい正しいスノーボードギアの保管とメンテナンス

正しいギアのメンテナンス

スノーボードのメンテナンスと保管方法

スノーボードの保管で気をつけたいのが、エッジのサビつき。エッジは金属であれば保管方法を間違えてしまうと簡単にサビ付いてしまう。エッジのサビ落としのグッズやチューンナップショップであればサビ落としもやってくれるが、まずはセルフメンテナンスでサビつかない形で保存しておこう。サビつかせないためにもっとも大切なのは、エッジの水分をしっかりとっておくこと。スノーボードブランドからエッジのサビつき防止のアイテムもあるのでそれを使えばさらに安心。

また、1シーズン使用したボードはソールへの汚れも付着している。こちらはリムーバーで残ったワックスと汚れを落とした後で、厚めにワックスを塗っておくようにしよう。もしもシーズン中の滑走で傷がひどい場合などは、シーズン終了後のタイミングすぐにチューンナップショップに出して、そのまま保管するのもひとつ。

バインディングのメンテナンスと保管方法

バインディングのメンテナンスは、板から外して水分をしっかりと拭き取ってから保管がおすすめ。金属部分などはサビやすいのでこちらもしっかりとサビ防止を。

ブーツのメンテナンスと保管方法

ブーツはインナーとアウターを取り外し、しっかりと乾燥させることが重要。また、アウターの汚れをブラシでしっかり落とし、皮製のものであればしっかりとクリームやワックスを塗り込んでおこう。また、保管場所は乾燥させたブーツは風通しの良い場所がおすすめ。インソールがある場合は、それも取り外して乾燥させるようにしよう。

ウエアのメンテナンスと保管方法

1シーズン使用したウエアは目に見えない汚れがついているケースも多い。スノーボードウエア専門の洗剤があるので、それを使ってしっかりと洗濯、そして乾燥させて保存しよう。特に大切なのが、ウエアの撥水性をどう維持するのかというポイント。スノーボードウエア専用洗剤では気になる撥水性もしっかりと回復してくれる。また、ウエアのタグにはそれぞれ洗濯表示の注意があるので、それに従うようにしよう。

特に人気があるのが NIK WAX

グローブやゴーグルなどのメンテナンスと保管方法

グローブやゴーグルも基本的には陰干しでの乾燥。グローブもウエアと同様、タグに従った洗濯方法で。また、グローブは匂いがつきやすく、一度匂いがついてしまうと落ちにくいのでしっかりと洗い乾燥させるようにしよう。また、ヘルメットなどのアイテムも内側部分は汗を書いて汚れてしまっていることもあるので、しっかりと洗って乾燥させるようにしよう。

>>まとめ

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>