1. BMXのジャイロブレーキとは?ハンドルを回しても絡まないのはなぜ?!

BMXのジャイロブレーキとは?ハンドルを回しても絡まないのはなぜ?!

BMXのジャイロブレーキとは?ハンドルを回しても絡まないのはなぜ?!

目次

普通の自転車であればハンドルを360°回転できませんよね?!BMXの自転車は前ブレーキに”ジャイロ”というシステムを搭載して、ハンドルを360°回してもブレーキワイヤーが絡まないようになっています。”ジャイロ”を搭載したBMXのブレーキのことを”ジャイロブレーキ”と呼びます。

今回は”ジャイロブレーキ”の構造、必要性、についてBMX 初心者の方でも分かるように、徹底解説します!

BMX ジャイロブレーキの仕組み

ジャイロブレーキとは、ハンドル同じ方向に回し続けられるようにするブレーキシステムです。BMXは同じ方向にハンドルや車体をクルクル回すトリックがあり、ジャイロブレーキが無ければできないトリックもあります。

ジャイロブレーキはローターというベアリングが内蔵された回転する部品を取り付け、ハンドルを回した時にブレーキワイヤーが干渉しないようにしています。ジャイロブレーキの仕組みは通常1本のワイヤーで接続されているブレーキワイヤーを、敢えて2分割にし、上下が独立して動くようにするシステムです。

ジャイロブレーキ
【BMX用】【軽量ジャイロ】 SALTPLUS GEO ROTOR (SILVETR)
amazonで詳細を見る

ブレキーワイヤーを2分割にしてジャイロを取り付けることで、ハンドルを回した時に起きる”捻じれ”をジャイロが解消してくれます。こうしてジャイロブレーキはワイヤーが絡まないようにしています。

簡単にジャイロブレーキを解説すると、ブレーキのワイヤーを2分割にしてジャイロを通すことにより、ハンドルを回した時のワイヤーの捻じれを解消するシステムです。

>>BMX スタイル別ジャイロブレーキの必要性

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>