1. フリーライドスキー・スノーボード FWT Hakuba Japan 2020 開催

フリーライドスキー・スノーボード FWT Hakuba Japan 2020 開催

フリーライドスキー・スノーボード FWT Hakuba Japan 2020  開催

フリーライドの世界最高峰の大会である「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020(以下、FWT Hakuba)」が、昨年に続きアジアで唯一のトップ大会として開催されました。

13か国から集まったFWTを転戦するフリーライド界のトップ選手や昨年のFWTシリーズに引き続きワイルドカードで参戦している佐々木悠選手(男子スキー)と、14日に開催された予選大会(FWQ Freeride Hakuba3*)を勝ち上がった光久正貴選手(男子スノーボード)、小野塚彩那選手(女子スキー)、加藤彩也香選手(女子スノーボード)を加えた計46人が出場。大会斜面は、白馬八方尾根崩沢・東斜面の標高1790mをスタート地点とし、最大斜度45°、滑走距離約600mの自然地形の斜面を使って実施されました。

今年は全国的な小雪であったものの、徐々に積もった雪は「Safety First」を掲げる本大会の実施にも十分な積雪量となり、場所によって雪質が異なる難しいコンディションの中でも世界トップ選手の素晴らしい演技が見られました。

今年はFWTシリーズの大会を誘致して4年目で初めて、スキー場から一般観戦が可能な斜面で実施されました。1998年長野オリンピック男子滑降スタート地点付近に設置した初めての観戦エリアには、延べ2000人以上の観客から歓声があがるなど選手の滑りに興奮していました。

今大会において、スマホの速度・高度・位置などとドローンを活用し、滑走する選手の映像を組み合わせて、うさぎ平テラスに設置した大型モニターにリアルタイム表示する新たな観戦体験を提供されており、ライブ配信される映像にさまざまなデータが表示され、選手の滑りだけでなくデータ表示に興味を示すスキー場利用者も多くいました。

なお、大会結果は後日に大会公式ホームページで大会映像の配信時に発表されます。

大会公式HP

https://www.freerideworldtour.com/

日本時間1月21日(火)午前5:00より、FWT Hakuba Japan 2020をライブ形にて世界同時配信されました。
選手の目線映像やさまざまなコンテンツを加えた映像はこちらからご覧になれます。

大会ライブ映像

>>Freeride Hakubaとは

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>