1. 正しいアイテムが上達の近道、スノーボードギア選びで抑えておきたいポイント〜足周り編〜

正しいアイテムが上達の近道、スノーボードギア選びで抑えておきたいポイント〜足周り編〜

正しいアイテムが上達の近道、スノーボードギア選びで抑えておきたいポイント〜足周り編〜

目次

レンタルで数回チャレンジ、ようやく滑れるようになってきたし、自分のボードでもっと上手くなりたい! でも、スノーボードのギアって何を基準に選んだらいいのかわからない…。値段につられて安いものを買ってしまうとかえって上達の回り道になることも。今回はそんなスノーボードのギア選びで知っておきたい知識をまとめて紹介します。

スノーボード編

安定感を求めるなら長め、コントロールなら短め

スノーボードの選ぶ際に大切なポイントは「長さ、フレックス(硬さ)、形状」の3つです。スノーボードの長さは、一般的に板を床に立てたときに、あごから鼻の間に収まるくらいがベストです。長ければ長いほど安定感はある一方、さまざまなトリックの際の取り回しの難易度は上がります。ハイスピードで滑りたいといった方は、長め。グラトリなど低速でトリックをして遊びたいなら短めがおすすめです。

高いオーリーを求めるなら硬め、プレスで遊ぶなら柔らかめ

フレックスは、一般的に板のしなり具合のことをいいます。しなりが硬ければ硬いほど得られる反発は大きく、高いオーリーが可能ですが、その分しっかりと板を踏む脚力が必要になります。また、柔らかい板であれば、プレス系のトリックなどは簡単になります。女性や初心者は、柔らかめもしくは普通程度の板を選ぶのがおすすめです。

キャンバー or ロッカー。それぞれのいいとこ取り形状も魅力

形状は、一般的にキャンバーとロッカーの2種類に分けられます。キャンバーは足と足の間(スタンス)が、反り上がっている形状で「W」のような形状。逆にロッカーは、足と足の間が地面に向かって盛り上がっている「U」のような形状です。昔はキャンバーが一般的でしたが、近年はロッカーやキャンバーとロッカーの良さをいいとこ取りしたWキャンバー、Wロッカーなどの形状も目立っています。ロッカーボードは、逆エッジになりづらく、ターンもジャンプも簡単になるので、初心者であればロッカーボードもおすすめです。ただし、キャンバーボードに比べて反発力、すなわちオーリーの高さやターンの安定感は劣るので、最初からしっかり基礎を身につけたいならキャンバー形状を選ぶのが良いでしょう。

>>バインディング編

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>