1. 10月16日から宮崎県日向市で『white buffalo HYUGA PRO』が開催!

10月16日から宮崎県日向市で『white buffalo HYUGA PRO』が開催!

10月16日から宮崎県日向市で『white buffalo HYUGA PRO』が開催!

white buffalo HYUGA PRO実行委員会は、WSL QSシリーズ・サーフィン国際大会「white buffalo HYUGA PRO」を2019年10月16日(水)~10月20日(日)に宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」にて開催します。
第4回を迎える今回は、国内最高グレードである女子QS3000に加え、男子QS1000の同時開催が決定。女子はチャンピオンシップツアー(以下CT)初参戦をかけた日本人選手と海外強豪選手の熾烈なポイント争いがシーズン終盤までもつれこんでおり、その熱い戦いは見逃せません。一方、男子は10代の強豪選手が続々エントリーし、ネクストジェネレーションたちが激突する大会として注目が集まっています。
2019シーズン最後の国内開催である国際大会開催地は、昨年同様に九州有数のサーフタウンである宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」。試合は全日とも観戦料無料。

女子サーフィン国際大会 「white buffalo HYUGA PRO QS3000」

2020東京五輪・新種目「サーフィン」として注目が集まる中で開催される「white buffalo HYUGA PRO QS3000」には、先日の2019ISAワールドサーフィンゲームス(以下、WSG)でアジア最高位となり、オリンピック出場が有力視される松田詩野(17歳)や、2020シーズンにCT参戦も期待される都筑有夢路(18歳)、脇田紗良(16歳)、前田マヒナ(21歳)など日本人トップサーファーたちが参戦予定。ほか、NAMINORI JAPAN強化指定A選手の川合美乃里(18歳)や2018ISAワールドサーフィンゲームスで日本人最高位の黒川日菜子(23歳)など世界を転戦する日本人選手たちがQS3000ポイントを目指し、宮崎・日向に集結します。

海外選手たちは、オーストラリア・アメリカ・ヨーロッパから強豪選手たちがエントリー。中でも注目は、2016年にCT参戦していた元CTライダー、チェルシー・トワァーク(BAR/23歳/WSL QSランキング9位)や、ジュニア世代で頭角を現し、初のCT入りを目指すアリッサ・スペンサー(USA/16歳/WSL QSランキング7位)やキラ・ピンカートン(USA/16歳/WSL QSランキング15位)など。世界のトップサーファーに加え、CT入りを目指す若手選手たちが優勝を目指します! ※WSL QSランキングに関しては、 9/17時点の順位

過去3大会はいずれも海外トップサーファー勢が優勝を手にしているが、今シーズンの日本人女子選手はQSランク・トップ20に3名も名を連ねており、本大会初となる日本人サーファー優勝に期待が高まっています。 

 大会期間には、初日終了後WSL JAPANとセロリー株式会社の主催によるビーチクリーン活動も予定されており、多くの選手たちが参加します。他にも会場ではトップサーファーたちのサイン会や記念撮影、大会協賛スポンサーによるプレゼント企画など、来場者が楽しめるイベントも毎日開催する予定。

>>男子サーフィン国際大会 「white buffalo HYUGA PRO QS1000」 

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>