1. BMXフラットランドのハンドルの種類とは?幅や角度の違いなど解説!

BMXフラットランドのハンドルの種類とは?幅や角度の違いなど解説!

BMXフラットランドのハンドルの種類とは?幅や角度の違いなど解説!

素材の違いで乗り味が変わる

BMXのハンドルで使われる素材はクロモリがほとんどですが、ごくわずかですがアルミやチタンといった素材のハンドルがあります。

クロモリのハンドル

現在、主流になっているのがクロモリのハンドルで、価格も性能もいい塩梅で、万能な素材になります。最もBMXのハンドルとして90%は占めている一般的な素材で、特に素材のこだわりがないならクロモリのハンドルを選んでおけば間違い無いです。

アルミのハンドル

クロモリと価格はほとんど同じですが、軽いのが特徴になります。しかし、アルミは硬い素材なので振動をあまり吸収してくれないのも特徴の一つです。

チタンのハンドル

チタンのハンドルは軽く、適度にしなりがあるハンドルで万能な素材のハンドルですが、クロモリやアルミに比べると価格が倍以上になる高価なハンドルになります。

>>ハンドルの個性は角度の違い

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>