1. サーフィン初心者必見!道具選びやテイクオフのコツなどを解説!

サーフィン初心者必見!道具選びやテイクオフのコツなどを解説!

サーフィン初心者必見!道具選びやテイクオフのコツなどを解説!

サーフボードは自分のスタイルに合わせて選ぼう

サーフボードは大きく分けて3種類に分類することができます。それぞれで特性が全く異なるので、自分が求めるスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

①俊敏性の「ショートボード」(5feet~7feetほど)

名前の通り、全長が短いものを「ショートボード」と呼びます。

ショートボードは、短くて取り回しが楽なこと、軽くて俊敏な動きが可能であることが特徴。波の上を自由自在に動き回ることができますよ。切れ味鋭いターンやさまざまなトリックをしたい方におすすめです。

しかし、浮力が少ないのでテイクオフが難しいといった特徴もあります。初心者の方であると、根気よくテイクオフの練習をすることが必要となるでしょう。

②テイクオフが容易な「ロングボード」(9feet以上)

全長が長く、およそ9feet以上になるものを「ロングボード」と呼びます。

とても浮力があるので、ヒザやスネサイズの小波でもテイクオフしやすいのが魅力的。長時間のライディングも楽しめますよ。初心者の方のテイクオフの練習にも最適です!

長いため、車への積載や持ち運びに苦労するという面もありますが、特に初心者の方が最初に始めるボードとしてはおすすめです。のんびりサーフィンを楽しみたい方にも良いでしょう。

③ほどよい中間性能の「ファンボード」(7feetから9feetほど)

ショートボードとロングボードの中間に位置するのが「ファンボード」です。

特徴も正に中間と言えるもので、ショートとロングの良いところが取り入れられています。程ほどのターン性能と浮力を持っているため、ショートボードではテイクオフが厳しい小波でも波に乗れ、ロングボードよりも俊敏なターンを行うことが可能です。

将来的にはショートボードをしたいという方は、ファンボードで練習をするのもおすすめですよ。

>>フィンは求める性能で選ぶ

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>