1. スノーボードでケガをした時の正しい対処法と予防策って知ってる?

スノーボードでケガをした時の正しい対処法と予防策って知ってる?

スノーボードでケガをした時の正しい対処法と予防策って知ってる?

冬も深まり、ますますスノーボードの季節になって来ましたね!シーズン入りしてから、もうゲレンデに行ったなんて人も少なくないのではないでしょうか。スノボーは行くたびに上達しやすいスポーツでもあるので、行くたびに楽しくなるものです。

しかし、スノーボードは楽しいのと引き換えに、怪我をしてしまうリスクも非常に高いスポーツです。スキーであれば、両足の自由が効くので、転ぶ体勢も柔軟に変更することが出来ますが、両足が完全に固定されているスノボーは、転んだときに変なところから打ち付けてしまう事が多く、非常に怪我をしやすいのです。

そんな怪我をしやすいスポーツであるにも関わらず、怪我をした時の対処法や、怪我を予防するための方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、スノーボードで怪我をした時の正しい対処方法と予防策についてご紹介していきます!

スノボーで怪我をする際の原因・事例は?

こんな風に思っている方はいませんか?

「スノボは足を主に使うスポーツなので、怪我をするのは足が多いはず・・・」
実は、意外と知らない人が多いかもしれませんが、スノボーの怪我は脚の怪我よりも上半身の怪我の方が何倍も多いのです。足首をひねってしまったり、膝を地面に強くぶつけてしまったりと脚を怪我してしまう事ももちろんあります。しかし、実際はターンする際にエッジが引っかかってしまって転んでしまったり、後ろに倒れたときに腕が巻き込まれてしまって手首を捻ってしまったりと上半身を打ち付けてしまって怪我をするケースが非常に多いのです。以下にスノーボードで起こりがちな具体的な外傷の例を挙げてみました。

  • 頭部外傷
  • 首の捻挫
  • 膝の靭帯の損傷
  • 肩や肘の脱臼
  • 手首関節の骨折

上記のように、ひどい場合だと頭部を打ち付けて内出血してしまったり、首を捻挫してしまったり、ジャンプの際に肩や肘から落ちて脱臼してしまったりと激しい打ちつけによる上半身の外傷が非常に多いことがよく分かるかと思います。

>>スノボーで怪我をした時の正しい対処法

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>