1. ニセコで滑りたい!2泊3日で行くスノーボードトリップ

ニセコで滑りたい!2泊3日で行くスノーボードトリップ

ニセコで滑りたい!2泊3日で行くスノーボードトリップ

北海道でスノーボードをするなら、ニセコ外せないスポットです。ニセコの雪は上質なパウダースノーで、スノーボードで訪れた人は皆虜になるほど。国内だけでなく海外のスノーボーダーからも人気があります。

そんなニセコでは、スノーボードだけでなく自然の魅力あふれた観光地や、北海道の美味しいグルメが一気に堪能できます。まさに国内指折りのスノーボードスポットです。

そこで、2泊3日で行くニセコのスノーボードトリップと題して、おすすめの観光スポットやグルメ、ホテル情報を一気にご紹介いたします。これからニセコ旅行に行くなら、ぜひ参考にしてみてください!

【1・2日目】スノーボードを存分に楽しむ!

ニセコに来たら最初に楽しみたいのがウィンタースポーツです。ニセコの中で有名な4大スキー場をご紹介します。

ニセコアンヌプリ国際スキー場

ニセコのスキー場といったらニセコアンヌプリ国際スキー場が挙げられるほど、代表的なスキー場ですよね。

上質なパウダースノーが堪能できるニセコアンヌプリは、家族や初心者向けのコースから上級者が唸るようなコースまで盛りだくさんに揃っています。

頂上に行けば羊蹄山が望める絶景の中滑り降りることができ、写真や動画撮影にはもってこい!今までにない爽快感が味わいながらスノーボードを楽しめます。

ニセコアンヌプリ国際スキー場

  • 住所:〒048-1511 北海道ニセコ町ニセコ485
  • 電話番号:0136-58-2080
  • URL:http://annupuri.info/winter/

ニセコビレッジスキーリゾート

ホテルからのアクセスが簡単で直ぐにスノーボードが楽しめるニセコビレッジスキーは、パウダーの聖地と言われています。

スノーボード以外に、スノーモービルやスノーシューツアーなどの、冬ならではのアクティビティが豊富なのも人気の理由の一つ。スキー場ではキッズスクールを受けることもできます。

コースは初心者向けのコースから上級者向けの迫力あるコースまで幅広く、最長滑走距離はなんと5500m!全27コースもあるので、一日滑っても飽きることはないでしょう。

壮大な自然の中にあるカフェやレストランで一服するのも、至福のひと時になること間違いなしです。

ニセコビレッジスキーリゾート

  • 住所:〒048-1592 北海道ニセコ町東山 温泉
  • 電話番号:0136-44-2211
  • 営業時間:8:30~16:30
  • URL:https://www.niseko-village.com/ja/white/mountain.html

ニセコマウンテンリゾート グランヒラフ

ニセコの4代スキー場の中で最も大きな規模を誇るニセコマウンテンリゾート・グランヒラフ。大規模なだけあってコースの数はなんと30、そしてリフトとゴンドラは15基も運行しています。トリックが決めれるフリーライドパークのラインナップも充実していて、上級者には堪らないゲレンデになっています。

レストランやカフェ、ショップが充実しているので混んでいても安心です。スノーボード後の温泉も外せません!

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

  • 住所:〒044-008 北海道倶知安町字山田204
  • 電話番号:0136-22-0109
  • URL:http://www.grand-hirafu.jp/

ニセコHANAZONO(ハナゾノ)リゾート

日本のスキー場でも高い積雪量を持つニセコHANAZONO(ハナゾノ)リゾートは、世界でも人気の高いスキー場になっています。初心者がのんびりと練習できる緩やかなコースから、トリックを楽しめるパークまでコースは充実しています。フリースタイルのイベントも開催されるので、次期を見計らって行くのもいいでしょう。

レストランやカフェには、オシャレなメニューが盛りだくさんで女性はテンションが上がること間違いなしです。クリスマススペシャルメニューもあるので、家族やカップルで行けば更に楽しめます。

ニセコHANAZONO(ハナゾノ)リゾート

  • 住所:〒044-0082 北海道倶知安町岩尾別328−1
  • 電話番号:0136-21-6688 
  • 営業時間:8:30〜16:00
  • URL:https://hanazononiseko.com/ja/winter
>>【3日目】観光スポットやグルメを楽しむ!

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp