1. スノーボード用品を揃えたらいくらかかる?初期費用の目安をご紹介

スノーボード用品を揃えたらいくらかかる?初期費用の目安をご紹介

スノーボード用品を揃えたらいくらかかる?初期費用の目安をご紹介

目次

冬が近づいてきて、この冬からスノーボードを始めたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。だいたいのものはレンタルできてしまうので、手ぶらで行っても問題ないのですが、1シーズンに何回もゲレンデに行くような方は、いちいちレンタルするほうがお金がかかりますし、何よりゲレンデに着いてから道具を借りにカウンターまで行く手間が面倒ですよね。

スノーボード用品を買おうとしたことのある方ならお分かりいただけるかと思うのですが、スノーボード用品って意外と高いですよね。ましてや一式揃えたりしたら、相当なお金が必要になります。そこで今回は、スノーボード初心者の方に向けて、スノボ用品を全部揃えたら一体いくらくらいかかるのかご紹介したいと思います。

まずスノーボードで必要なものって?

スノーボードに最低限必要なのは、ウェア一式とボード(板)、バインティング、ブーツです。それぞれ詳しくご説明します。

スノーボードウェア

雪上で行うスポーツなので、防水・保温性に優れた専用のウェアを買うのが望ましいです。あまり転ばない上級者であれば、普段着で使っているパーカーやコーチジャケットで滑っている人も見かけますが、初心者は転んだ際に服が濡れてしまうので、防水機能がしっかりしたウェアを選ぶのがオススメです。

板(デッキ)

価格は2〜10万円程度までとピンキリです。下で説明する「バインディング」、「ブーツ」と3セットで販売されている場合もあります。

バインディング

板とブーツを固定するために必要な部品で、ビンディングと呼ばれることもあります。レンタルの際はデッキとセットで貸し出されます。

ブーツ

ブーツが自分の足に合っているかは上達の速さや滑走時の快適さにも大きく影響するので、「他はレンタルだけどブーツだけは購入した」という方もいます。ショップの方と相談して、自分の足に合ったものを選ぶことが重要です。

グローブ

グローブなしで滑ることもできなくはないですが、まず間違いなくしもやけになります。グローブはレンタルがないことも多いので、購入しておきましょう。

ゴーグル

太陽が雪に反射して眩しい時と吹雪で視界が悪い時の両方に活躍します。晴れていればつけなくても大丈夫と思っていると、目が紫外線で焼けてヒリヒリする、いわゆる「雪目」の症状が出てしまうこともあるので気をつけましょう。

ニット帽

別名ビーニーとも呼ばれています。ファッションとして楽しむ側面もありますが、初心者は転ぶことが多いので、頭を衝撃から守り、髪の毛を濡らさないために必要なアイテムです。

ネックウォーマー

首を温めると体感温度が2度くらい高くなるといわれています。首から入ってくる雪を防ぐこともできるので、ぜひ装着しましょう。

インナー・ミドルレイヤーウェア

スノーボードでは基本的に、防寒用のインナー、体温を調節するためのミドルレイヤー、防水効果のあるアウターを着用します。インナーは、通気性がよく暖かいものを選びましょう。ミドルレイヤーウェアは暑い時に脱げるように、前開きのフリースや薄手のダウンなどを着用するのがおすすめです。

>>ゲレンデでレンタルできるもの

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>