1. スノーボード 道具や車がなくても行ける?レンタルやツアーを利用しよう

スノーボード 道具や車がなくても行ける?レンタルやツアーを利用しよう

スノーボード 道具や車がなくても行ける?レンタルやツアーを利用しよう

目次

初めてスノーボードに挑戦!

スノーボードは手ぶらで行ける!

スノーボードをやるために道具を揃えようと思ったら、どんなに安い装備でも全身で5万円強は必要になります。「スノーボードをやってみたいけど板とかウェアは持っていない」という人は、まずそこで壁が立ちはだかることでしょう。道具を揃えたとしても、今度はスキー場へ行くための移動手段を考えなくてはなりません。今回はそんな悩めるスノーボード初心者の方に向けて、スノーボードの始め方を解説します!

最低限必要なものとは?

だいたいの装備はレンタルできる

体一つでスキー場に行ってもスノーボードをするだけの道具は一式揃えられます。ですがインナーとして着る防寒対策関連のものまでは貸し出されていませんので、ある程度は揃えなければいけないものがあります。だいたいのものは日常生活で使用しているもので代用できますので気になるものを中心に書き出してみました。

今のレンタル装備はとてもきれい!

昔はレンタル品の品質が非常に悪く、使い古された粗悪品ばかりでしたが、現在スキー場などで取り扱っているレンタル品はかなり上質なものが揃っています。板に関しては数種類の中から選ぶことができる場所もあります。

これだけは最低でも購入したほうがいいもの

大体はレンタル品で対応可能なのですが、これだけは購入しておいたほうがいいというものもあります。

・スキー・スノーボード用の靴下

スキー・スノーボード用の靴下は購入しておいたほうがいいです。普段使用している靴下を使用してもいいのですが、専用の靴下は厚手で暖かく膝下まであります。また人どれぞれ足の形は違いますが、どんな人でもフィットするように作られているので履き心地も抜群です。さらに抗菌仕様や蒸れないように素材まで気を使っているものが多く、冬場の普段使いも使用可能です。金額は一足1,500円程度となっています。

・ユニクロのヒートテックのような発熱・保湿機能のあるような肌着

ウェアのインナーとして着る肌着になります。肌着はレンタルされていませんので多くの人はジャージなどで代用しますが、ゴワつき動きづらく1日中気持ちの悪い思いをしながら滑るしかありません。肌着であれば普段も使えますので持っていない方は購入することをおすすめします。特にスポーツなどで使われる高額な肌着ではなく、ユニクロなどで売られている2,000円以内で購入できるもので十分です。

・フリース

こちらもインナーとして着ます。あまりスノーボードに慣れていない方はそこまで激しい動きもできず、滑り続けることもないので体が冷えます。太陽が出ている日ならそこまで冷えませんが、降雪していたり風があったりする日は凍えます。フリースは稼動域も広く取れるので動きやすく、肌着の上に着るだけで体感温度がかなり違うのでおすすめです。

ファッションアイテムで代用できるもの

・ビーニー(ニットキャップ)

スキー場で頭にかぶるニットキャップをビーニーと言います。呼び名が違うだけで明確な違いは無く、おしゃれでかぶっている物を代用しても問題ありません。ビーニーを多数持っているのであればできれば薄手で頭によくフィットするキツめのものを選ぶとゴーグルを付けたときズレることがあまりないのでおすすめです。

・ネックウォーマー

首元が出ているととても冷えます。スキー場に行くその日、寒気が来ているようならネックウォーマーも持っていったほうがいいでしょう。マフラーだとかなりゴワつき邪魔になります、できればネックウォーマーを使用しましょう。

余裕があれば購入したほうがいいもの

・ゴーグル

ゴーグルはレンタルもされている場所もありますが、大抵はレンズに見えない傷が付いているものが多く、曇り止めは塗ってあるのですが曇りやすいのがほとんどです。スキー場の視界不良は事故にも繋がりかねない重要なことですので、数千円程度のゴーグルを購入することをおすすめします。現在は5千円程度のものでもかなり性能がよく、丁寧に扱えば数年は使い続けることも可能です。また裸眼で滑る人も多いですが、太陽が出ていると太陽光と雪からの反射光により目に強いダメージが与えられます。また降雪時や風が強い日は滑ることもままならなくなる場合もあります。できればゴーグルを使用しましょう。

車を持っていなくても行ける!

自家用車が無くてもスノーボードに行く方法はあります!

スノーボードに行くのに自家用車以外でも問題ありません。スキー場に行く方法を解説します。

・レンタカーを借りる

自家用車を持っていないけどスキー場に車で行きたい人はレンタカーの使用をおすすめします。冬であればスタッドレスタイヤを履いている車両が多く用意されており、行く日の1週間ほど前であれば、車の選択肢も多いです。スノーボードの道具があってもなくても、できればミニバン・ステーションワゴンかSUVの四駆がいいです。それらの車両はそこまで数は揃えてないので、なければ広めの車両でFF車を選びましょう。また自家用車を持っていても降雪地方じゃなければスタッドレスタイヤなどを付けていない人が多いと思います。途中でチェーンなどを付けるのもありですが、僕の経験上かなり面倒ですしツライです。しかもゴムチェーンはそこまで効果が感じられませんので、スタッドレスを履いていない自家用車の人にもレンタカーをおすすめします。

・バスツアーを利用する

各都道府県の都市部の駅から出ているスキー・スノーボードバスツアーに参加する方法もあります。最近のバスツアーは様々なツアーコースがあり、その人その人の都合に合わせて選ぶことができるのもポイントです。ツアーコースで特に人気があるのはその日の朝にスキー場へ向かい、日帰りで帰ってくるツアーです。その他にも夜発日帰りや、少しスキー場が遠ければ夜発宿泊ツアーなどもあり色々な状況を選ぶことができるのもメリットです。また自分で運転しないので車内で寝られるのもポイント。

・電車でツアーに参加する

一泊以上で考えている人には電車のスノーボードツアーをおすすめします。移動時間などで自由はあまりききませんが、交通費や宿泊費用などを考えると金額的にも安く抑えられるのがポイント。またスキー場最寄り駅からは公共機関を利用することになりますが大抵の場合は無料送迎バスなどが出ています。

次へ>>費用はどれくらいかかる?

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事