1. サーフィン インテリアで西海岸風のおしゃれな部屋を作るには?

サーフィン インテリアで西海岸風のおしゃれな部屋を作るには?

サーフィン インテリアで西海岸風のおしゃれな部屋を作るには?

目次

西海岸インテリアはロサゼルスやサンディエゴのゆったりとしたビーチサイドを彷彿とさ、サーファーはもちろんサーフィンをしない人にも大人気のスタイルですよね。

サーファーならいつも愛用しているサーフボードを利用してより本格的な西海岸風のお部屋を作り出すことができます。ここで紹介するボードのディスプレイ方法や色使いの工夫などを参考に、よりハイセンスなサーフ系のお部屋をかなえましょう!

ボードのディスプレイ方法

サーフボードをディスプレスるだけで一気にサーフ系の部屋になります。しかし部屋のバランスに注意しないとサーフボードが浮いて開放的なイメージの西海岸インテリアが圧迫的になってしまいます。まずはボードをディスプレイするボードラックの種類と素材に注目してみましょう!

壁掛け用ボードラックを使う

壁掛け用はダイナーや海外の家でよく見るかもしれません。この掛け方こそまさに西海岸風!とサーフ系の部屋に憧れる人なら見逃せないボードラックですよね。

しかし、ただ壁にボードを掛ければサーフ系の部屋になるとも限りません。ボードラックの素材が大変重要です。

例えば、無機質な金属素材でできた壁掛け用ボードラックを想像して下さい。味がない感じになりますし、部屋の色使いによっては少しモードでシティ感が出てきてしまいます。ナチュラルテイストが融合された開放的な雰囲気のサーフ系の部屋にはなんだか違和感が生まれるかもしれません。

そこでおすすめなのが 木製のボードラック です。木製の暖かいブラウンを取り入れるだけで一気に西海岸インテリアに近づけます。迷ったらひとまず木製のボードラックを選ぶと間違いありません。

ロープで吊るす

このやり方は吊るす場所さえ確保できればDIYで簡単にディスプレイアイテムをつくることができます。壁掛けのようにおしゃれなボードの柄を活かせるディスプレイの仕方です。

2本のロープを天井に吊るして下部を同じ場所で結びます。結んだロープの間にボードを掛けてあげればロープの素材も相まって海をイメージさせてくれます。

縦置き用ボードラックを使う

縦置き用は壁掛け用と同様にメジャーな保管方法ですよね。壁掛け用と比べて落下の心配が少ないのでお子さんのいる家庭にはおすすめのディスプレイ方法です。

ショップでは縦置き用のバリエーションが増えておりいろんなスタイルで好みのボードラックを選べます。

ボードの柄が見えるようにディスプレイするラックや何枚ものボードを平行に並べて収納できるラックがあります。

どんな形にせよ西海岸インテリアにおすすめなのはやはり木製のボードラックです。木製なら濃い色のものから薄い色のものまでサーフ系の部屋にはピッタリ馴染んでくれます。

ボードをディスプレイする場所

リビング

ボードのディスプレイ場所で一番多いのはやはりリビングではないでしょうか。家の中で最も活動する部屋ですし家の中心部分でもあります。何よりも面積が広いためボードを保管するのにはもってこいです。

リビングならソファの後ろの壁やテレビ上の空いたスペースに掛ける人が多いようです。縦置き用でディスプレイしたい場合は、ボードの柄が見える角度で置いて部屋のアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

玄関

玄関はサーフィンをする日には直ぐに取り出せて直ぐにしまえるので利便性を考えればとても優秀です。ただし問題はスペースが限られることです。

サーフボード保管用にスペースを丸ごと作ってしまう人もいますが、賃貸など大まかなリフォームができない場合は壁掛け用ボードラックを使って圧迫感を解消する方法があります。

玄関は家の顔なのでサーフボードをディスプレイするだけでインパクトが出て一気に世界感に入り込めます。

西海岸風になる色使い

西海岸といったら何を想像しますか?

青い海に白い砂浜、乾いた風に眩しい太陽…そんなイメージを少なくとも抱くかと思います。これらをイメージさせるためにも自然の色使いをインテリアに活用してみれば西海岸のような部屋に近づけます。

白を大きな部分に取り入れる

自然の光が映えるように壁やカーテンなど部屋の中でも面積が多い部分に白を取り入れてみましょう。マンションや周りに高い建物がある場合は、白や彩度が低く明度の高い色を部屋の大部分で使えばビーチサイドのような明るい日差しが演出できます。

グリーンを取り入れる

西海岸のリゾート風に近づけたいならグリーンをアクセントに取り入れてみましょう。植物があるだけで自然のテイストが深くなります。おすすめの植物は「ヤシ類」です。南国リゾートで必ずと言っていいほど出会う植物なのでスタイルが確立しやすいかもしれません。

他には熱帯雨林にもありそうな「モンステラ」がおすすめです。モンステラはヤシ類とは違ってもっと濃くエキゾチックなイメージがあります。部屋ごとにテイストを少し変えたい場合に使っても良いですし、2つをバランスよく取り入れてみるのもいいでしょう。

茶系・ウッドテイストを取り入れる

先程のボードラック素材でもあったようにウッド素材があるだけでサーフ系の部屋に近くなります。木の暖かい色に明るい陽射しが想像させる白い壁、木洩れ日と揺れる影を生み出す植物で西海岸インテリアは作り出すことができます。ウッド素材でなくとも、レザーの渋い色合いで全体のイメージに落ち着くポイントを設けてあげればハッキリとメリハリがつきます。

海の色を取り入れる

サーフィンといえば海を連想するように、部屋に海の色を取り入れるとボードとの相性が一気に深まります。壁全体をアクアブル―やオーシャンブルーなどの薄い青で統一させてもいいですし、クッションや食器などの小物にサファイアブルーなどの少し深い青を取り入れてみても良いでしょう。爽やかさがプラスされて活力がありながらもゆったりとした空間になります。

あえてのシルバー・金属素材

金属素材を取り入れて自然と人工物を融合させれば近代感とナチュラルが合わさって爽やかさが増します。中でもおすすめの色はシルバーです。ボードラックには木製がベターと先述しましたが、ヴィンテージ感のあるシルバーの壁掛け用ボードラックを使ってみるのもアリです。壁掛け用ボードラックを金属素材にするなら違う小物に金属素材を取り入れてバランスを取りましょう。

次へ >> ボードは安全に保管しましょう

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事