1. 最高品質のレンズでゴーグルを造り続ける【SMITH】とは?

最高品質のレンズでゴーグルを造り続ける【SMITH】とは?

最高品質のレンズでゴーグルを造り続ける【SMITH】とは?

目次

最高品質のレンズでゴーグルを造り続けるSMITH

17-18 SMITH スミス ゴーグル IOX I_OX アイオーエックス 眼鏡対応 Squall [Sun Red Mirror/Storm Rose Flash] CHROMAPOP JAPAN FIT アジアンフィット 日本正規品
amazonで詳細を見る

SMITHとは

現在SNOWゴーグルの世界で、最高品質のレンズと最新技術を盛り込んだ製品を毎年送り出しているSMITH。もともとはアメリカで矯正歯科医を営んでいたボブ・スミス(Bob smith)氏が趣味のスキーで使用するゴーグルを独自に作り出したのが始まりです。彼は曇らないダブルレンズなど現在では当たり前になった技術を最初に造り出した人でもあり、自身が造り上げたゴーグルを1965年に【SMITH】として販売を始めたのが始まりです。以後50年に渡って様々な人に愛用されているSMITHのゴーグルは現在も改良を続けており、手間のかかるレンズの交換を簡単に行えるようにしたり何時間着用していても曇らないように工夫したりなど技術開発には余念がありません。またその高い技術はSNOWゴーグル以外でも活用され、各国の軍事組織でサングラスやゴーグルを使用されるという実績もあります。

SMITHのレンズ

17-18 SMITH スミス ゴーグル Squad XL スカッド Klein Blue Split [Sun Green Mirror/Storm Rose Flash] CHROMAPOP JAPAN FIT アジアンフィット 日本正規品
amazonで詳細を見る

最高品質のレンズ

SMITHのレンズは数あるSNOWゴーグルのブランドの中でも最高品質といっても過言ではありません。事実、エクストリーム系スポーツでは最も有名なアイウェアブランド【OAKLEY】のSNOWゴーグルのレンズをSMITH が製造していたこともありました(現在は不明)。このことから見てもレンズの品質はお墨付きといえるでしょう。

SMITHのレンズの特徴

SMITHのレンズの大きな特徴は曇らないこと。自分も愛用していますが転倒してゴーグル内に雪が入るとき以外で曇った記憶がほとんどありません。曇らないという以外でも様々なテクノロジーを利用し使用者に視界面で限りなくストレスを与えないように考えつくされています。

レンズに使用されている様々なテクノロジー

SMITHのレンズには利用者のことを考えた様々な工夫が施されています。なにげないところにも多くの技術が使われており、ゴーグルを通して見る世界があたかも裸眼で見ているような自然な視界を利用者に提供してくれます。その数々の技術を公式サイトに載っている部分から抜粋してみました。

・クロマポップレンズ

クロマポップレンズとは従来のスノーレンズではほぼ限定的だった天候に対する視界の確保を幅広く対応できるようにした技術です。クロマポップレンズをゴーグルに使用することによって急な天候の変化が起こったとしても十分な視界を確保することができるようになり、より安全に、より快適にスノーボーディングを楽しめるようになります。

・テーパードレンズテクノロジー(TLT)

テーパードレンズテクノロジーとはレンズを通して見る視界を限りなく自然に見せるテクノロジーです。このテクノロジーは湾曲しているレンズ越しに見ると光の屈折の関係で裸眼で見るよりも微妙に視界が歪んで見える現象を抑えてくれます。またもともとの視界情報の差異を脳が無理やり直そうとするために起こる眼の疲労感、酷いときにはそれが原因で起こる頭痛なども起きづらくする効果があります。

・フォグレンズトリートメント

フォグレンズトリートメントはゴーグル内の曇りの発生を抑えるテクノロジーです。インナーレンズの表面に目に見えないほどの微妙な溝を作り出すことによって曇りの原因たる水分を吸収し良好な視界を長時間確保することができます。化学薬品で曇りの発生を抑えるわけではないので、溝自体に傷が付かない限り半永久的に曇り止めの効果が持続します。

・5タイムスアンチフォグ

5タイムスアンチフォグはSMITHのSNOWゴーグルの中でも上位のゴーグルにのみ採用されている現在最強の曇り止めです。インナーレンズが曇る原因は湿気による水滴が原因です、その細かい水滴が多くなってくると眼とレンズの間に薄い水の幕を張り視界不良を起こす曇った状態になります。このテクノロジーはインナーレンズ表面の水の幕ができる前にレンズ全体で吸収することで長時間曇らない状態を保ちます。過酷な状況でのテストで確認した曇り始めるまでの時間は、他社の同クラスのゴーグルと比べて実に5倍の時間かかったことが実証されています。

・カーボニック X レンズ

カーボネイト X レンズは、レンズ表面の傷や耐衝撃、透明感などの点で優れた能力を有するように造られたレンズ。サングラス用と同等の素材で作り出した、《見える》能力を追い求めた技術です。

・ベーパレーターレンズ

SMITHのベーパレーターレンズは他社のものとは少し違います。SNOWレンズは通常2枚から数枚で構成されており、レンズとレンズの間を特殊な接着剤で取り付けています。SMITHのSNOWレンズはこの素材が他社とは若干違い、独自ボンドを採用しているほか、ポレックス・フィルター・テクノロジーという技術を使って標高の差による気圧の変化で起こるレンズへの悪影響を最小限に抑えるなどしています。

どんな環境でもよく見える!SMITHのSNOWゴーグルの特徴

17-18 SMITH スミス ゴーグル IOX I_OX アイオーエックス 眼鏡対応 Mean Folk [Sun Platinum Mirror/Storm Rose Flash] CHROMAPOP JAPAN FIT アジアンフィット 日本正規品
amazonで詳細を見る

SMITHのゴーグルは曇らない

SMITHのSNOWゴーグルはとにかく曇りません。僕自身が現在使用しているゴーグルは数年前、当時最新のI/OXですがいまだにほとんど曇りません。状況や環境により曇る場合がありますが、それでもグラトリをやりまくって身体中が汗まみれになる春先やキッカーでランディングに失敗し吹き飛んだゴーグル内に雪が詰まってしまったなどかなり限定的な状況です。通常に滑るぶんには、はっきり言いましょう『曇りません』。

視野の広さがスゴい

SMITHのSNOWゴーグルはレンズにもよりますが視野が広いです。一時期はOAKLEYなど他社に比べ視野が狭いといわれる時期もありましたが、現在発売されている【I/O】シリーズは他社と比べてもまったく引けを取らない視野を利用者に提供してくれます。

雪面状況がよく分かる

上で説明したクロマポップレンズやテーパードレンズテクノロジーなどの独自技術により滑走中も雪面の状況が非常に見やすいです。スキー場では天候により雪面の状況が分かりづらくなる時がありますが、SMITHのレンズ技術によりどんなときでも正確な雪面の状況を利用者に提供してくれます。

急激な天候変化でもレンズ1枚で対応

これも実体験ですがレンズ1枚で大抵の状況に対応してくれます。吹雪などで視界がまったく無い状況は省くとして、快晴時の太陽光と雪面の反射光という強い光を受ける状況でも降雪時の多少の視界不良の状況でも僕はレンズ1枚で滑り続けています。通常のナイターでも照明が暗めのスキー場は体験したことがないのでわかりませんが、日中使っているレンズを交換しなくても雪面の状況ははっきり確認できます。

次へ>>SMITHのSNOWゴーグルラインナップ

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事