1. サーフィン グーフィー、レギュラーとは?サーフィンにおける2つのスタンスを解説!

サーフィン グーフィー、レギュラーとは?サーフィンにおける2つのスタンスを解説!

サーフィン グーフィー、レギュラーとは?サーフィンにおける2つのスタンスを解説!

目次

サーフィン、スケボー、スノーボードなどのボードスポーツはいわゆるボードに対して「横ノリ」するスポーツなので、必ずスタンスの向きに利きスタンスが存在します。ボードスポーツをやったことがある人であれば、「レギュラー」、「グーフィー」という単語を聞いたことがあると思います。

しかし、初心者の方にありがちなのが、「自分がレギュラーだかグーフィーだか分からない・・」という人も少なくありません。そこで今回は、グーフィーとレギュラーとはそもそもなんなのか、また初心者の場合、どうやって自分のスタンスを見分けるのかについて、ご紹介していきます!

サーフィンのレギュラーとグーフィーとは

グーフィーとレギュラーに関しては、もう知っている人もいるかもしれませんが、説明しておくと、

レギュラー

レギュラースタイルは、左足を前にしてサーフボードに立つスタイルのことを指しています。こちらは文字通り、レギュラー(regular)の「正規の」、「通常の」といった意味からきています。

グーフィー

グーフィースタンスとは、レギュラースタンスとは反対に、右足を前にしてサーフボードに立つスタイルのことです。グーフィー(goofy)の由来としては、「風変わりな」、「ちょっと変わった」という意味からきています。

サーフィンにおいては、この二つのスタンスが存在します。これは、どのボードスポーツにも共通して言えることですが、一般的にレギュラースタンスの人がほとんどの割合を占めるので、海に行くとレギュラースタンスの人は同じ方向に滑るサーファーの方が多いので、波の競争率が高いというデメリットがあります。これには実は波の乗り方がレギュラーの人とグーフィーの人で違うことが関係しているんです。

実は、スタンスと同じように、波にもグーフィー・レギュラーの種類があります。 一般的に岸から見て、波がピークから右に崩れていく波を「グーフィー」、反対にピークから左に崩れていく波を「レギュラー」と呼ばれています。

なので、レギュラーの人はレギュラーの波に、グーフィーの人はグーフィーの波に乗るので、例えば、スタンスの違う友人とサーフィンしていたりすると、同じポイントで待っていても、滑る進行方向が全く逆なので、違う場所で滑っているような感覚に陥ったりすることがあります。

こういった理由から、レギュラースタンスの人達は人が多い場所だと、波を奪いあって乗ることになるケースがあるので、気をつけましょう。

レギュラーかグーフィーかを見分ける方法

ここからは今回の本題でもある、初心者がレギュラースタンスか、グーフィースタンスかを見分ける方法をご紹介していきます。一般的に1度波に乗ればわかることがほとんどですが、それでも分からない人は以下の方法を実践して見ましょう。

スケートボードに乗ってみる

これはスタンスを知る時に1番手っ取り早い方法です。スケートボードはサーフィンと動き方こそ微妙に違いますが、サーファーの多くがスケートボードも出来るように、似た要素が多くあります。

まず、スケートボードに乗ったことのない人は、左足をデッキのノーズ側(前側)に乗せ、右足で地面を蹴って進んでいってみてください。この形はレギュラースタンスの形なので、この動きに違和感がない人は、サーフィンでのスタンスもレギュラースタンスであると言えるでしょう。逆にこのスタンスに違和感を感じるのであれば、グーフィースタンスが自分のスタンスである可能性が多いので、ぜひ試して見てくださいね。

利き足を知る

サーフィンをするときは基本的に「利き足」が後ろにきます。利き足が後ろにきていないと、「違和感」を感じることが良くあります。もし、サーフボードに乗っていて「なんか乗りづらいな」と思っているのであれば、あなたが自分のスタンスを間違えているケースがあるのです。

なぜ利き足を知ることが大事なのかというと、これには人間に必ずある「軸足」、「利き足」の概念が存在するからです。サッカーに例えれば簡単にイメージしやすいかもしれませんが、サッカーでは、「軸足」で踏ん張り、「利き足」でボールを蹴るのが一般的です。

これと同様に、サーフィンも同様に、前足が軸足の踏ん張る動作を行い、より器用な動きができる後足がボードをコントロールする働きをしています。利き足を置くことで、サーフボードを思った通りに動かせるようになるのです。

つまり、サッカーをする際に自分がどちらの足でボールを蹴ることが多いのかを思い出せば、簡単に自分のスタンスを知ることができます。また、ほかにも、直立姿勢のまま、後ろから押してもらって、最初にでる足を利き足と判断する方法など、利き足の知り方は色々とあるので、試してみるといいでしょう。

利き目を知る

次にご紹介するのが、利き目から自分のスタンスを判断する方法です。サーフィンにおいてはライドしている時も波を見る力が必要なので、これも重要な要素の一つです。

利き目を知る方法としては、まず、数メートルほど離れたものを見てみてください。そしてそのまま見続けながら見ているものを指差しましょう。そしてその状態のまま、目を交互に開いたり、閉じたりしてみてください。この時、片方の目は指がしっかりみているものを指していて、もう片方の目は指が目標物から少しずれた位置を指しているはずです。この指がしっかりみているものを指しているときの目が「利き目」です。これは狙ったものを見た時に焦点があっているということを意味していて、サーフィンの場合、利き目が左目であれば「レギュラースタンス」、右目であれば「グーフィースタンス」ということになります。

利き足で乗っていてもなんとなく違和感を感じる人は、もしかしたらこの利き目がスタンスと反対になっていることがあるので、気をつけてください。

次へ >> ボードに足を置く時の位置

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事