1. スノーボード グラブとは?種類やスタイルなどを徹底解説!

スノーボード グラブとは?種類やスタイルなどを徹底解説!

スノーボード グラブとは?種類やスタイルなどを徹底解説!

グラブをするときに注意する点

飛ぶ前から『掴む』と意気込まない

飛ぶ前から 『掴んでやる!』 と意気込むのは危険です。キッカーに入る前に掴むという意識が先行してしまうとアプローチやオーリーが疎かになってしまい、キッカーから飛び出した瞬間板がまくられて背中や首などを強打したり、キッカーでエッジが引っかかり顔面から着地するという可能性があります。グラブをする前は常に良いイメージを持ち、リラックスしてキッカーに入るようにしましょう。

板を掴みにいかない

上でも挙げましたが 【板を掴みにいく】 と頭が下がってしまい、空中でバランスを崩します。空中でバランスを崩すとランディングで転ぶ可能性がありますので危険です。基本は 【板を引きつけ、手を出したところに板があった】 という状況にしましょう。

飛ぶのが先、掴むのはあと

イメージトレーニングや練習不足の状態でキッカーに入りグラブをしようとすると、すべての行動を忙しくおこなうようになってしまいます。これはもちろん危険ですしグラブとしてもとても格好悪いです。一つ一つの行動を 【飛ぶ・引きつける・掴む・伸ばす・戻す・着地する】 のように分けて考えるとグラブをするときに余裕ができるようになっていきます。バタバタと忙しくやるグラブより余裕のあるグラブは安心できるしなによりカッコイイです。

>>これができるとかっこいい!おしゃれ&渋いグラブ

この記事のライター/カメラマン

広告掲載についてはこちら >>