1. スノーボード サングラスのおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード サングラスのおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

スノーボード サングラスのおすすめとは?選び方や人気ブランドをご紹介!

目次

カンカンに晴れた日にゲレンデで滑ると、照り返しがかなり強く、サングラスやゴーグルが欲しくなりますよね。ほとんどの人がゴーグルは持っているかと思いますが、ゲレンデでサングラスをかけている人はかなり少数なのではないかと思います。「なんでゲレンデでわざわざサングラスをかけるの?」、「ゴーグルをかける時とどう違うの?」となぜサングラスをかけるのか疑問に思う人も多いと思います。

そこで今回はスノーボードでサングラスをかけるメリット・デメリットや、サングラスの選び方、人気ブランドまでをご紹介します!これであなたもゲレンデでサングラスをかけたくなるかもしれません。

スノーボードでサングラスをかける理由とは

皆さんの印象としてはスノーボード=ゴーグルの印象が強いと思います。頻繁にゲレンデに滑りに行く人でもサングラスを持っていない人は非常に多くいるはずです。

中には「ゴーグルと比べてもサングラスをかけるメリットが特に見つからず、デメリットしかないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、サングラスをかけるメリットもちゃんとあるので、今回はサングラスをかけるメリット・デメリットを紹介したいと思います。

メリット

まずメリットとしては、

  • 暖かい季節でもレンズが曇らない
  • 脱着が非常に楽
  • 目立つし、おしゃれ

以上の3点が主なメリットとしてあげられると思います。ゴーグルはシーズン始めや、終わりの暖かい時期やトップシーズンの晴れて暑い日につけていると体温で熱がこもりやすくなってしまうので、レンズが曇ってしまいます。その点、サングラスの場合は顔を覆うこともなく、スポンジで密閉されていたりもしないので、圧迫感がありませんし、レンズもほぼ曇りません。

また、ゴーグルと違い、かけているだけなので、非常に脱着が楽です。そのため、レンズが濡れてしまった場合でもすぐに対応することができます。また、サングラスをかけて滑っている人はかなり少数なので、とても目立ちます。中には「転んだときなどに飛んで行ってしまいそう」といった声も聞かれそうですが、しっかりしたサングラスであれば、意外と取れたり、飛んでいったりということはありません。

デメリット

デメリットとしては、

  • 急な悪天候に弱い
  • 紛失・破損等の危険が多い

以上の2点がデメリットになります。当たり前ですが、まず急な悪天候に弱いです。山の天気は変わりやすいため、午前中晴れていたとしても、午後になって急に天気が悪くなったということも少なくありません。また、軽度の転倒などでは飛んでいったり、破損したりはしないと思いますが、それでもやはりゴーグルに比べると紛失や破損等の危険は大いにあると思います。特に天候が悪いときなどに、派手に転倒してしまったりすると、とても探すことが困難になるので、サングラスをつけるのはある程度滑れるようになってからの方がいいかもしれません。

さて、ここまでサングラスをかける場合の「メリット」、「デメリット」について語ってきました。「そういえばゴーグルを暑い!うっとおしい!と感じたことがあるなぁ。」と思った方も多いのではないでしょうか。普段使いはゴーグルでもいいかもしれませんが、暑い日に使う用にサングラスを1つ持っておいてもいいかもしれません。

スノーボード用サングラスの選び方

ここからはサングラスを実際に購入することを検討している人に向けて、どんなサングラスを買うべきなのか、また買うときに何を注意して買ったらいいのか選び方を見ていきましょう!

サングラス選びで、まず一番重要視するべきといっても過言ではないのが「レンズ」です。目の安全を考慮した時についていて欲しい機能が「UVカット」です。ゲレンデでの照り返しは空からの紫外線と雪面からの紫外線の二方向からの紫外線を受けているため、いつもの2倍の紫外線を浴びていることになります。そんな状況でUVカットのないサングラスをかけていると目を痛める原因にもなります。しっかりとUVカットの機能のあるサングラスを選びましょう。

また、雪面は必ず凹凸があるため真っ平らではありません。凹凸が見えないと、凹凸に気づかずに滑っていてノーズが凸に引っ掛かって転倒しやすくなります。そこで、凹凸を見えやすくしてくれるのが偏光レンズです。偏光レンズは雪面から乱反射する光をカットすることで視界をクリアにしてくれ、凹凸がしっかりと見えます。そのためしっかりと偏光レンズの機能のあるレンズを選ぶことが大切です。

他にも、転倒の際に飛んでいってしまうことを防ぐために、紐やネックレスなどのアクセサリーをつけることができるサングラスもあるので、アクセサリーもつけることができるのであれば付けた方がいいかもしれません。

おすすめサングラスブランド5選

サングラスをつける理由、選びかたが分かったところで次は、実際にどのブランドがおすすめなのか、おすすめのサングラスブランド5選をご紹介します!

Dang Shades

[ダン・シェイディーズ] GRASSER グラッサー Black Soft × Blue Mirror Polarized 偏光レンズ vidg00231-2
amazonで詳細を見る

Dang Shadesは日本でも人気の高いスノーボード・ムービーをプロデュースするTHINKTANKのクルーライダーとして活躍していたクリス・ベレスフォードが2008年にアメリカのソルトレイクシティに立ち上げたサングラスブランドで「Dang Loose Shades」(めちゃめちゃゆるい感じのサングラス)と呼んでいたのを「Dang Shades」と「Loose」をとってブランド名にしたのが由来です。元々スノーボーダーだったオーナーが作っているサングラスなので、非常に定評があります。モデルはいくつかありますが、アクティブ派には「GRSSER」モデルが人気です。

次へ >> SWANS

この記事のライター

今注目の記事ランキング

Link

PickUp

おすすめ記事