1. スノーボード オフトレは?筋トレや室内ゲレンデなどのオフトレ施設もご紹介!

スノーボード オフトレは?筋トレや室内ゲレンデなどのオフトレ施設もご紹介!

スノーボード オフトレは?筋トレや室内ゲレンデなどのオフトレ施設もご紹介!

目次

スノーボードはウインタースポーツなので、ゲレンデに雪が無いシーズンは滑ることができません。スノーボードを熱狂的に愛するボーダー達は、シーズン中山に籠って毎日気が済むまで滑り倒します。雪の無いシーズンは日本の裏側に回って海外で滑り倒す人もいるほどです。

さすがに仕事やライフスタイルの関係で、そこまでスノーボードに入れ込める人は少ないでしょうが、オフシーズンでもできることがあります。

それは冬に向けての筋トレや、人工雪の室内ゲレンデで感覚を忘れないように養っておくことです。今回はスノーボーダーに向けて、オフシーズンの有意義な過ごした方をご紹介します。

オフシーズンの筋トレ

筋トレの重要性はオフシーズンに限った事ではありませんが、身体作りは前もってやっておきましょう。筋トレはスノーボードのパフォーマンス向上に繋がります。

常に体を動かしておけば、シーズンに入って体が思うように動かないなんてことはありません。スノーボードで使う筋力を鍛えておけばケガ予防にも繋がります。

スノーボードは全身をの筋肉を使いますが、特に重点的に鍛えておきたいのが下半身と体幹です。

下半身トレーニングが大切な理由

スノーボードでは下半身の筋肉を重点的に使います。ターンをする時、ブレーキをかける時は足の力をボードに伝えて動かします。動かすだけでなく、エッジを立てて踏ん張る時にも下半身の筋肉を使います。

下半身が鍛えられていないと、スピードが出ている時にエッジを上手く立てられないので、キレのあるカービングができません。他にもオーリーで板の反発を上手く使えませんし、コブでボードがバタついた時にも踏ん張りがきかず自重を支えきれません。

スノーボード用下半身トレーニングメニュー

スノーボードに必要な下半身の筋力をつけるにはスクワットがおすすめです。バーベルなどトレーニング器材を使わずに自重でできるトレーニングなので気軽にできます。

自重トレーニングでスクワットよりも高い負荷をかけたい場合は、ジャンピングスクワッドが最適です。深くしゃがんだ体勢から反発を使わずになるべく高く飛び上がってください。

体幹トレーニングが大切な理由

最近よく聞く体幹とは、体の幹、つまり芯となる部分の示しています。体の芯と言われてもイメージしずらいですよね。体幹は腹筋、背筋、腰回りを含めた胴体部分と理解していれば大丈夫です。

姿勢を維持し、動きを生み出す土台としての役割があります。簡単にいうとバランス感覚ですね。

体幹を鍛えてバランス感覚を養うと、これまでは耐えられなかったスピードのあるターンや、ジャンプした後の空中姿勢が上手く決まるようになります。

スノーボード用体幹トレーニングメニュー

スノーボードに必要な体幹を鍛えるにはフロントブリッジがおすすめです。通常の腹筋や腕立て伏せでも体幹は鍛えられますが、フロントブリッジは効率よく鍛えることができます。

フロントブリッジのやり方

  1. うつ伏せ状態で寝る
  2. 腕を肩幅分広げて、肘で上体を起こす
  3. 腕の角度を90度に保ち、つま先を立てる
  4. 体を真っ直ぐに保ちキープ

上記が一般的なフロントブリッジのやり方です。下半身トレーニングのスクワットのように繰り返し行うのではなく、奇麗なフォームでこの姿勢をキープしてください。

>>オフシーズンの室内ゲレンデ

この記事のライター

Link

PickUp

広告掲載についてはこちら >>