1. スノーボード フェイスマスクとは?種類とおすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーボード フェイスマスクとは?種類とおすすめの人気ブランドもご紹介!

スノーボード フェイスマスクとは?種類とおすすめの人気ブランドもご紹介!

目次

フェイスマスクはスノーボードを快適に楽しむのに欠かせないアイテムの1つです。ゴーグルやウェアと違い必需品という訳ではありませんが、ゲレンデにいるほとんどのスノーボーダーが着用しています。

ファッション性だけではなく、防寒、日焼け対策と実用的な部分でも大きく関わってきます。特に女性が気になる、ゲレンデの日焼け対策としてフェイスマスクは大きな役割を果たします。

今回はフェイスマスクの種類とおすすめの人気ブランドをご紹介します!

フェイスマスクの役割

フェイスマスクには防寒、保護、日焼け対策の役割があります。それぞれどのように機能するか解説いたします。

フェイマスクによる防寒

スノーボードは雪山の斜面を滑走するので、常に冷えた風を浴びる状態になります。この時肌がむき出しでは、かなり冷えが伝わります。ゲレンデの天候が荒れて吹雪いてくると、冷たい風に雪が混ざるので、冷たいを通り越して痛いと感じる程です。

雲1つ無い快晴時でも、積もったパウダースノーが風に乗ってスノーボーダーを襲います。他にも転倒した際に雪が直接顔にかかることが多々あります。顔に雪を何度も浴びると、しもやけの症状や酷い時は顔面マヒにも繋がります。

ゲレンデの日焼け対策

ゲレンデは想像以上に紫外線が強くかなり日焼けします。一面が雪なので、紫外線を反射しスノーボーダーに全て照射されるのです。真っ白で光を跳ね返す雪に覆われているゲレンデは、全面がレフ版の役割を果たす状態と言っても過言ではありません。

雪焼けという言葉がある位にゲレンデは日焼けします。ゴーグルをつけていれば目の周りは保護されますが、フェイスマスクを装着していなければ顔の下半分だけ日焼けしてしまいます。

特に女性は雪焼けを気にすると思いますので、紫外線対策にフェイスマスクは欠かせません。

転倒や接触によるケガからの保護

ゲレンデでは、転倒や他のスノーボーターと接触する可能性が大いにあります。コースの区画を遮る林に侵入すれば枝や葉に接触しますし、他のスノーボーダーやスキーヤーと接触すればボードの角やストックが顔に接触する可能性もあり得ます。

フェイスマスクは防寒、日焼け対策の役割が大きいですが、物理的な接触を予防する役割もあります。薄い布一枚でもあるとないのではケガ予防が大違いです。

フェイスマスク選ぶポイント

フェイスマスクはゲレンデで常につけっぱなしになるので、利便性や着用感は重要です。飲み物を良く飲む人であれば外さなくても飲めるモデルが快適ですし、休憩時には直接空気を吸いたくなる人もいるでしょう。ズレを防ぐために耳にかけるヒモがついているモデルもあります。

快適にスノーボードを楽しめる優れたフェイスマスクを選ぶポイントを解説します!

耳かけ付きモデル

LESGO フェイスマスク 多機能 ネックウォーマー

フェイスマスクは顔の下部を覆うようにして、後頭部付近で結んだりマジックテープで止めるタイプがほとんどです。止める部分が後頭部一か所だけなので、滑っているズレてきてしまいます。スノーボードは首を横に動かして進行方向を定めるので、フェイスマスクがズレやすいのです。ズレる度に直していては手間がかかりますし、ズレを放置して雪が入ってくれば気分が下がります。

耳掛け付きモデルはフェイスマスクの形状そのままで、耳のあたりにゴムが装着されているものです。わずかな違いですが、耳にかけるゴムがあるだけでフェイスマスクのズレは防止できます。

フェイスマスクがズレないようにゴーグルに挟み込む方法もありますが、息苦しく、ゴーグルが曇る原因になります。

帽子・フード一体型モデル

BurtonメンズBurke Hood
amazonで詳細を見る

フェイスマスクと帽子やフードが一体型モデルは機密性が非常に高く、転倒しても帽子が飛んでいきません。一体型なので荷物の数も減りますし、防寒性も高いモデルです。

鼻・口の空気穴付きモデル

anon.(アノン) スノーボード マスク MEN'S MFI LIGHTWEIGHT NECKWARMER 172461 MPI anon.ゴーグルMFIモデル対応 マスク ネックウォーマー
amazonで詳細を見る

スノーボードは見た目以上にハードなスポーツで、体の使い方が慣れないうちは息を切らしてしまうほどです。フェイスマスクには呼吸用に鼻や口付近に穴が開いているモデルがあります。雪や冷気が入らないような小さい穴から、直接水分補給できるサイズまで様々です。

息苦しさが気になる人は、大きめの空気穴ががついているモデルが最適です。中には2重構造になっていて、少しずらすだけで口元を露出できるモデルもあります。

フェイスマスクおすすめの人気ブランド

フェイスマスクを取り扱っていて、スノーボーダーから高い人気を誇る人気のブランドを紹介します!

VOLCOM(ボルコム)

17-18 ボルコム パウクラバ VOLCOM POWCLAVA J5551801 メンズ フェイスマスク バラクラバ スノボ 2018_BLK_OneSize
amazonで詳細を見る

ボルコムはスケボー・サーフィン・スノーボードといった横乗りスポーツをカバーするスポーツアパレルブランドです。バンダナ型のベーシックなフェイスマスクから、帽子やフードと一体型の機能性を高めたモデルまで幅広く扱っています。スノーボードシーンでは特に有名なブランドの1つで、ファッション性、機能性共にトップクラスのブランドです。

BURTON(バートン)

Burton(バートン) スノーボード フェイスマスク フェイスガード フード ANALOG JAGGER HOOD 1SZ FITALL Psychedelic Hawaii 189071
amazonで詳細を見る

バートンはウインタースポーツの中で一番高いシェアを誇るブランドです。最も有名なブランドと言っても過言ではないでしょう。ボード本体はもちろん、ブーツ、ウェア、フェイスマスクとスノーボードに関するアイテムを全て網羅しています。

バンダナ型、フード一体型、耳掛け付きと全てのモデルを展開しており、落ち着いたデザインから遊び心のある派手なデザインまで幅広く取り扱っています。

機能性は文句のつけようがなく、流石はスノーボードの王者ブランドと言った所です。

次へ >> THE NORTH FACE(ノースフェイス)

おすすめ記事